Microsoft Intuneを使用してWindows版Chromeを構成する

最終更新日:

利用中のマシンにpendo-launcher-config.ps1というファイルを作成します。以下のコードをファイルにコピーし、ステップ1で決定したAPIキーの値を挿入します。

$api_key = "your-api-key-goes-here"

$username = $null

# Wait for username to be populated
while ($username -eq $null) {
$username = (Get-CimInstance Win32_Process -Filter 'name = "explorer.exe"' | Invoke-CimMethod -MethodName getowner).User
if ($username -is [array]) {
$username = $username[0]
}
$username = $username -replace ' ', '.'
Start-Sleep -Seconds 5 # Sleep for 5 seconds (optional)
}

# Define the Visitor ID by converting the username to an email address
# Your definition of a Visitor ID may vary

$visitor_id = $username + "@pendo.io"

$visitor_json= "{ `"id`": `"$visitor_id`" }"

$registry_path_chrome = "HKLM:\SOFTWARE\Policies\Google\Chrome\3rdparty\extensions\epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgil\policy"

$parent_path_chrome = Split-Path -Path $registry_path_chrome

# Create Chrome policy path for the Pendo Launcher if it does not exist

if (!(Test-Path $parent_path_chrome)) {
New-Item -Path $parent_path_chrome -Force -ItemType Directory | Out-Null
}

if (!(Test-Path $parent_path_chrome\policy)) {
New-Item -Path ("$parent_path_chrome\policy") -Force -ItemType Directory | Out-Null
}

# Set the API Key, Visitor ID, and Data Environment policies

Set-ItemProperty -Path $registry_path_chrome -Name "APIKey" -Value $api_key
Set-ItemProperty -Path $registry_path_chrome -Name "visitor" -Value $visitor_json -Type ExpandString

# For eu environments, change io to eu

Set-ItemProperty -Path $registry_path_chrome -Name "dataEnvironment" -Value "io"

exit 0

ステップ3. PowerShellスクリプトをエンドユーザーのデバイスにプッシュする

Microsoftのドキュメント「IntuneでWindows 10/11デバイス上のPowerShellスクリプトを使用する(Use PowerShell scripts on Windows 10/11 devices in Intune)」を参照してください。

  1. Microsoft Intune管理センター(https://intune.microsoft.com)に移動します。
  2. 左側のメニューから[デバイス(Devices)]>[スクリプト(Scripts)]を選択します。
  3. [スクリプト]ページの上部にある[+追加(+ Add)]を選択します。これにより、新しいスクリプトが追加されます。
  4. ドロップダウンメニューから[Windows 10以降(Windows 10 and later)]を選択します。

    Decives Scripts.png

  5. [基本(Basics)]タブで、スクリプトのわかりやすい名前(「Pendo Launcher Configuration」など)を入力します。[次へ(Next)]を選択して続行します。
  6. [スクリプト設定(Script settings)]タブで、ステップ2で作成したpendo-launcher-config.ps1ファイルをアップロードします。[ログイン時の認証情報を使用してこのスクリプトを実行する(Run this script using the logged in credentials)][いいえ(No)]に設定されていることを確認します。[次へ]を選択して続行します。

    Add PS script.png

  7. [割り当て(Assignments)]タブで、ランチャー構成を展開するデバイスのグループを選択します。[次へ]を選択して続行します。
    • Microsoft Intuneを使用してWindows版Chromeにインストールする」の手順に従った場合は、Pendo Launcherの強制インストールで対象としたグループと同じものを選択する必要があります。
    • まずは1台のデバイスで展開のテストと検証を行い、その後、エンドユーザーのデバイス全体をカバーするよう徐々に割り当て範囲を拡大することをお勧めします。

      Assignments tab.png

  8. [確認と追加(Review + add)]タブで、スクリプト、設定、およびグループの割り当てを確認します。
  9. 確認が完了したら、[追加(Add)]を選択します。

    Review plus add.png

ステップ4. 構成を検証する

まず、物理的にアクセスできる単一のデバイスでスクリプトをテストし、構成が正しいことを検証します。検証では、レジストリキーが正しく設定されていること、および拡張機能が期待どおりに構成されていることを確認します。

レジストリキーの設定を確認する

  1. Windowsデバイスでレジストリエディタを開きます。タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力し、結果から[レジストリエディタ(Registry Editor)](デスクトップアプリ)を選択します。
  2. [HKEY_LOCAL_MACHINE]>[SOFTWARE]>[Google]>[Chrome]>[3rdparty]>[extensions]>[epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgil]の順でレジストリキーの場所に移動します。

レジストリキーは以下のように表示されます。

ブラウザに拡張機能が構成されていることを確認する

レジストリキーが設定されていることを確認したら、ブラウザの拡張機能が有効になっていることを確認し、コンテンツが正しくフォーマットされているかどうか検証します。なお、Intuneがエンドデバイスで設定スクリプトを実行するには、最大で24時間かかります。

  1. 構成プロファイルのあるデバイス上でChromeを開きます。アプリがすでに実行されている場合は、終了して再度開きます。
  2. 「chrome://extensions」をコピーして、ブラウザのURLバーに貼り付けます。
  3. ブラウザのツールバーの右上にあるPendo Launcher拡張機能を見つけます。拡張機能が表示されない場合は、パズル型のアイコンを選択して拡張機能をさらに表示してください。
  4. 拡張機能アイコンを右クリックし、[デバッグ情報を表示(Show Debug Info)]を選択します。

    Show Debug Info.png

  5. [構成タブを表示(Show Configuration Tab)]>[IT管理の構成(IT-Managed Config)]を選択します。
  6. 値がレジストリキーに設定されている値と一致していることを確認します。dataEnvironmentがデフォルト値のioに設定されている場合、dataEnvironmentキーはここでは表示されません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています