HubSpotとの双方向インテグレーションのセットアップ

最終更新日:

この記事では、HubSpotの双方向のインテグレーションを初めて設定する方法について説明します。設定は、以下のステップで行います。

  1. インテグレーションを開始する
  2. HubSpotに接続する
  3. オブジェクトをマッピングする
  4. 「プル」用の同期を設定する
  5. 「プッシュ」用の同期を設定する
  6. インテグレーションを有効化する

概要記事のHubSpotとPendoの双方向インテグレーションもあわせてお読みください。

旧バージョンのHubSpotインテグレーションからのアップグレード

単方向のHubSpotインテグレーション(旧)をすでにお持ちで、双方向HubSpotインテグレーションにアップグレードする場合は、この記事の手順に従ってください。次の手順では、新しいインテグレーションの設定フローを説明します。

設定の際は、マッピングのための同じ一意の識別子と、旧インテグレーションを通じてHubSpotからすでに取り込んでいる同じメタデータフィールドを再選択する必要があります。 すべてのデータ同期とHubSpotメタデータを使用するすべてのセグメントは、引き続き期待どおりに動作するはずです。

ステップ1. インテグレーションを開始する

HubSpotのコンタクトおよび会社とPendoの訪問者 IDおよびアカウントIDとのマッピングは、別々に行う必要があります。アカウントオブジェクトまたは訪問者オブジェクトのいずれかを設定したら、その手順を繰り返して、もう一方のオブジェクトを設定します。

  1. Pendoで、[設定(Settings)]>[インテグレーション(Integrations)]に移動します。
  2. [HubSpot]タイルを見つけて開きます。
  3. 設定するオブジェクトに応じて、[HubSpotのアカウントの同期(HubSpot Account Sync)]または[HubSpotの訪問者の同期(HubSpot Visitor Sync)]のいずれかで[設定(Setup)]を選択します。両方を設定する場合は、まず片方を選択して開始した後に、戻って2つ目のオブジェクトの指示に再度従ってください。

Hubspot integration.png

ステップ2. HubSpotに接続する

PendoとHubSpot間の双方向接続を設定するには、PendoとHubSpotのオブジェクト間のマッピングを作成する必要があります。

ドロップダウンメニューからアカウントを選択するか、[新規アカウントを追加(Add a new account)]を選択します。新しいアカウントを追加するには、Tray.ioを使用してHubSpotの認証を行う必要があります。認証が完了したら、Pendoのインテグレーションパネルで[次へ(Next)]を選択します。

ステップ3. オブジェクトをマッピングする

PendoとHubSpotを接続するには、訪問者およびアカウントの一意の識別子(訪問者IDとアカウントID)がHubspotのコンタクトおよび会社のプロパティと正確に一致する必要があります。

PendoとHubSpotのオブジェクト同士をマッピングするには、ドロップダウンメニューから[結合キー(Join Key)]を選択します。結合キーはHubSpotオブジェクトのプロパティで、PendoとHubSpot間で共有される一意の識別子を含みます。結合キーを選択することで、HubSpotのどのコンタクトまたは会社のプロパティを訪問者IDまたはアカウントIDとしてPendoに送信するかをPendoに伝えます。

  • 訪問者の場合、HubSpotのコンタクトプロパティを選択して、Pendoの訪問者にマッピングします。HubSpotのプロパティは通常「メールアドレス」です。
  • アカウントの場合、HubSpotの会社プロパティを選択して、Pendoのアカウントにマッピングします。HubSpotの会社プロパティは「会社ID」や「会社名」などです。

[結合キー]を選択したら、Pendoのインテグレーションパネルで[次へ(Next)]を選択します。

ステップ4.「プル」を設定する

このステップでは、HubSpotからPendoのメタデータにプルする追加情報(HubSpotのプロパティ)を選択します。これは、セグメントやガイドのターゲット設定に役立ちます。HubSpotからPendoにプロパティをプルしたくない場合は、このステップをスキップしてください。HubSpotのレコードIDフィールドはデフォルトでPendoに取り込まれるため、Pendoのメタデータにも表示されます。

  1. ドロップダウンメニューからHubSpotのプロパティを選択して、HubSpotのコンタクトまたは会社オブジェクトからプルします。
  2. 複数のプロパティを追加するには[プロパティを追加(Add Property)]を選択し、新しいドロップダウンメニューに対してこのシーケンスの最初のステップを繰り返します。
  3. 完了したら [次へ]を選択します。

ステップ5.「プッシュ」を設定する

このステップでは、HubSpotにプッシュしたいPendoの使用状況データおよびNPS調査データを選択します。これにより、プロパティとしてHubSpotに送信するすべてのPendoフィールドを含むPendoの「プロパティグループ」がHubSpotに作成されます。その結果、Pendoで作成されたプロパティをHubSpotで直接確認できるようになります。

[使用状況データ(Usage Data)]カテゴリーおよび[NPS調査結果(NPS Survey Results)]カテゴリーでは、0件以上のフィールドを選択できます。PendoからHubSpotにフィールドをプッシュしたくない場合は、このステップをスキップしてください。

  1. [使用状況データを追加(Add usage data )]ドロップダウンメニューからフィールドを選択します。
  2. 複数のフィールドを追加する場合は、 [フィールドを追加(Add Field)]を選択します。
  3. [NPS調査データを追加(Add NPS survey data)]ドロップダウンメニューからフィールドを選択します。
  4. 複数のフィールドを追加する場合は、 [フィールドを追加(Add Field)]を選択します。
  5. [次へ]を選択し、 [完了(Finish)]を選択して設定を終了します。

ステップ6. インテグレーションを有効化する

日次同期を開始するには、 [セットアップ(Setup)] タブのトグルを使ってインテグレーションを有効化します。有効にすると、すぐにプッシュおよびプルの同期が始まり、この処理には最大20分かかります。最初の同期が完了した後は、データの同期状態を維持するために、1日に1回インテグレーションが実行されます。

Pendoにプルされたデータを表示する

HubSpotからプルされた訪問者およびアカウントのメタデータを確認および表示するには、 [設定]>[データマッピング(Data Mappings)]でオレンジ色のHubSpotのメタデータフィールドを見つけます。メタデータは、[メタデータ(Metadata)]テーブルの[グループ(Group)]列で、[HubSpotインテグレーション(HubSpot Integration)]ラベルの行にあります。

HS metadata.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています