マルチアプリサブスクリプション

この記事では、マルチアプリサブスクリプションの基本的なアーキテクチャについて説明します。

Pendoサブスクリプションには、1つ以上のアプリケーションを含めることができます。アプリケーションとは、単一のプラットフォーム(Web、iOS、Androidなど)上の任意のウェブまたはモバイルアプリケーションを指します。すべてのサブスクリプションには、デフォルトのウェブアプリケーションがあります。

シングルアプリサブスクリプションは、1つのアプリケーション(API)キーを使用します。マルチアプリサブスクリプションでは、アプリケーションごとにAPIキーを持つため、アプリケーションレベルのビューと、アプリケーション全体の使用状況の全体的なビューを使用できますまた、複数アプリのサブスクリプションでは、アプリケーションごとにユーザーの役割を設定できます。

マルチサブスクリプションへの変更については、Pendoサブスクリプションまたはアプリケーションの統合と分離を参照してください。

サブスクリプションレベルで何が起こるか

訪問者、アカウント、プロダクトエリア、セグメント、レポート、内部ユーザー、インテグレーションは、サブスクリプションレベルで処理および保存されます。

サブスクリプションには、単一のデータソース、セキュリティ設定、ユーザー権限があります。各サブスクリプションには、基礎となるすべてのガイダンス、アナリティクス、フィードバックが含まれており、他の個別のサブスクリプションとは連携しません。次のことに注意してください。

  • すべての設定、コンテンツ、サービスは、サブスクリプションごとに個別に管理されます。
  • ユーザーはサブスクリプション間で共有されません。
  • あるサブスクリプションのユーザーは、両方のサブスクリプションへのアクセス権を持っている場合にのみ、別のサブスクリプションのデータにアクセスすることができます。

 

サブスクリプションは、特定の地域(US、EUなど)を拠点とします。各地域には、さまざまなコンプライアンス要件をサポートする独自のデータセンターがあります。

異なるプロダクトを別々に管理できるようにデータを分離したい場合(例:異なる部門、独自のユーザーアクセス、セキュリティ、コンプライアンス要件)、またはプロダクトのユーザーベースを別々に持っているためにデータを分離したい場合は、複数のサブスクリプションを持つことができます。

アプリケーションレベルで何が起こるか

イベント、ページ、フィーチャー、タグ、ガイド、フィードバックは、アプリケーションレベルで収集、処理、保存されます。サブスクリプション内の各アプリには、独自のリソースセンターがあります。各アプリのリソースセンターは、同じようにカスタマイズすることも、個別にカスタマイズすることもできます。リソースセンターの詳細については、リソースセンターの概要を参照してください。

注:Zendeskナレッジベースインテグレーションをご利用の場合、サブスクリプション内のすべてのリソースセンターに追加できるナレッジベースは1つのみです。

サブスクリプション内の各アプリケーションは、[サブスクリプション設定(Subscription Settings)][アプリの詳細(App Details)][インストール設定(Install Settings)]にある独自のAPIキーで識別されます。

複数のサブスクリプションがある場合は、デザイナーを起動してアプリケーションにガイド、ページ、またはフィーチャーを作成する前に、正しいサブスクリプションを使用していることを確認してください。アプリケーション名は、デザイナーの右上に表示されます。

前提条件

最適なマルチアプリサブスクリプションを実現するには、訪問者IDによってアプリ全体で同じエンドユーザーを識別する必要があります。たとえば、ID「1234」は、App2と同じApp1の訪問者を表す必要があります。2人の異なる訪問者が両方とも異なるアプリで「1234」で識別される場合、訪問者の一意性を維持するために、アプリの個別のサブスクリプションまたは個別の識別子が必要です。

アプリケーション間で同じ訪問者を識別しないためにアプリケーション間で異なるIDを渡すアプリがある場合は、形式が重複してはなりません。重複がある場合、あるアプリのメタデータが別のアプリのメタデータを上書きする可能性があります。

機能

訪問者IDはアプリケーション間で保持できますが、Pendoの機能はアプリ固有です。次のことに注意してください。

  • あるアプリ用に作成されたガイドは、他のアプリには表示されません。
  • ページとフィーチャーは、タグ付けされているアプリにのみ対応します。
  • Feedbackのエンドユーザーには、アクセスできる特定のアプリのフィーチャーリクエストのみが表示されます。

 

サブスクリプション内の1つ、一部、またはすべてのアプリでユーザーの行動を確認できます。つまり、1つのPendoサブスクリプションを複数のアプリケーションで運用しながら、必要に応じてアナリティクス、ガイド、フィードバックを特定のアプリケーションにフィルタリングできます。これは、次のような場合に役立ちます。

  • 同じアプリのウェブ版とモバイル版がある場合
  • 同じ訪問者を識別できる複数のウェブアプリがある場合
  • フォーマットが重複しない一意のIDを渡す複数のアプリ間でデータを比較する必要がある場合

 

Pendoのドロップダウンメニューでアプリを切り替えることができます。この機能は、ダッシュボードウィジェットおよび行動ツールの高レベルのセグメント化としても使用できます。

 

Engage_Visitors_Apps.png

セットアップ

各アプリケーションには、独自のAPIキーがあります。APIキーを使用して、Pendoサブスクリプションの各アプリケーションのイベントを区別します。これにより、さまざまなプロダクト間でアナリティクス、ガイド、フィードバックを分離し、より詳細に制御できるようになります。

開発チームは、Pendoサブスクリプションの各アプリに対応するAPIキーを使用する必要があります。アプリのAPIキーを調べる方法は以下の通りです。

  1. [サブスクリプション設定(Subscription Settings)]>[インストール設定(Install Settings)]に移動します。
  2. アプリの上にカーソルを合わせて、[アプリの詳細を表示(View App Details)]をクリックします。
  3. [インストール設定] タブまたは [アプリの詳細(App Details)]タブを開きます。

 

Screen_Shot_2019-12-19_at_1.51.33_PM.png