セグメント管理(Segments Management)ページ

概要

セグメントは分析のためにユーザーをフィルタリングしたり、ガイドのユーザーをターゲティングしたりするためにPendo全体で使用されます。訪問者がセグメントのルールをすべて満たすと、セグメントがデータに適用される場合でも、ガイドのターゲティングに使用される場合でも、その訪問者は対象に含まれます。

まず、左側のナビゲーションの[ピープル(People)]アイコンをクリックしてセグメント管理ページにアクセスして、[セグメント(Segments)]オプションを選択します。

navigation.png

セグメントリスト

このリストには、自身で作成したセグメントと、表示設定が全員(everyone)に設定されている他の人が作成したセグメントが表示されます。

セグメントリストの各行では、以下を確認できます。

  • セグメント名(Segment Name)
  • 最終更新日(Last Updated)
  • 作成者(Created By)
  • セグメントルールのスナップショット(Rules)

自身で作成したセグメントのみを表示するようにしたい場合は、[セグメント]ヘッダーのドロップダウンで[自分が作成(created by me)]を選択します。

created-by-dropdown.png

セグメント右パネル

特定のセグメントの対象となる訪問者を確認するには、そのセグメント名をクリックして右パネルを起動します。

segments-page-eligible-visitors.png

右パネルが開くと、セグメント名の下に3つのボタンが表示されます:

  • 編集(Edit) - 現在表示しているセグメントのルールを編集します
  • 複製(Clone) - 現在表示しているセグメントのコピーを作成します
  • 削除(Delete) - セグメントを完全に削除します

また、パネルには2種類のタブが表示されます:

  • 対象となる訪問者(Eligible Visitors) - そのセグメントの対象となる訪問者の総数が、訪問者IDとともに表示されます。

:このリストでは最大で250の訪問者が表示されます。対象となる訪問者の完全なリストを確認するには、リストをエクスポートしてください。

  • 詳細(Details) - すべてのセグメントルールがこのタブに表示されます。これには、特定のセグメントの追加の依存関係(レポートやガイド)などがあります。

 mceclip2.png

セグメントのエクスポート

[対象となる訪問者]リストの一番下までスクロールすると、[エクスポート(Export)]ボタンがあります。このオプションをクリックすると、ダウンロードする前に必要に応じてメタデータを追加できます。このダウンロードには、リストに表示されていない訪問者も含まれます。

mceclip3.png 

セグメントの検索

検索バーで目的のセグメントをすぐに見つけられます。セグメントの名前を入力すると、リストがフィルタリングされて一致するものが表示されます。

search-segment.png

セグメントの削除

セグメントを削除するには、セグメント名の隣にあるチェックボックスをオンにします。削除するセグメントをすべて選択したら、[削除(delete)]をクリックします。

delete-segments.png

クリックすると、最終確認の質問と、依存関係があればそのリストが表示されます(セグメントをレポートやガイドで使用していた場合)。準備ができたら、[選択したセグメントを削除(delete selected segments)]をクリックします。

mceclip7.png 

新しいセグメントの作成

右上の[+ 新しいセグメントを作成(+ Create New Segment)]をクリックします。

create-segment.png

クリックすると、セグメントビルダー(segments builder)モジュールが表示されるので、ここからルールを追加します:

mceclip0.png 

ルールの設定が完了したら、右下の[セグメントの作成(Create Segment)]ボタンをクリックします。

 

関連記事サブスクリプションでどのようにセグメントが使用されるかに関する詳細をご覧ください