セグメントを管理する

最終更新日:

セグメントは、アナリティクスのためにユーザーをフィルタリングしたり、ガイドのターゲット設定を行ったりする際にPendo全体で使用されます。セグメントのすべてのルールに一致した訪問者は、そのセグメントがデータのフィルタリングに適用される場合でも、ガイドのターゲット設定に使用される場合でも、そのセグメントに含まれます。この記事では、[セグメント(Segments)] ページでセグメントを管理する方法を説明します。セグメントルールについて詳しく知りたい場合は、セグメントを参照してください。

セグメントリスト

左側のナビゲーションで[ピープル(People)]アイコンを選択して[セグメント]ページにアクセスし、[セグメント]オプションを選択します。ここで表示されるセグメントリストは、自身で作成したセグメントと、可視性が[全員(Everyone)]に設定されている他の人が作成したセグメントで構成されています。

セグメントリストの各行では、以下を確認できます。

  • セグメント名
  • 最終更新日(Last Updated)
  • 作成者(Created By)
  • セグメントルールのスナップショット

自信で作成したセグメントのみをリストに表示させたい場合は、[セグメント]ヘッダーの下のドロップダウンを選択し、[自分が作成(Created by me)]を選択します。

created-by-dropdown.png

セグメントの右パネル

セグメントリストでいずれかのセグメント名を選択すると、右側にパネルが開きます。

segments-page-eligible-visitors.png

右側のパネルには、セグメント名の下に以下の3つのボタンがあります。

  • 編集(Edit):現在表示しているセグメントのルールを編集します。
  • 複製(Clone):現在表示しているセグメントのコピーを作成します。
  • 削除(Delete):セグメントを完全に削除します。

また、このパネルには、以下の2つのタブがあります。

  • 対象となる訪問者(Eligible Visitors):そのセグメントに含まれる訪問者の総数と各訪問者IDが表示されます。このリストでは、最大250人の訪問者を表示できます。対象となる訪問者をすべて表示するには、リストをエクスポートしてください。
  • 詳細(Details):すべてのセグメントルールが表示されます。レポートやガイドなど、該当のセグメントと依存関係にあるその他すべての要素も含まれます。

 mceclip2.png

セグメントのエクスポート

[対象となる訪問者]リストの下部にある[エクスポート(Export)]ボタンを選択して、メタデータを追加してからダウンロードを行います。ダウンロード結果には、リストに表示されていなかった訪問者も含まれます。

mceclip3.png 

セグメントの検索

検索バーを使用すると、目的のセグメントを見つけられます。入力中にもフィルタリングが行われ、入力内容と一致するセグメントが表示されます。

search-segment.png

セグメントの削除

セグメントを削除するには、セグメント名の隣にあるチェックボックスをオンにし、[削除]を選択します。

delete-segments.png

確認メッセージが表示され、そのセグメントと依存関係にある要素のリストも表示されます(セグメントをレポートやガイドで使用していた場合)。[選択したセグメントを削除(Delete Selected Segments)]を選択します。

mceclip7.png 

新しいセグメントの作成

ページ右上の[+新しいセグメントを作成(+ Create New Segment)]を選択します。セグメントビルダーが開いたら、ルールを追加し、ページ右下の[セグメントを作成(Create Segment)]を選択します。

mceclip0.png

一部のルールは、ガイドのターゲット設定には使用できません。詳細については、セグメントルールセグメントの記事内)を参照してください。

ガイドのターゲット設定用のセグメントについては、Pendo Academyに掲載している動画をご視聴ください。

この記事は役に立ちましたか?
11人中4人がこの記事が役に立ったと言っています