セグメント

最終更新日:

セグメントを使用すると、メタデータとプロダクトの使用状況に基づいて訪問者とアカウントをグループ化できるため、アナリティクスデータをフィルタリングして、ガイドの対象を特定のユーザーに絞り込むことができます。

セグメントは、選択したメタデータまたは使用状況ベースの基準に基づいて訪問者とアカウントのグループを定義するルールで構成されます。ここには、セグメントの条件を満たした訪問者とアカウントのみが含まれます。

セグメントの表示や更新を行うには、左側のメニューで [ピープル(People)] > [セグメント(Segments)]に移動します。詳細については、セグメントの管理を参照してください。

ユースケース

アナリティクスでは、セグメントを使用して、特定の条件を満たすユーザーの数を取得できます。また、データエクスプローラでセグメントを使用して、グループ間のデータを比較することもできます。

ガイドでは、セグメントを使用して特定のアカウントグループにメッセージを送信することや、ユーザーが何度もページにアクセスするがフィーチャーを使用しないときなど、特定の行動を取ったときにガイドを有効にすることができます。

ネストされたセグメントを使用して、既存のセグメントを新たなセグメントに取り込み、一貫性を高めて重複を減らすことができます。これにより、特定のユーザーグループを識別するコアセグメントを他のセグメントで再利用できます。たとえば、独自のルールで「商用アカウントの新規ユーザー」のセグメントを作成したとします。そのセグメントをルールとして新しいセグメントに追加する際に、「そのセグメント内のオンボーディングガイドを見ていない管理者」などの新たなターゲットルールを加えることができます。

また、他のビジネスツールからPendoにメタデータを取り込み、Salesforceインテグレーションなどのインテグレーション機能とともにセグメントで利用することも可能です。これにより、Pendoアナリティクスの品質と実用性が向上し、ビジネスデータを用いたより精緻なガイドのターゲット設定が可能となります。

要件

すべてのPendoユーザーがセグメントを作成できます。作成したセグメントをサブスクリプション内のすべてのPendoユーザーと共有したい場合は、セグメントビルダーの[可視性(Visibility)]で、権限として[全員(Everyone)]を使用します。 これにより、セグメントをネストされたセグメントで使用することも可能になります。

セグメントを作成する

セグメントを作成するには、左側のナビゲーションで [ピープル] > [セグメント]と進み、画面右上にある[セグメントを作成(Create Segment)]を選択します。

Segments.png

  1. セグメントを識別するための名前を入力します。組織の命名規則に従って、わかりやすい名前を使用しましょう。
  2. セグメントの[可視性]を設定します。[全員]を選択すると、サブスクリプション内のすべての人にセグメントを表示できます。[自分のみ(Only Me)]を選択すると、自分のみに表示を限定できますが、そのセグメントはガイドのターゲットには使用できなくなります。
  3. [訪問者データ(Visitor Data)]を選択します。選択肢は、[認識された訪問者のみ(Identified Visitors Only)[匿名の訪問者のみ(Anonymous Visitors Only)][すべての訪問者(All Visitors)]です。匿名ユーザーを含むセグメントを作成したい場合は、[サブスクリプション設定(Subscription Settings)][匿名の訪問者データの表示(Show Anonymous Visitor Data)]が有効になっている必要があります。詳細については、匿名の訪問者を参照してください。
  4. [ルールを追加(Add rules)]を選択すると、プロダクトの使用法とメタデータのルールを自由に組み合わせて追加することができます。ルールを追加する際には注意が必要です。ルールの組み合わせによっては、意図せずにすべてのユーザーを対象にしていたり、過度に制限したために対象ユーザーが存在しなくなったりする可能性があります。一部のルールは、ガイドのターゲット設定には使用できません。詳細については、本記事のセグメントルールをご覧ください。
  5. セグメントを保存するには、[セグメントを作成(Create Segment)]を選択します。

セグメントのロジック(And、Or、Not)については、Pendo Academyに掲載している動画をご視聴ください。

[対象となる訪問者(Eligible Visitors)]の数は、このセグメントに含まれる過去の訪問者数の合計を示します。

Segments_CreateSegment_EligibleVisitors.png

セグメントルール

セグメントルールは、プロダクトの使用状況データ、訪問者およびアカウントのメタデータによって、ユーザーを絞り込みます。これには、インストールスクリプトを介して渡されるメタデータ(訪問者ID、メールアドレス、isTrial、タイトルなど)、インテグレーションからのメタデータ、Pendoが提供するデフォルトのルールなどが含まれます。

プロダクト使用状況

プロダクトの使用状況に基づくセグメントルールには次のものがあります。

  • アプリケーションの使用状況(Application Usage)- 特定のアプリの使用状況。
  • フィーチャー(Feature)- タグ付きフィーチャーのクリック数。
  • フィードバックリクエスト(Feedback Requests)- リクエストに投票した訪問者(フィードバックサブスクリプションが有効な場合のみ表示)。
  • ガイド(Guide)- Pendoガイドの閲覧数。
  • ガイド要素(Guide Elements)- Pendoガイドの要素のクリック数。
  • ページ(Page)- タグ付きページの閲覧数。
  • 投票調査の回答(Poll Response)- ガイド投票調査への回答。
  • リソースセンター(Resource Center)- リソースセンターのモジュール閲覧数。
  • セグメント(Segment)- 既存のセグメントをネストされたセグメントとして使用。
  • トラックイベント(Track Events)- 受信したPendoのトラックイベント。

これらのルールはすべてガイドのターゲット設定の対象となります。

訪問者データ(Visitor data)

訪問者のメタデータに基づくセグメントルールには、[設定]>[データマッピング]で指定されたカスタムフィールドと次のデフォルトフィールドが含まれます。

  • アカウントIDs(Account IDs)- 訪問者が関連付けられているアカウントID。訪問者は複数のアカウントIDに関連付けることができます。
  • デバイスの種類(Device Type)*- 最後に記録されたイベントで訪問者が使用したデバイス。
  • 初回訪問(First Visit)* - 最初に記録されたイベントの日付。
  • 言語(Language)* - ブラウザの言語のメタデータ。
  • 最終訪問(Last Visit)- 最後に記録されたイベントの日付。
  • 最新のブラウザ名(Most recent browser name)* - 最後に記録されたイベントのブラウザの名前。
  • 最新のブラウザバージョン(Most recent browser version)* - 最後に記録されたイベントのブラウザのバージョン。
  • 最新のオペレーティングシステム(Most recent operating system)* - 最後に使用されたモバイルのオペレーティングシステム(OS)。
  • 最新のサーバー名(Most recent server name)* - 最後のイベントのドメイン。
  • アクティブ日数(Number of Days Active)- 訪問者がイベントを生成した日数。
  • イベント数(Number of Events)- 訪問者が生成したイベントの生データの総数。
  • サンプルグループ(Sample Group)* - ランダムグループのターゲット設定に使用される0~99のランダムな値。
  • サイト滞在時間(Time on Site)- 訪問者がイベントを生成している時間(分単位)。
  • 訪問者ID(Visitor ID)* - インストールスクリプトの一意の訪問者ID。

*これらのルールはガイドのターゲット設定の対象となります。

アカウントデータ(Account data)

アカウントのメタデータに基づくセグメントルールには、[設定]>[データマッピング]で指定されたカスタムフィールドと次のデフォルトフィールドが含まれます。

  • アカウントID(Account ID)* - インストールスクリプトの一意のアカウント ID。
  • 初回訪問(First Visit)* - このアカウントIDを持つ訪問者の最初に記録されたイベントの日付。
  • 最終訪問(Last Visit)- このアカウントIDを持つ訪問者の最後に記録されたイベントの日付。
  • アクティブ日数(Number of Days Active)- このアカウントIDを持つ訪問者がイベントを生成した合計日数。
  • イベント数(Number of Events)- このアカウントIDのイベントの生データの総数。
  • 訪問者数(Number of Visitors)- このアカウントIDを持つ訪問者の総数。
  • サイト滞在時間(Time on Site)- 訪問者がこのアカウントIDでイベントを生成している合計時間(分単位)。

*これらのルールはガイドのターゲット設定の対象となります。

モバイルデータ

モバイルのデータに基づくセグメントルールには次のものがあります。

  • アプリバージョン(App Version)- モバイルアプリのバージョン。
  • SDKバージョン(SDK Version)- Pendo SDKのバージョン。
  • OSバージョン(OS Version)- モバイルのオペレーティングシステム(OS)のバージョン。
  • デバイスの種類(Device Type)- モバイルデバイスの種類。
  • デバイスモデル(Device model)- モバイルデバイスのモデル。

セグメントにおける訪問者とアカウントのメタデータの値

テキストタイプとして設定されたメタデータフィールドについては、セグメントルールで検索できます。セグメントルールでテキストベースのメタデータを使用している場合、そのメタデータフィールドの既知の値を含むドロップダウンリストが表示されます。 メタデータフィールドの値が400を超える場合、ドロップダウンリストには最初の400の値が音順に表示されます。また、必要に応じて追加の値を検索したり、新しい値を追加したりできます。 これらのメタデータ値では大文字と小文字が区別されます。ドロップダウンリストはテキストとして設定されたメタデータフィールドに対してのみ有効です。

テキストタイプのメタデータフィールドで「含む」ルールを使用すると、部分一致で検索されます。たとえば、「従業員を含む」のようなルールを使用すると、「Pendoの従業員」や「プロダクト担当従業員」など「従業員」という単語を含むすべてのメタデータ値が抽出されます。一方、リストタイプのメタデータフィールドで「含む」ルールを使用する場合は、文字列の正確な一致が必須になります。たとえば、「従業員を含む」というルールでは、「従業員」という値のみが抽出され、「Pendoの従業員」や「プロダクト担当従業員」などは抽出されません。

管理者は、[設定]>[データマッピング]で各メタデータフィールドに設定されたタイプを確認できます。メタデータのタイプについては、Pendoにおけるデータマッピングとデータ型を参照してください。

ネストされたセグメントの作成

ネストされたセグメントを使用すると、既存のセグメントを別のセグメント内のルールとして追加できます。これにより新しいセグメントの作成が簡単になり、また、ルールが変更された際に他のセグメントも更新されるような、コアセグメントを作成することができます。

1つのセグメントには、最大5つのネストされたセグメントを追加できます。セグメントをネストされたセグメントとして使用するには全員に表示されるようにする必要があります。ネストされたセグメントは、データエクスプローラのあらゆるタイプのセグメント、アナリティクス、ガイドのターゲット設定、およびドラフトセグメントで使用できます。ネストされたセグメントを使用する場合、それぞれのユースケースに適用されるものと同じ制限が適用されます。

ネストされたセグメントルールを追加するには、セグメントビルダーを開き、次の手順に従って新しいセグメントルールを追加します。

  1. 最初のドロップダウンメニューで、[プロダクトの使用状況(Product Usage)]セクションから[セグメント]を選択します。

    Segments_CreateSegment_NestedSegment.png

  2. [等しい(is equal to)]もしくは[等しくない(is not equal to)]を選択して、ネストされたセグメントを含める、もしくは除外します。
  3. [保存されたセグメントを選択(Select a saved segment)]ドロップダウンから既存のセグメントを選択すると、サブスクリプション内の[全員]と共有されているすべてのセグメントがリスト表示されます。ガイドのターゲット設定のセグメントを編集する場合、不適格なセグメントは使用できません。ドロップダウン矢印を選択すると、そのセグメントに関連するすべてのルールが表示されます。

    Segments_CreateSegment_NestedSegmentRules.png

  4. 必要に応じて、ネストされたセグメントまたはセグメントルールを追加し、セグメントを保存します。ネストされたセグメントが変更されると、このセグメントが自動的に更新されます。

注:複合ネストセグメントは作成できません。つまり、ネストされたセグメントのセグメントルールにネストされたセグメントが含まれている場合、新しいセグメントを作成するときにネストされたセグメントを使用することはできません。セグメントがネストされたセグメントとして使用されている場合、[セグメント]ページのセグメントの詳細に、そのセグメントがアナリティクス、ガイド、セグメントで使用されているすべての場所を示すメッセージが表示されます。

CSVファイルによる、訪問者IDやアカウントIDの一括追加

多数の既知の訪問者IDあるいはアカウントIDをターゲット設定するには、セグメントに含める、またはセグメントから除外する訪問者IDもしくはアカウントIDを最初の列に記載したCSVファイルをアップロードします。

CSVファイルを新しいセグメントにアップロードするには、セグメントビルダーを開き、次の手順に従って新しいセグメントルールを追加します。

  1. 最初のドロップダウンメニューで、[アカウントID(Account ID)]または[訪問者ID(Visitor ID)]を選択します。リストをスクロールしても、ドロップダウンフィールドにこの値を入力しても構いません。

    Segments_CreateSegment_UploadCSV.png

  2. 2番目のドロップダウンメニューで、[csvに含まれる(csv contains)]もしくは[csvに含まれない(csv does not contain)]のいずれかを選択します。すると[CSVをアップロード(Upload CSV)]ボタンが表示され、CSVファイルをアップロードするよう求められます。

CSVファイルは、Pendoに読み取り可能な方法でフォーマットする必要があります。訪問者IDもしくはアカウントIDは、ファイル内で1つの行区切り列に入れる必要があります。アップロードモーダルで[行1(列ヘッダー)を除外(Exclude row 1 (column header))]を選択している場合、セルA1では列ヘッダーがサポートされます。それ以外の列、句読点、特殊文字はサポートされません。

Spreadsheet_CSVUpload.png

ヒント:CSVアップロードで作成されたセグメントに新しいユーザーを追加する必要がある場合は、新しいユーザーを含む新しいCSVファイルをアップロードするか、新しいユーザーごとに「OR」ルールを追加します。

フィードバックのリクエスト投票に基づくセグメント

Pendo Feedbackのユーザーであれば、リクエストの投票者に基づいて動的なセグメントを構築できます。セグメントビルダーで[ルールを追加]を選択し、次の手順に従います。

  1. 最初のドロップダウンメニューで、[プロダクトの使用状況]セクションから[フィードバックリクエスト(Feedback Requests)]を選択します。

    Segments_CreateSegment_FeedbackRequests.png

  2. 2番目のドロップダウンメニューで、確認する特定のアプリまたは一連のアプリを選択します。
  3. 3番目のドロップダウンメニューで、特定のフィードバックリクエストを選択します。

セグメントには、リクエストに投票したすべての訪問者が含まれます。これは、現在のリクエストの投票者によって15分おきに動的に更新されます。Pendoエージェントで識別される訪問者のみが含まれます。UI、API、もしくはSalesforceインテグレーションで手動で作成されたチームメンバーや訪問者のレコードは、セグメントに表示されません。

:フィードバックリクエストルールを使用したセグメントは、アナリティクスでのみ使用できます。ガイドのターゲット設定ではサポートされていません。

セグメントのサンプルグループ

[サンプルグループ(Sample Group)]オプションを使用して、訪問者のランダムサンプルを対象としたセグメントを作成します。サンプルグループの値は訪問者の作成時に割り当てられ、その訪問者については不変です。値は0~99の範囲で、経時的にすべての訪問者に均等に割り当てられます。

セグメントビルダーを開き、次の手順に従って新しいセグメントルールを追加します。

  1. 最初のドロップダウンメニューで、[訪問者データ]セクションから[サンプルグループ]を選択します。リストをスクロールしても、ドロップダウンフィールドにこの値を入力しても構いません。

    Segments_CreateSegment_SampleGroup.png

  2. サンプルグループの数量ルールを選択します。サンプルグループを使用して、さまざまなガイドデザインのA/Bテストを実施したり、ユーザー調査のために継続的にランダムグループを対象にしたり、ガイドの実験の対象となる訪問者の数を制限したりすることができます。

たとえば、ユーザーベースの25%に相当する50~74のサンプルグループをターゲットにする場合は、以下の例のように、[サンプルグループ]、[以上(greater or equal)]、[50][サンプルグループ]、[以下(less or equal)]、[74]という2つのルールを使用します。

Segments_CreateSegment_SampleGroupRules.png

訪問者のサンプルグループの値は、[ピープル]>[訪問者(Visitors)]と進み、[訪問者]テーブルで訪問者IDを選択すると、訪問者の詳細ページにある[詳細(Details)]セクションで確認できます。

VisitorDetails_SampleGroup.png

ガイドのターゲット設定に適さないセグメント

セグメントルールの中には、計算や時間制限のある使用値により、ガイドの有効化に対応できるスピードで処理ができたないため、ガイドのターゲット設定に使用できないセグメントルールがあります。また、公開範囲が[自分のみ(Only Me)]であるセグメントも使用できません。

セグメントビルダーで、セグメントがガイドの対象かどうかを確認できます。対象外の場合は、ツールチップアイコンにカーソルを合わせて、セグメントをガイドのターゲット設定に不適格とするルールを確認することができます。不適格なルールについては、以下で確認できます。

Engage_Segments_GuideEligible_Tooltip.png

不適格なルール

  • サイト滞在時間
  • アクティブな日数
  • 最終訪問
  • イベント数
  • アカウントIDs(訪問者が関連付けられているすべてのアカウント - [訪問者データ]で確認可能)
  • ページ閲覧数、フィーチャークリック数、またはトラックイベント数(一定期間内、以下の例を参照)
  • 訪問者数
  • クリックイベントまたはトラックイベントのプロパティ
  • フィードバックリクエスト

セグメントをガイドに追加する場合、ガイドのターゲティングに使用できないセグメントを選択することはできません。セグメントにカーソルを合わせると、そのセグメントがガイドに使用できない理由が表示されます。

GuideSettings_Segment_Ineligible.png

[ページ(Page)]ビューを使ったガイドターゲティングルールは、次の条件下で[閲覧済み(Seen)]または[未閲覧(Not Seen)]のいずれかに限られています。

  • [閲覧済み]オプションには、[過去すべて(ever)][**以降(since)][過去**以内(within last)][少なくとも(at least)][最大(at most)]があります。

    Segments_CreateSegment_PageSeen.png
  • [未閲覧]オプションには、[過去すべて][**以降][過去**以内]があります。

    Segments_CreateSegment_PageNotSeen.png

フィーチャーのクリック数を使ったガイドターゲティングルールは、次の条件下で [使用済み(Used)]もしくは[未使用(Not Used)]のいずれかに限られています。

  • [使用済み]オプションには、[過去すべて][**以降][過去**以内][最小][最大]があります。

    Segments_CreateSegment_FeatureUsed.png

  • [未使用]オプションには、[過去すべて][**以降][過去**以内]があります。

    Segments_CreateSegment_FeatureNotUsed.png

ガイドのターゲット設定用のセグメントについては、Pendo Academyに掲載している動画をご視聴ください。

セグメントのコピー

再利用や修正をしたいセグメントがある場合は、そのセグメントをコピーまたは複製できます。ドロップダウンメニューまたは[セグメント]ページで既存のセグメントに移動し、その横にあるコピーアイコンを選択します。これにより、同じルールを持ち可視性設定が[自分のみ]に設定された新しいセグメントが作成され、[コピー(Copy of)」という名称が付けられます。

Guides_SegmentFilter_Copy.png

よくある質問

メタデータフィールドを削除しましたが、ガイドに適用されるセグメントはどうなりますか?

[データマッピング(Data Mappings)]ページでメタデータフィールドが削除され、そのフィールドがセグメントで使用されている場合、そのフィールドはセグメントから削除されます。これにより、既存のセグメントは無効となり、そのセグメントを使用するガイドは表示されなくなります。

除外された訪問者やアカウントをセグメント化できますか?

Pendoでプロダクトデータをフィルタリングしている場合を除き、除外された訪問者やアカウントをセグメント化してガイドのターゲットに利用することができますが、除外された訪問者およびアカウントのプロダクトデータを見るには、[除外されたアカウントと訪問者(Excluded Accounts and Visitors)]でフィルタリングを行う必要があります。

[ガイドの設定]ページに表示される「対象となる訪問者」の数が、セグメントビルダーやセグメントページに表示される「対象となる訪問者」の数と異なるのはなぜですか?

「対象となる訪問者」の数が[ガイドの設定(Guide Settings)]ページと[セグメント]ページやセグメントビルダーで異なる場合、次のような複数の理由が考えられます。

  • [除外リスト(Exclude List)]に入っている訪問者とアカウントはガイドのターゲティングにも適用されますが、ガイドのアナリティクスを含めたPendo UIには適用されません。そのため、[ガイドの設定]ページの数値とは一致しない場合があります。
  • 匿名の訪問者は、[ガイドの設定]ページで「対象となる訪問者」にカウントされません。
  • [ガイドの設定] ページで「対象となる訪問者」にカウントされるのは、そのガイドが適用されたアプリで過去にアクティビティのある訪問者のみになります。ただし、その後アプリでアクティビティがあれば、その訪問者はすぐに対象になり、「対象となる訪問者」にカウントされます。

対象となる訪問者数がリソースセンターにリストされている数と異なるのはなぜですか?

[セグメント]ページおよびセグメントビルダーに表示されている「対象となる訪問者」の合計数は、サブスクリプション内の全アプリにおける、セグメントルールの基準を満たした訪問者の総数になります。一方、同じセグメントをリソースセンターのモジュールに適用した場合、「対象となる訪問者」の合計数は、そのリソースセンターが設定されているアプリにおける、訪問者の合計数になります。

この記事は役に立ちましたか?
55人中26人がこの記事が役に立ったと言っています