リソースセンター要素をフィーチャーとしてタグ付けする

最終更新日:

フィーチャーのタグ付けは、ユーザーの行動を把握するのに役立ちます。また、リソースセンター内の行動を追跡したい場合もあります。この記事では、ガイドリストおよびオンボーディングモジュール内のモジュールとガイドリンクにタグを付ける方法について詳しく説明します。

リソースセンターのモジュールへのタグ付け

  1. フィーチャーにタグ付けする場合と同様に、アプリ内デザイナーを使用してプロダクトにアクセスします。
  2. アプリ内のページ上にあるものすべてをタグ付けします。
  3. フィーチャーのタグを保存し、見つけやすい名前を付けます。
  4. Pendoで[プロダクト(Products)] > [フィーチャー(Features)]に移動し、新しく作成したフィーチャーのタグを選択し、Pendo UIを使用してルールを手動で編集します。
  5. ガイドの種類に応じて、カスタムコードブロックのCSSタブに以下のコードを追加します。
[id^="pendo-list-item-{someLongId}"]:contains({ModuleName})
  • {someLongID} = リソースセンターのホームビューに表示されるモジュールの一意のID
  • {ModuleName} = モジュールの名前
注:ビジュアルデザイナーは、リソースセンターのホームビューのリスト項目に全体で一意のIDを使用します。someLongIDはリソースセンターの各ビューで一意であり、各モジュールは特定のモジュールを定義する{ModuleName}によって区別されます。これらの一意のIDは、ブラウザ開発者ツール(F12)のDOMで確認できます。

たとえば、リソースセンターのモジュールが以下のように表示されるとします。

Screen_Shot_2020-01-02_at_1.13.50_PM.png

フィーチャーにタグ付けするときは、CSSセレクターに以下を追加します。

[id^="pendo-list-item-1d199427"]:contains('Announcements')

オンボーディングモジュールまたはガイドリストモジュールに一覧表示されているガイドへのタグ付け

注:オンボーディングモジュールガイドとガイドリストモジュールガイドの両方のCSSセレクターで、ID とクラスの間にスペースを入力しないように注意してください。

ガイドリストモジュールまたはオンボーディングモジュール内のガイドには、以下を使用できます。

[id^="pendo-list-item-{someLongId}"]:contains({GuideName})

たとえば、リソースセンターのオンボーディングモジュールに次のようなガイドが表示されるとします。

Screen_Shot_2020-01-30_at_2.54.43_PM.png

その場合、フィーチャーにタグ付けするときは、カスタムCSSセレクターに以下を追加します。

[id^='pendo-list-item-29fce0d7']:contains('Tag a Feature')

リソースセンターのホームビューまたはオープンモジュールへのタグ付け

ホームビューとモジュールはすべてガイドと見なされるため、リソースセンターの各ビューのIDをDOMで見つけることができます。

モジュールビューとホームビューの形式は次のとおりです。

#pendo-g-{someLongId}
 

Screen_Shot_2020-01-22_at_5.13.28_PM.png

フィーチャーにタグ付けするときは、カスタムCSSセレクターに以下を追加します。

#pendo-g-V0hM68eZXfGv8H1KGZwkQbQ3ons
この記事は役に立ちましたか?
14人中7人がこの記事が役に立ったと言っています