履歴メタデータ(Historical metadata)

最終更新日:

Pendoで訪問者やアカウントのメタデータを表示すると、Pendoが訪問者に対して処理した最後のイベントに関連する詳細を確認できます。履歴データを表示して、フィーチャー、ページ、トラックイベント、またはガイドイベントが記録されたときに、訪問者またはアカウントがアプリをどのように使用していたかのコンテキストをより詳細に理解したい場合は、履歴メタデータを有効にすることができます。

ユーザーメタデータを履歴メタデータとして更新すると、データはグローバルイベントプロパティとしても機能するようになるため、各イベントに格納された時点のメタデータ値を確認できます。これにより、ユーザーのアクティビティをより正確に把握し、直近のイベントに記録された値の確認だけではなく、ユーザー行動の変遷を追跡できるようになります。

注:モバイルユーザーの場合、履歴メタデータはバージョン2.21.0以降でサポートされています。

履歴メタデータを理解する

履歴メタデータを使用すると、訪問者またはアカウントに関連付けられた現在の値だけでなく、メタデータフィールドの過去の値を最大25個取得できます。この機能を使用すると、時間の経過に伴うメタデータ値の変化を追跡できます。

履歴メタデータを有効化するデータマッピングフィールドを選択する際は、注意深く厳選することをお勧めします。この機能を最大限に活用するには、値が時間の経過とともに変化するものの、常に変化しないフィールドに注目します。ベストプラクティスとして、プロジェクトIDやタスクIDのような一時的または狭い範囲での割り当てを取得するフィールドではなく、訪問者やアカウントの概要を説明するフィールドを選択することを検討してください。また、有効化または無効化するメタデータフィールドとそのタイミングを継続的に追跡することをお勧めします。

履歴メタデータの利点に関する理解を深めるには、以下の概要動画と例を参照してください。

プロダクトにAliceという訪問者がいるとしましょう。サブスクリプションに[アカウントタイプ(Account Type)]に関連するメタデータフィールドがあり、値が[無料(Free)]と[有料(Paid)]であるとします。

Aliceがアプリケーションに初めてアクセスした3回のうち、1月1日、1月4日、1月7日の3回、無料プランを利用し、「アカウントページ」にアクセスしました。1月7日以降、Aliceはアカウントを有料プランにアップグレードし、1月中にさらに2回アカウントページにアクセスしました。

HistoricalMetadata_Example.png

Aliceのアクティビティ中に[アカウントタイプ]メタデータフィールドが履歴として有効化されなかった場合、Aliceの[アカウントタイプ]の最新の値である[有料]しか表示されません。Aliceの以前のアクティビティはすべて、メタデータ値として最後に記録された値である[有料]に関連付けられます。

Aliceのアクティビティ中に[アカウントタイプ]メタデータフィールドを履歴として更新すると、イベントが発生した時点での各イベントの固有のメタデータ値を表示できます。つまり、Aliceが無料プランを利用していたときにプロダクトで何をしたかを正確に確認し、有料プランのときのアクティビティと比較することができます。

ヒント:履歴メタデータを有効化する場合、時間の経過とともに変化する値と頻繁に変化しない値を持つフィールドをバランスよく選択することが重要です。プロジェクトIDやタスクIDのような一時的または狭い範囲での割り当てを取得するフィールドではなく、訪問者またはアカウントの概要を説明するフィールドを選択することを心掛けてください。

サポートされていないメタデータ

履歴メタデータは、以下についてはサポートされていません。

  • 訪問者IDサンプルグループのデフォルトフィールド。
  • リスト、日付、時刻、未定義のデータ型を持つメタデータ。
  • Segment.comのメタデータ。

さらにPendoは、エージェント以外のメタデータについては、24時間以内に5回までの値の変更を表示します。たとえば、訪問者の環境に関連する履歴メタデータ値を追跡しているとします。訪問者が複数の環境からアプリケーションにアクセスし、その1日を通して複数の環境を切り替えた場合、訪問者がその日に6回目の環境の切り替えを行った時点で、Pendoはメタデータ値の履歴追跡を停止します。なお、この制限はエージェントメタデータには適用されません。

履歴メタデータを有効化する

Pendoの管理者は、すべてのデータレベル(訪問者、アカウント、親アカウント)とサブスクリプション内のすべてのアプリで、最大25個のデータマッピングの履歴メタデータを有効にし、グローバルイベントプロパティとして機能させることができます。25個以上のフィールドで履歴メタデータを有効にする必要がある場合は、Pendoのアカウント担当者またはPendoサポートにお問い合わせください。

  1. Pendoで[設定(Settings)]>[データマッピング(Data Mappings)]に移動します。
  2. デフォルトでは、すべての訪問者レベルのデータが表示されます。アカウントレベルのデータを有効にする場合は、[アカウントレベルのデータ(Account Level Data)]タブを選択します。
  3. [メタデータ(Metadata)]テーブルで[履歴を有効化(Enable Historical)]列を見つけ、グローバルイベントプロパティとして機能させたいイベントの横にあるチェックボックスをオンにします。

    Engage_DataMappings_EnableHistorical.png

  4. 確認ダイアログで[有効化(Enable)]を選択します。

    Engage_DataMappings_HistoricalMetadata_Enable.png

  5. 履歴として有効にしたいメタデータフィールドについて、ステップ3と4を繰り返します。すべてのデータレベルで最大25個のフィールドを有効にすることができます。

フィールドの履歴メタデータを有効にすると、それ以降のすべてのイベントに適用されます。過去のイベントの履歴メタデータ値を表示することはできません。

注:1つのフィールドの履歴メタデータは、24時間以内に3回までしか有効にできません。

データマッピング用の履歴メタデータを無効化するには、チェックボックスの選択を解除し、確認ダイアログで[無効化(Disable)]を選択します。無効化しても、メタデータはイベントプロパティ(データエクスプローラ、セグメントルールビルダー、イベントプロパティテーブルなど)とともに引き続き表示されます。そのため、フィールドが有効化された時期に関する値を履歴メタデータとして追跡することができます。

履歴メタデータを使用する

履歴メタデータを有効にすると、その時点からメタデータフィールドがイベントプロパティとして機能し始め、次のことが可能になります。

  • プロダクトの使用状況に基づいて、履歴メタデータをセグメントルールに組み込む。
    • 訪問者データにリストされているメタデータでセグメント化することを選択した場合、セグメントの適格性は最新のメタデータ値に基づきます。
    • ページ、フィーチャー、またはトラックイベントでプロダクトの使用状況に基づきセグメント化することを選択し、イベントプロパティを追加し、履歴メタデータにリストされているメタデータを選択した場合、セグメントの適格性は、そのプロダクトイベントが訪問者によって生成された時間に基づいて決定されます。
  • ファネルとデータエクスプローラレポートの履歴メタデータ値でフィルタリングおよびグループ化する。

履歴メタデータを表示およびレポートする方法の詳細については、イベントプロパティに関する記事を参照するか、次の動画をご覧ください(この動画では、このフィーチャーの以前の名前である昇格されたメタデータを使用していますが、機能は変更されていません)。

エージェントメタデータの履歴メタデータを追跡するには、エージェントを通して値を設定および更新する必要があります。エージェントメタデータ向けのAPIで更新した値は、履歴として追跡されません。

注:履歴メタデータを使用する場合、メタデータをインストールスクリプトの初期化関数に含める必要があります。複数ページのアプリアーキテクチャまたはiFrameを使用している場合は、Pendoを初期化するたびにこのデータを取得するようにインストールスクリプトが設定されているかどうかを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
4人中3人がこの記事が役に立ったと言っています