アカウント収益を設定する

最終更新日:

アカウント収益は、アカウント価値または価格設定とも呼ばれます。これは、Pendoでアカウント、機能、および問題に優先順位を付けるために使用できる、アカウントレベルのメタデータです。収益はARR(年間経常収益)を指すことが多くありますが、MRR(月次経常収益)を渡すこともあります。

Pendoでは、収益を次の目的に使用できます。

  • アナリティクス:アカウント収益に基づいてデータを分類およびセグメント化します。
  • NPSインサイト:批判者、中立者、推奨者がどのような収益を表しているかを把握します。
  • 検証:アイデアについてどの顧客が好意を示しているかを把握し、それに基づきアイデアに優先順位を付けてその影響を評価します。
  • フィードバック:収益が上位のアカウントが最も求めているリクエストをフィルタリングします。

Pendo Feedbackのアカウント収益では、Pendoの他のプロダクトとは異なる設定が必要であり、この記事の構成にも反映されています。

前提条件

データマッピングで、アカウントの収益データとして割り当てるメタデータフィールドを選択するには、Pendoの管理者である必要があります。アカウント収益はPendoのインストールスクリプトに追加されると自動的に設定されるため、Pendo Feedbackに収益を渡す場合は必要ありません。

Pendoの収益を設定する

PendoにはほとんどのPendoプロダクトが含まれていますが、アカウント収益はデータマッピングページで設定されます。このページではPendoに渡すメタデータフィールドを定義します。アカウント収益をPendoに渡すには、大きく分けて2段階のプロセスがあります。

  1. Pendoに収益メタデータフィールドを追加する。
  2. Pendoがアカウント収益に使用するメタデータフィールドを定義する。

データマッピングページには、Pendoがアナリティクスに使用するデータの名前と型が表示されます。このページのメタデータはサブスクリプション全体に適用されます。つまり、ここで定義した収益は、Pendoのマルチアプリサブスクリプションに含まれるすべてのアプリに適用されます。Pendoサブスクリプション内に複数のアプリケーションがある場合、すべてのアプリケーションで、アカウント収益のインサイトに同じメタデータフィールドが使用されます。収益はサブスクリプションにグローバルに適用されるため、すべてのPendoユーザーが同じ収益データにアクセスできます。

ステップ1. 収益メタデータフィールドを追加する

Pendoで収益データを表すメタデータフィールドがまだない場合は、以下のいずれかの方法でアカウントレベルフィールドとして追加できます。

  • Pendoインストールスクリプト(エージェントメタデータ)。
  • インテグレーション(SalesforceやHubspotなど)。
  • API(カスタムメタデータ)。

メタデータとメタデータグループについて詳しくは、訪問者とアカウントのメタデータをご覧ください。

メタデータはアカウントIDに保存されるため、1つのアプリケーションの収益を渡すと、Pendoサブスクリプション全体で使用でき、次のステップのデータマッピングページでも使用できます。

ステップ2. メタデータフィールドを定義する

収益がメタデータフィールドとしてPendoに渡された後、Pendoのデータマッピングページからそのメタデータフィールドの値を「収益」として割り当てることができます。

  1. [設定(Settings)]>[データマッピング(Data Mappings)]>[アカウントレベルデータ(Account Level Data)]に移動します。
  2. ページの右上にある[収益を管理(Manage Revenue)]を選択します。
  3. ドロップダウンメニューを使用して、[ステップ1(Step 1)]からアカウントの収益を表すメタデータフィールドを選択します。
  4. [保存(Save)]を選択します。データマッピングページの右上に確認メッセージが表示されます。

Pendo Feedbackの収益を設定する

Pendo Feedbackの場合、アカウント収益は次のいずれかの方法で設定されます。

  • Salesforceインテグレーションを使用する。詳細については、SalesforceとPendo Feedbackのインテグレーションを参照してください。
  • Pendoのインストールスクリプトに直接記述する。インストールスクリプトのinitializeメソッドをFeedback関連のメタデータを使用して編集する方法については、Feedbackの設定を参照してください。

これらのうちいずれかの方法で、monthly_valueメタデータフィールドをPendoインストールスクリプトに追加できます。Feedbackはこのフィールドをアカウント価値として解釈します。Pendo Feedbackのアカウント収益に使用するフィールドは月次値を参照していますが、ARRを渡すこともできます。ただし、コード内のフィールドの名前は常にmonthly_valueとなります。データ型が数値(コンマなし)であれば、MRRやARRなど、組織にとって必要な任意の値を渡すことができます。

PendoとPendo Feedbackの両方の収益を設定する

Pendoのインストールスクリプトにmonthly_valueフィールドを追加し、データマッピング ページでこのフィールドを使用してPendo全体のアカウント収益を定義すると、上記のPendoとPendo Feedbackの設定を組み合わせることができます。これにより、Feedbackのアカウント収益に使用されるのと同じメタデータフィールドが、サブスクリプション全体の他のPendoプロダクトに適用されます。

Feedbackを含むすべてのPendoプロダクトについて同じアカウント価値が表示されるようにするには、次のようにします。

  1. インストールスクリプトを更新します。上記の「Pendo Feedbackの収益を設定する」の説明に従って、Pendoインストールスクリプトのinitializeメソッドのmonthly_valueフィールドを使用して、アカウント収益を渡します。
  2. メタデータをマッピングします。上記の「Pendoの収益を設定する」のステップ2の説明に従って、monthly_valueフィールドから渡されたメタデータ値を、Pendoのデータマッピングページのアカウント収益にマッピングします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています