訪問者とアカウントのメタデータ設定

最終更新日:

訪問者とアカウントのメタデータは、訪問者IDとアカウントIDごとに収集され、アナリティクスやガイドのターゲット設定を強化します。セグメントやレポートの作成にメタデータを活用し、経時的にデータの追加や削除を行うことができます。メタデータの送信方法については、実装方法に応じて、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドまたはPendo Launcherを導入するためのITガイドを参照してください。

メタデータの送信方法に関わらず、メタデータは[データマッピング(Data Mappings)]で表示、設定、管理できます。ここには[訪問者レベルのデータ(Visitor Level Data)]タブと[アカウントレベルのデータ(Account Level Data)]タブがあります(親アカウントのメタデータ(Parent Account Metadata)を有効にしている場合はこれも表示されます)。管理者ユーザーはここで、Pendoに送信するデータフィールドの種類を指定できます。詳細は、Pendoにおけるデータマッピングとデータ型を参照してください。

メタデータの表示

Pendoに送る訪問者とアカウントのメタデータは、お客様によって内容を変えることができます。管理者ユーザーは、[設定(Settings)]>[データマッピング]でPendoに送信されるメタデータを確認できます。[データマッピング]ページでは、Pendoがアナリティクスに使用するデータの名前と型を確認できます。

dataMappings.png

管理者ユーザーでない場合は、http://app.pendo.io/metadataにアクセスします。最初のドロップダウンメニューには、現在Pendoに送信されているすべてのメタデータが一覧表示されます。ドロップダウンで項目を選択すると、そのメタデータフィールドに対して送信された一意の値の数などの指標が表示されます。

メタデータグループ

訪問者レベルおよびアカウントレベルのデータには、以下のメタデータグループが関連付けられています。

エージェントメタデータ

エージェントメタデータは、一般に「スニペット」と呼ばれるインストールスクリプトを介してプロダクトから渡されます。これらのフィールドの表示名は更新できますが、元のフィールド名は変更できません。

Pendoを最初にインストールした後、またはインストールスクリプトに変更を加えた後は、[データマッピング]ページでエージェントメタデータを確認し、フィールドが存在すること、およびデータ型がインストールスクリプトを介して送信されたデータ型と一致していることを確認することをお勧めします。

エージェントメタデータ値が正しく入力されていない場合は、次に訪問者がアプリケーションを使用して正しい情報を渡したときに更新されます。エージェントメタデータ値はAPIを介して更新できますが、これらの値は次にインストールスクリプトを介して値が渡されるときに上書きされます。

Salesforceのメタデータ

これらのメタデータフィールドは、インテグレーションを通じてSalesforceから取り込まれ、[データマッピング]ページからは編集できません。また、Salesforceインテグレーションが有効な場合にのみ選択可能です。詳細については、 SalesforceとPendoのインテグレーションを参照してください。

HubSpotメタデータ

これらのメタデータフィールドは、インテグレーションを通じてHubSpotから取り込まれ、[データマッピング]ページからは編集できません。また、HubSpotインテグレーションが有効な場合にのみ選択可能です。詳細については、HubSpotインテグレーションを参照してください。

セグメントメタデータ

これらのメタデータフィールドは、Segment.comインテグレーションから取り込まれたもので、[データマッピング]ページからは編集できません。これは、Segment.comインテグレーションが有効な場合にのみ選択可能です。詳細については、Segment.comインテグレーションの概要を参照してください。

カスタムメタデータ

追加するデータが上記のグループのいずれにも該当しない場合は、カスタムメタデータフィールドを使用します。

管理者は、最初に[設定]>[データマッピング]でカスタムメタデータフィールドを追加する必要があります。[データマッピング]に追加すると、訪問者またはアカウントにカスタム値をリンクできます。手順の詳細については、カスタムメタデータフィールドの更新を参照してください。

注:API経由でカスタムメタデータを送信する前に、メタデータフィールドを手動で追加し、[データマッピング]ページで正しいデータ型を割り当てることをお勧めします。フィールドがPendo UIで最初に追加されない場合、デフォルトで文字列データ型になり、セグメントでの使用が制限される可能性があります。UIで最初に作成されなかった文字列以外のメタデータ項目のデータがAPIを介してすでに送信されている場合は、[データマッピング]ページで正しいタイプを割り当て、APIを介してデータを再送信して新しいタイプを有効にする必要があります。

デフォルトのメタデータ

訪問者がプロダクトを使用すると、デフォルトのメタデータがPendoによって自動的に生成されます。これらのメタデータフィールドは[データマッピング]ページには表示されませんが、その値は一部の計算で使用され、特定の訪問者およびアカウントの詳細ページに入力されます。

デフォルトの訪問者メタデータには以下が含まれます。

  • 初回訪問
  • 最新のリスト
  • アクティブな日数
  • イベント数
  • サイトの滞在時間
  • 最新のブラウザのバージョンと名前
  • 最新のオペレーティングシステム
  • 最新のサーバー名

デフォルトのアカウントメタデータには以下が含まれます。

  • 初回訪問
  • 最終訪問
  • アクティブな日数
  • イベント数
  • 訪問者数
  • サイトの滞在時間

メタデータの正しい形式

メタデータフィールド名に使用できる文字は、アルファベット、数字、およびアンダースコア(_)です。スペースまたはサポートされていない文字を含むフィールド名は、Pendoでは作成されません。

また、メタデータフィールドは文字またはアンダースコアで始まる必要があります。たとえば、「360score」という名前のメタデータフィールドがある場合、先頭に文字を追加するか、「_360」に変更することで対応できます。

Pendoでセグメントを作成したり、レポートに列を追加したりする際に、特定のメタデータフィールドを選択できない場合は、そのフィールドが正しい構文に従っているかどうかを確認してください。

日時フィールド

日付の新しいタイプのメタデータ(エージェント、カスタム、Salesforce、HubSpot、またはセグメント)を追加する場合、PendoはISO8601 W3C(例:2006-01-02T15:04:05.999-05:00)形式を使用します。Pendoにデータを送信する前に、この形式が使用されていることを確認してください。

別の日付形式を使用する場合は、Pendoサポートまでお問い合わせください。サポートされているすべての日付形式のリストについては、Engage APIドキュメントを参照してください。

言語フィールド

Pendoのデフォルトの言語メタデータフィールドは、Pendoエージェントによって訪問者のブラウザ設定から収集されます。カスタム訪問者メタデータ付きの言語データをエージェントを介して、またはSalesforceなどのインテグレーションを介して渡す場合、カスタム言語のメタデータフィールドでは、「language」以外の名前を使用する必要があります。この名前は、ブラウザの言語メタデータ用であり、変更することはできません。

[設定]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]>[ローカライズ設定(Localization Settings)]の順に移動すると、新たに別の言語用メタデータフィールドを指定できます。

履歴メタデータを有効化する

訪問者とアカウントのメタデータには、そのユーザーに対して最後に記録されたイベントに関連付けられた詳細が常に表示されます。ユーザーメタデータに関する履歴が必要な場合は、サブスクリプションで最大5つのデータマッピングフィールドの履歴メタデータを有効にすることを選択できます。

履歴メタデータを有効にすると、そのデータは全体をとおしてイベントプロパティと見なされます。これは、そのデータが発生した時点ですべてのイベントに関する値を取得することで、イベントプロパティのように機能させることができるからです。

注:訪問者IDサンプルグループのデフォルト値、リストタイプのメタデータ、Segment.comのメタデータの履歴メタデータは有効にできません。

詳細については、履歴メタデータを参照してください。

メタデータの監査

アプリとユーザーベースは時間の経過とともに進化するため、メタデータは定期的に監査する必要があります。重複フィールドを削除する必要がある場合や、全体的なメタデータフィールドの使用状況を把握する必要がある場合は、次のリソースが情報に基づいた意思決定を後押ししてくれます。

エージェントメタデータまたはカスタムメタデータの削除

管理者ユーザーは、 [データマッピング] ページからエージェントやカスタムのメタデータを削除できます。メタデータフィールドを削除するには、フィールドにカーソルを合わせて[削除(Remove)]を選択した後で、削除を確定します。誤って削除してしまわないように、数秒間、確認のプロンプトが表示されます。確定されない場合、ボタンは[削除]の状態に戻ります。

確認すると、そのメタデータフィールドはリストから削除され、セグメントに使用できなくなります。

注:PendoのUIからエージェントのフィールドを削除し、インストールスクリプトからは削除しない場合、Pendoはデータの取得を継続しますが、UIには再入力されません。削除を元に戻すには、Pendoサポートまでお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
20人中7人がこの記事が役に立ったと言っています