アカウントIDを使用したセグメントが他のアカウントからの訪問者を返してくる

最終更新日:

この記事では、メタデータフィールド「アカウントID」または「アカウントIDs」を使用して訪問者セグメントを作成する際の、それぞれの違いについて説明します。

プロダクトエリア:[ピープル(People)]>[セグメント(Segments)](ウェブ、モバイル)

問題

特定のアカウントのアナリティクスを見るためにセグメントを作成すると、他のアカウントに関連付けられた訪問者がその指標に表示される場合があります。たとえば、次のようにアカウントIDsにテストアカウント4が含まれる(Account IDs contains Test Account 4)というルールのセグメントを訪問者レポートに適用したとします。

Engage_Segments_AccountIDs.png

すると、以下のようにテストアカウント1とテストアカウント2のCreed.Brattonという訪問者IDが表示されるというように、セグメントで指定したアカウントIDとは異なるアカウントIDsの結果が表示されることがあります。

Engage_Visitors.png

診断

Pendoには、訪問者レベルのアカウントIDsとアカウントレベルのアカウントIDという、よく似た名前の2つの異なるメタデータフィールドがあります。複数アカウントからの結果が表示されている状態で、1つのアカウントからの結果のみを表示したい場合は、セグメント内でアカウントIDsの代わりにアカウントIDを使用する必要があります。

名前は似ていますが、それぞれのフィールドから得られる結果は異なります。セグメント内の各フィールドをどのタイミングで使用するか、またその結果として得られるものを把握することが重要です。

メタデータフィールド 定義
アカウントID

イベント発生時に訪問者に割り当てられるアカウントID値。常に単一の値です。

セグメントビルダーでこのフィールドを選択すると、常に[アカウントデータ(Account Data)]セクションに、2つの頭のアイコンが表示されます。

アカウントIDs

訪問者が過去に関連付けられたすべてのアカウントID値のリスト。単一の値または値のリストです。

このフィールドを選択すると、常に[訪問者データ(Visitor Data)]セクションに、1つの頭のアイコンが表示されます。

 

解決策

期待どおりの結果が得られるように、適切なメタデータフィールドを使用していることを確認してください。

  • レポートにアカウントIDを持つセグメントを使用した場合、イベントが生成された時点でその特定のアカウントIDに関連付けられていた訪問者のイベントのみが表示されます。
  • レポートにアカウントIDsを持つセグメントを使用した場合、訪問者がある時点でセグメント内のアカウントIDに関連付けられている限り、Pendoはその訪問者が過去に関連付けられたすべてのアカウントのイベントを表示します。

上記の問題セクションの事例では、セグメントのルールとしてアカウントIDsが使用されていました。訪問者のCreed.Brattonは、ある時点でテストアカウント4に関連付けられている状態でイベントを生成しました。このことは、[ピープル]>[訪問者(Visitors)]の順に進み、訪問者リストからその訪問者IDを選択したときに、訪問者の詳細のページにこのアカウントが表示されていることで、確認できます。

Engage_VisitorDetails.png

これは、この訪問者がセグメントに一致することを意味します。これがテストアカウント4のものでなくても、PendoはすべてのアカウントでCreed.Brattonが生成したすべてのイベントを返します。

Creed.Brattonがテストアカウント4に関連付けられている状態で生成したイベントのみを表示したい場合は、セグメントルールをアカウントIDがテストアカウント4と等しい(Account ID is equal to Test Account 4)に変更する必要があります。

Engage_Segments_AccountID.png

メタデータとセグメントの詳細については、訪問者とアカウントのメタデータ設定およびセグメントの記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています