Pendoのプロダクトフィードバックポリシー

最終更新日:

私たちの価値観のひとつに、徹底的にお客様にフォーカスするというものがあり、私たちはフィードバックを真摯に受け止めています。お客様からいただくフィードバックとお客様の使用パターンは、弊社のプロダクトの改善や情報提供に役立ちます。フィードバックをいただくことで、お客様が何を求めているかだけでなく、なぜそれがお客様や会社にとって重要なのかを知ることができます。

注:プロダクトフィードバックは、Pendoの将来像に焦点を当てています。プロダクトフィードバックを共有する代わりに、バグを報告する場合やPendoの使用方法について問い合わせる場合は、テクニカルサポートチームにPendoに関する問い合わせをするを参照するか、PendoコミュニティでほかのPendoユーザーに質問してください。

プロダクトフィードバックをお寄せいただく理由

お客様からいただくフィードバックは、お客様が現在どのようにPendoをご利用いただいているか、またどのようにその体験を改善すれば、お客様のより良い価値提供に貢献できるかを理解する助けになっています。

使用状況データとともにプロダクトフィードバックを分析することで、現在のプロダクトをどのように改善するか、また、最も重要な問題や革新の機会は何かを特定するのに役立ちます。その結果、お客様にとって最も価値のある機能を提供することができます。

プロダクトフィードバックを提供する方法

プロダクトフィードバックを提供するには、次の3つの方法があります。

手順については、 Pendoにプロダクトフィードバックを提供するを参照してください。

プロダクトフィードバックの結果

アプリ内、口頭、メール、NPSのいずれを使ってフィードバックを共有される場合でも、プロダクトに関するフィードバックをリッスンにルーティングし、フィードバックを一元管理して、状況に応じて理解することを目標としています。

お客様のフィードバックがリッスンに追加されると、フィードバックライブラリの一部となり、使用状況データとともに問題のある領域や機会を調査するために使用されます。それを基にプロダクトチームはユーザーの理解を深め、イノベーションを推進し、ロードマップを作成します。リッスンにフィードバックが追加された後の流れは以下のとおりです。

  1. 自動化ルールを使用して、フィードバックがPendoの関連チームにルーティングされます。
    弊社のプロダクトチームは、受け取ったフィードバックを毎月確認しています。
  2. チームはPendo AIを使用してトレンドを特定し、フィードバックで最も頻繁に出てくる主要なテーマを特定します。
  3. 共通のテーマや問題領域が浮かび上がってきたら、リッスンでアイデアを作成し、すべてのフィードバック項目をリンクしてグループ化します。

フィードバックからアイデアを作成する

フィードバックをアイデアごとにグループ化することで、次のことが可能になります。

  • アイデアの需要を理解する。各フィードバック項目は、グループ化されているアイデアへの投票とみなされます。その後、アイデアをセグメント別に表示し、これらの投票、アカウント、または値に従ってアイデアを重ねてランク付けし、検証内の[分析(Analysis)]タブに表示します。
  • アイデアテストを使用して、潜在的な機能を提示する。検証ページのアイデアテストによって、優先順位付けと効果的な調査が可能になります。Pendoでこれらのアイデアテストが表示された場合は、お客様にとって最も重要なアイデアに投票やコメントをぜひ追加してください。
  • 行動を起こす。アイデアは開発する準備が整ったら、ロードマップに昇格されたり、Jiraに送信されたりします。また、アイデアにリンクされた投票やフィードバックに基づいてセグメントが作成され、さらなる調査のためにお客様に連絡をとる場合もあります。

調査と最新情報

お客様のフィードバックが、弊社が検討している、または積極的に開発しているアイデアに関連する場合は、お客様に連絡してさらなる調査を行う場合があります。アプリ内のコミュニケーションやメールを通じて、通話やメールのやり取りに招待させていただくことがあります。この調査に参加する義務はありません。

2024年8月には、新しいフィードバックポータルのリリースを予定しています。ここでは、引き続きフィードバックを共有したり、発見や調査を目的に検討しているアイデアにコメントや投票を追加したりできます。今後は、購読しているアイデアの最新情報を受け取れるメール機能も追加していく予定です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています