Microsoft Intuneを使用してWindows版Chromeにインストールする

最終更新日:

この記事では、Microsoft Intuneを使用して、Windowsコンピューター上のChromeウェブブラウザにPendo Launcher拡張機能を自動インストールする手順について説明します。

  1. 管理テンプレートをエンドユーザーのデバイスにプッシュします(ステップ1~3)。
  2. 正常にインストールされたことを確認します(ステップ4)。

インストールプロセスでは、訪問者(エンドユーザー)を特定したり、訪問者に関するメタデータを含めたりすることはできません。Pendoへの訪問者を特定するには、このインストール方法とフォローアップの構成を組み合わせてください。これらのオプションの一覧については、Pendo Launcherの展開を参照してください。

Intuneを使用した管理テンプレートのプッシュに関するドキュメントについては、Microsoftの記事「設定カタログの使用(Using the settings catalog)」を参照してください。

前提条件

このインストール方法は、Pendo以外の拡張機能に対してであっても、Google管理コンソールの拡張機能インストール方法と両立できません。Chrome拡張機能の管理にすでにGoogle管理コンソールを使用している場合は、Pendo Launcherにもその方法を使用する必要があります。

続行する前に、Pendo Launcherのインストールを計画するPendo Launcherの展開をご覧になることをお勧めします。

拡張機能ID

Chromeの拡張機能IDを、拡張機能IDと呼びます。Pendo Launcherの拡張機能IDはすべての顧客に共通で、epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgilとなります。この拡張機能ID は、インストールプロセスの後半で参照されます。これは、ブラウザがどの拡張機能をインストールすべきかを識別するために使用します。

拡張機能IDは、Pendo LauncherのChromeウェブストア(https://chromewebstore.google.com/detail/pendo-launcher/epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgil)でも確認できます。

ステップ1. 構成プロファイルを作成する

  1. Microsoft Intune管理センターにサインインします。
  2. [デバイス(Devices)]>[構成プロファイル(Configuration Profiles)]に移動します。
  3. 検索バーの上にある[+プロファイルを作成(+ Create profile)]を選択します。

    MSIntuneAdminCenter_ConfigProfiles_CreateProfile.png
  4. 新しいプロファイルの設定では、プラットフォームは[Windows 10以降(Windows 10 and later)]を選択し、[プロファイルタイプ(Profile type)][設定カタログ(Settings catalog)]を選択します。
  5. フォームの左下にある[作成(Create)]を選択します。

    CreateAProfile.png
  6. [基本(Basics)]タブで、適切な名前と説明(オプション)を入力します。
  7. [次へ(Next)]を選択し、[構成設定(Configuration settings)]タブを開きます(ステップ2)。

    CreateProfile_Basics.png

ステップ2. 新しいプロファイルを構成する

  1. [構成設定]タブで、[+設定を追加(+ Add settings)]を選択します。これにより、設定ペインが開きます。
  2. [Google]>[Google Chrome]>[拡張機能(Extensions)]に移動し、[自動インストールされたアプリと拡張機能のリストを設定(Configure the list of force-installed apps and extensions)]を選択します。

    Configure list of force-installed apps and extensions.png
  3. 設定ペインを閉じます。
  4. トグルをオンにして、新しく追加した設定を有効にします。

    Enabled.png
  5. 以下のPendo Launcher拡張機能IDを入力ボックスに入力します。

    epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgil;https://clients2.google.com/service/update2/crx

  6. [次へ]を選択し、[スコープタグ(Scope tags)]タブを開きます(ステップ3)。

ステップ3. プロファイル作成ワークフローを完了する

  1. 組織でスコープタグを使用している場合は、[スコープタグ]タブで調整します。スコープタグに関するドキュメントについては、Microsoftの記事「分散ITに役割ベースのアクセス制御(RBAC)とスコープタグを使用する(Use role-based access control (RBAC) and scope tags for distributed IT)」を参照してください。
  2. [次へ]を選択し、[割り当て(Assignments)]タブに進みます。
  3. [割り当て]タブで、必要な展開ユーザー、デバイス、およびグループを追加します。Pendoを大規模な従業員グループに展開する前に、1つのデバイスに絞って展開し、評価および検証を行うことをお勧めします。
  4. [次へ]を選択し、[確認と作成(Review + create)]タブに進みます。
  5. [確認と作成]タブで、先ほどの入力内容と設定が一致していることを確認します。
  6. [作成(Create)]を選択します。

    Review+Create.png

ステップ4. インストールを検証する

Pendoは、物理的にアクセスできるデバイスから、徐々にインストールを展開することを推奨しています。構成プロファイルが所定のデバイスにプッシュされたら、その存在を確認して展開プロセスを検証し、拡張機能がインストールされていることを確認して、構成の内容を検証します。

構成プロファイルの存在を確認する

  1. 対象のWindowsデバイスでレジストリエディタを開きます。タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力し、結果から[レジストリエディタ(Registry Editor)](デスクトップアプリ)を選択します。
  2. 以下の順序でレジストリキーの場所に移動します。

    [HKEY_LOCAL_MACHINE]>[SOFTWARE]>[Google]>[Chrome]>[ExtensionInstallForceList]

  3. epnhoepnmfjdbjjfanpjklemanhkjgil;https://clients2.google.com/service/update2/crxという値のキーがあることを確認します。

Registry editor.png

ブラウザに拡張機能が強制インストールされたことを確認する

レジストリキーの設定を確認したら、ブラウザが拡張機能を正しく強制インストールしていることを確認して、コンテンツが正しくフォーマットされていることを検証します。

  1. 構成プロファイルのあるデバイス上でChromeアプリを開きます。アプリがすでに実行されている場合は、終了して再度開きます。
  2. 「chrome://extensions」をコピーしてブラウザのURLバーに貼り付け、次のページに移動します。
  3. [拡張機能]の一覧からPendo Launcherを探します。Pendo Launcher拡張機能が表示されている場合、構成プロファイルは正常に展開されています。

PendoLauncherExtension.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています