モバイルの実装を計画する

最終更新日:

PendoモバイルSDK(ソフトウェア開発キット)の実装を計画することで、プロダクト内でユーザーを理解するために必要な、訪問者とアカウントのすべてのメタデータを正確に取得できます。

Pendoアカデミーには、モバイル実装の計画に関する動画があります。

始める前に

Pendo SDKを実装するには、Pendoサブスクリプション、Pendoへのデータ送信計画、PendoモバイルSDKのインストールを担うエンジニアリングリソースが必要です。

迅速かつ効果的な導入ができるよう、できるだけ早く開発者に連絡をとり、作業内容の調整を行うことをお勧めします。開発者向けドキュメントでは、Pendo SDKをモバイルアプリケーションに正しくインストールするために必要な詳細情報を提供しています。

Pendoインストールワークブック(Installation Workbook)を使って、インストールを完了するために必要な情報をチームメンバーと共有することをお勧めします。

仕組み

モバイルアプリケーション用のPendo SDKは、開発者がアプリを計測し、ユーザーの操作やフィーチャーの使用状況、その他の関連する指標のデータを収集するためのツールを提供します。 このデータをPendoプラットフォーム内で分析することで、ユーザーの行動に関するインサイトを得て、モバイルアプリのユーザー体験向上のためのデータ主導の意思決定を行うことができます。

モバイル開発者がSDKをアプリに追加することで、アプリの読み込み時にPendoを初期化し、データ収集とガイドの表示の準備ができた後、訪問者が識別されるようになります。

PendoモバイルSDKは、アプリのすべてのバージョンにさかのぼってノーコードで分析を行います。また、Pendoのビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)で構築されたライトボックス、ツールチップ、複数ステップのウォークスルーガイドも提供します。

  • このインテグレーションには、3行のコードが必要です。
  • PendoモバイルSDKは、インストールが正常に終了した後に、分析の収集を開始します。これにより、Pendoはアプリ内のあらゆるユーザーアクションを自動的に追跡し、事前にアプリのタグ付けがされていなくても、インサイトを提供できます(遡及的アナリティクス)。
  • アナリティクスとガイドはアプリのバージョンに依存しないため、モバイルアプリでPendoがユーザーのインタラクションを追跡する方法を変更することなく、更新することができます。
  • マルチアプリパスとファネルを利用して、モバイルとウェブでのプロダクトジャーニーを通してユーザーを追跡します。

Pendo for Mobileを使用して、モバイルプロダクトとウェブプロダクトのポートフォリオ全体でつながりのあるデジタル体験を実現できます。以下のようなことに活用できます:

  • あらゆる場面でのユーザーのソリューションとの関わりを分析する
  • ユーザーのプラットフォーム間の移動を把握する
  • プロダクトジャーニー全体を通してインサイトを活用する
  • ユーザーのデバイスに応じてアプリ内ガイダンスをカスタマイズする

実装の準備をする

インストールと設定は以下のように準備します。

1. セキュリティとプライバシーポリシーを確認する

当社のポリシーと実践の詳細な概要については、この後の記事を参照してください。または、Pendoの担当者にご連絡いただき、お客様のセキュリティ要件についてご相談ください。

2. サポートされているモバイルフレームワークを確認する

モバイルフレームワークには、モバイルアプリを効率的に開発するためのツールとコードが用意されています。フレームワークは、特定の環境向けのアプリケーションの開発をサポートする基本的な構造を提供します。 インストール作業を始める前に、Pendoが現在サポートしているノーコードアナリティクス用のフレームワークと、トラックイベントのみをサポートしているフレームワークを確認する必要があります。

supported_frameworks_with Expo_router.png

詳細については、サポートされているモバイルフレームワークとOSバージョンを参照してください。

3. IDとメタデータを選択する

アプリケーションの訪問者とアカウントに関連付けるIDとメタデータを選択します。利用可能な値については、開発者に相談してください。訪問者IDとアカウントIDの命名規則と、収集したい他のメタデータのリストが必要です。

インストール後にメタデータを追加することは可能ですが、最初の実装の際、訪問者IDおよびアカウントIDの設定を変更することは避けてください。

重要:すでにウェブアプリケーションをインストールしている場合、モバイルアプリとウェブアプリの両方で、訪問者とアカウントの訪問者IDとアカウントIDが同じであることが重要です。

メールアドレスやアカウント名などの個人を特定できる情報(PII)を共有することに抵抗がある場合、Pendoが効果的に機能するために必要とするのはアプリケーションの各ユーザーに固有の識別子のみです。Pendoにとっては匿名の、ランダムに生成された値でも構いません。PIIの使用方法の詳細については、データ収集とコンプライアンスを参照してください。

4. 開発者に手順を送る

開発者はPendo SDKをインストールする必要があります。PendoモバイルSDKがアプリコードに追加され、訪問者を識別する準備ができ次第、初期化されます。インストールする前に、インストールに関する次の要件を考慮してください。

  • APIキー。アプリケーションを認証してデータを収集するために、インストール中にモバイルSDK内で使用されるコード。APIキーは、親サブスクリプション内の特定のアプリケーションに関連付けられるためにPendoに送信されるデータを識別します。アプリキーは、アプリからPendoにデータを送信し、ガイドを起動するために各アプリケーションに提供されます。
  • スキームID。ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)をモバイルアプリケーションに接続するために、インストール時にモバイルSDK内で使用される一意の識別子。これにより、ページやフィーチャーにタグを付けたり、ガイドをプレビューしたりするときにアプリケーションをペアリングできるようになります。
  • 匿名の訪問者。アプリケーションにログインする前に識別されていないユーザーを取得したい場合は、startSession呼び出しを行う場所を調整する必要があります。

5. ハイブリッドアプリのインストールを計画する

ハイブリッドアプリには、アプリ内のウェブページを読み込むためのモバイルコンポーネントとウェブコンポーネント(WebViews)の両方が含まれる場合があります。

Pendoでは以下のタイプのハイブリッドアプリがサポートされています。

  • ウェブアプリキーによるウェブテクノロジーを使用した単一アプリケーション。
  • モバイルアプリキーとウェブアプリキーの両方を使用する、Webviewコンポーネントを含むモバイルアプリケーション。
  • モバイルアプリキーを使用したマルチモバイルフレームワークアプリケーション。

重要:サブスクリプションはウェブとモバイルのアプリケーションで統一されていますが、訪問者ID、アカウントID、およびメタデータのキーと値がインストール全体で同じであることを確認して、ユーザージャーニーの一貫性が損なわれないようにすることが重要です。

詳細については、ハイブリッドアプリでPendoを使用するを参照してください。

6. 除外リストと包含リストを計画する

モバイルには環境という概念がありません。訪問者IDもしくはアカウントIDに、下位の環境データ(例:vistor123-staging、visitor123-developmentなど)を追加することをお勧めします。下位環境のデータにステージング開発のようなものを追加することで、データを収集し、テスト用のクイックセグメントを作成し、その下位環境のデータに含まれるユーザーを簡単に除外できます。他のアプリケーション(ウェブプロダクトなど)で渡すものと一致しない場合は、本番環境では実行しないでください。

詳細については、除外リストと包含リストを参照してください。

実装後の手順

開発者がPendoをインストールして設定した後で、次のことを実施します。

1. インストールを確認する

Pendoは、SDKをインストールした開発者と一緒にインストールを確認することを推奨しています。詳細については、 モバイルアプリのインストールの検証を参照してください。

2. ユーザーを招待する

Pendoがデータを記録していることを確認したら、サブスクリプションの設定を手伝ってくれる社内ユーザーを招待します。社内ユーザーには、独自の権限を持つさまざまな役割を設定できます。これにより、サブスクリプション設定を保護しながら、社内ユーザーに必要なアクセス権を付与できます。

サブスクリプションにユーザーを追加するには、以下の手順を行います。

  1. Pendoの左側のメニューで[設定(Settings)]>[ユーザー(Users)]に移動します。
  2. ページの右上の[+ユーザーを追加(+ Add User)]を選択します。
  3. ユーザーの詳細を入力し、権限を選択します。 詳細については、役割と権限を参照してください。
  4. ページの右下にある[ユーザーを追加]を選択します。

Pendoを利用することでメリットがあるのは次のような方です。

  • プロダクト部門は、Pendoを使用して、ユーザーに愛されるプロダクトを提供するために必要なインサイトを得られます。
  • デザイン部門は、コンテンツ作成者がガイドテンプレートやテーマをデザインする際の支援にPendoを活用できます。
  • エンジニアは、Pendoを使用して、フィーチャーのタグ付けとページのタグ付けに役立てられます。
  • カスタマーサクセスやサポートはPendoアナリティクスを使用して、ユーザーの行動パターンを見つけることができます。
  • プロフェッショナルサービスは、Pendoを使用して、オンボーディングガイドを構築できます。
  • クロスファンクショナルコンテンツクリエーターは、Pendoを使用して、内部または外部のすべてのアプリ内エンゲージメントキャンペーンのためのガイドを構築できます。

3. 開始する

Pendoがインストールされると、Pendoのデータ可視化、エンゲージメント、定着化ツールにアクセスできるようになります。ユーザーのことを知り、定着化を促進し、ユーザーに愛されるプロダクトを作るためにPendoを使用し、さらなる成長を促進するためのPendoサブスクリプションの基盤を構築するために、次のような分野から始めることをおすすめします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています