GoogleタグマネージャーによるPendoのインストール

最終更新日:

Googleタグマネージャー(GTM)は、アプリケーションに含まれるトラッキングタグをチームが動的に制御できるようにするタグ管理ユーティリティです。お使いのアプリケーションにGTMがインストールされていれば、GTMを通じて同じアプリケーションにPendoを追加できます。インストール後は、Googleタグマネージャーのインターフェースを通じてトラッキングコードを制御できます。

ステップ1:Pendoのインストールスクリプトを編集する

GoogleタグマネージャーでPendoをインストールするには、最初にPendoインストールスクリプト(一般に「スニペット」と呼ばれます)を見つけてコピーし、編集する必要があります。

  1. ブラウザでapp.pendo.ioに移動します。
  2. 左側のナビゲーションにある[サブスクリプション(Subscriptions)]タブで、適切なサブスクリプションを選択していることを確認します。
  3. [設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。

  4. [アプリケーション(Applications)]タブを開きます。

  5. [アプリケーション]リストから該当するアプリを見つけて開きます。

  6. [インストール設定(Install Settings)]タブを開きます。
  7. コードをテキストエディタにコピーして編集します。
  8. インストールスクリプトの訪問者(ログインユーザー)オブジェクトとアカウント(顧客)オブジェクトに値を入力します。Googleタグマネージャーのインストール状況にもよりますが、通常はGoogleタグマネージャーの変数が必要です。変数の設定が完了したら、Pendoのインストール時に{{variable_name}}として指定できます。

注:Pendoでは、訪問者IDとアカウントIDが全体を通して一意であると想定しています。

GoogleタグマネージャーはJavascriptを使用してPendoを実行し、Pendoインストールスクリプトで条件付きロジックをサポートします。

Pendoインストールスクリプトの詳細については、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドを参照してください。

ステップ2:GoogleタグマネージャーでPendoをインストールする

GoogleタグマネージャーでPendoをインストールするには、以下を実行します。

  1. ブラウザでGoogleタグマネージャーを開きます。
  2. [タグ(Tags)][新規(New)]の順に選択します。
  3. [カスタムHTMLタグ(Custom HTML Tag)]を選択し、ステップ1で編集したPendoコードブロックを[タグ設定(Configure Tag)]フィールドにコピーペーストします。
  4. [トリガーを選択してこのタグを配信...(Choose a trigger to make this tag fire...)]ペインを選択します。[すべてのページ(All Pages)][ページビュー(Page View)]トリガータイプが、デフォルトのトリガーです。これにより、訪問者がページを閲覧するたびにPendoがロードされます(これは意図された動作です)。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
16人中8人がこの記事が役に立ったと言っています