ログインページにPendoをインストールする

最終更新日:

この記事では、ログインページにPendoのインストールスクリプトを追加して、ログインページでガイドを表示する方法について説明します。

インストールスクリプト

Pendoは、インストールスクリプトをアプリケーションの全ページに含めることでアプリケーションにインストールされます。インストールスクリプトは、短いJavaScriptコードブロック(スニペット)で構成され、JavaScriptファイル(pendo.js)であるPendoエージェントを安全かつ非同期的に読み込みます。インストールスクリプトには、一意のAPIキーと、Pendoエージェントのアクティベーションに必要な初期化メソッドが含まれています。初期化メソッドは、訪問者IDやアカウントIDとして渡す値、およびPendoに提供するメタデータを決定します。Pendoのインストールの主なコンポーネントの詳細については、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドを参照してください。

ログインページにPendoをインストールするには、現在他のページで渡しているメタデータをすべて含めた同じインストールスクリプトをログインページにコピーする必要があります。唯一の違いは、訪問者がサインインしておらずPendoに渡されるメタデータがないため、ログインページで匿名の訪問者のデータを受け取るという点です。詳細については、匿名の訪問者の記事を参照してください。

インストールスクリプトを確認する

Pendo管理者は、Pendoの[インストール設定(Install Settings)]でインストールスクリプトを見つけることができます。

  1. 左側のメニューの下部から[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。
  2. [アプリケーション(Applications)」タブを開きます。
  3. [アプリケーション]リストからアプリケーションを見つけて開きます。
  4. [インストール設定]タブを開きます。

コードブロックをコピーして、ログインページへのPendoのインストールにお使いください。

ログインページにPendoをインストールする

インストールスクリプトをログインページのアプリコードに貼り付けます。

訪問者はこのページにサインインしていないので、匿名の訪問者の記事の手順に従って、匿名の訪問者データを取得してください。詳細については、匿名の訪問者の記事の、匿名の訪問者にガイドを表示セクションを参照してください。ログインページで訪問者にガイドを表示する場合、[匿名の訪問者データを表示(Show Anonymous Visitor Data)] 設定は必要ありません。この設定は、アナリティクスで匿名の訪問者も表示したい場合にのみ必要となります。

インストールスクリプトに変更を加える必要はありません。ただし、メタデータフィールドをコメントアウトして、同じ効果を得ることもできます。

Pendoのインストールの詳細なガイダンスについては、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドを参照してください。

ログインページにガイドをターゲット設定する

Pendoがログインページに正しくインストールされたら、Pendoでのページのタグ付けと表示の説明に従ってログインページにタグを付け、その特定のページにガイドをターゲティングします。

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています