Twilio SegmentによるPendoのインストール

最終更新日:

この記事では、PendoとSegmentとのインテグレーションによりPendoにデータを送信する方法を説明します。このインテグレーションの詳細については、Twilio Segmentとのインテグレーションの概要を参照してください。Pendoでの訪問者とアカウントのセグメント化に関する情報をお探しの場合は、セグメントに関する弊社の記事をお読みください。

Segmentは、複数のツールからのデータを統合して一元化された顧客データベースを構築し、データ収集プロセス全体を簡素化する顧客データプラットフォーム(CDP)です。お使いのアプリケーションにSegmentがインストールされていれば、Segmentを通じて同じアプリケーションにPendoを追加できます。これにより、Pendoや他のインテグレーションツールにSegment内のデータを送信できるようになります。

これは、インストールスクリプトを使用したPendoの実装に関する開発者ガイドで説明している標準的なPendoの実装方法に代わるものです。

仕組み

標準的なSegmentの実装では、ユーザー情報とアカウント情報をSegmentに送信します。データの転送先として、Segmentの宛先にPendoウェブ(アクション)(Pendo Web (Actions))を追加することで、追加のコーディングを行わずにそのデータをPendoに渡すことができます。

設定では、Pendo APIキーをコピーしてSegmentの設定に貼り付けます。宛先が設定されると、SegmentはAPIキーを使用してアプリケーションでPendoを初期化します。

デフォルトでは、SegmentのユーザーIDをPendoの訪問者IDに、Segmentのユーザー特性をPendoの訪問者メタデータに、SegmentのグループIDをPendoのアカウントIDに、Segmentのグループ特性をPendoのアカウントメタデータにマッピングします。また、SegmentのイベントとプロパティをPendoのイベントとメタデータにマッピングします。これらの情報は、初期化時とSegmentがアクションを起こした時の両方で渡されます。この情報はカスタマイズできます。詳細は、マッピングのカスタマイズを参照してください。

ステップ1. Pendo APIキーを見つけてコピーする

PendoのAPIキーを見つける方法は、以下のとおりです。

  1. [設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。
  2. [アプリケーション]タブを開きます。
  3. [アプリケーション]リストから該当するアプリを見つけて開きます。デフォルトで[アプリの詳細(App Details)]タブが開きます。このページの設定の詳細については、ウェブアプリケーションの設定を参照してください。
  4. [基本設定(Basic Settings)]で、[APIキー]の値を見つけてコピーします。

APIキーは[インストール設定(Install Settings)]タブからも見つけることができます。インストールスクリプトの一番下に表示される文字列がAPIキーです。

ステップ2. Pendoウェブ(アクション)の宛先を追加する

Segmentアプリケーションで、Pendoを宛先として追加します。

  1. Segmentのワークスペースで、[宛先を追加(Add destination)]を見つけて選択します。このオプションは、 接続(Connections)ホームページ、宛先(Destinations)リスト、またはソースの概要(Source overview) ページにあります。
  2. [宛先アクション(Destination Actions)]を選択し、カタログからPendoウェブ(アクション)の宛先を探し、選択します。 これにより宛先の概要ページが開きます。
  3. [宛先を追加(Add destination)]を選択します。
  4. Segment内のどの既存のソースから、Pendoウェブ(アクション) の宛先にデータを送信するかを選択します。
  5. [ソースを確認(Confirm source)]を選択します。これにより宛先の設定ページが開きます。
  6. 名前、(ステップ1で認識された)Pendo APIキー地域など、宛先設定の必須項目をすべて入力します。
  7. PendoのCNAMEを設定している場合は、必要に応じてCNAMEコンテンツホストを入力し、Pendoインストールスクリプトを更新します。ただし、CNAMEセットアップが完了するまではコンテンツホストを入力しないでください。Pendoのデータ収集が失敗するおそれがあります。
  8. 必要に応じて、以下の設定のいずれかまたは両方を選択します。 マッピングをカスタマイズする場合も、この作業が必要です。 詳細と手順については、この記事のマッピングのカスタマイズを参照してください。
    • 起動時にSegmentのグループIDとグループ特性をPendoに渡すことを無効にする。れにより、SegmentのグループイベントにおけるアカウントIDのマッピングを調整できます。この設定は、SegmentのグループIDをPendoのアカウントIDとして送信することよりも優先され、PendoがSegmentのグループIDanalytics.group().id()で初期化されることを防ぎます。
    • 起動時にPendoにSegmentのユーザー特性を渡すことを無効にする。これにより、Segmentの識別イベントにおける訪問者メタデータのマッピングを調整できます。この設定は、読み込み時にSegmentのユーザー特性を送信することよりも優先され、PendoがSegmentのユーザー特性analytics.user().traits()で初期化されることを防ぎます。
  9. まだ有効になっていない場合は、宛先を有効にして、データの受信を開始します。

デフォルトでは、PendoはSegmentの特定(Identify)追跡(Track)グループイベント(Group Event)をPendoに転送するデータマッピングを作成します。これらのプリセットについては、Segment.comインテグレーションの概要をご覧ください。これらのマッピングは、[設定]>[ データマッピング(Data Mappings)]でオフにできます。詳細については、訪問者とアカウントのメタデータ設定を参照してください。

あるいは、SegmentのPendoウェブ(アクション)宛先の[マッピング(Mappings)]タブからマッピングをカスタマイズできます。

マッピングをカスタマイズする

デフォルトのマッピングがPendoに送信する情報に適していない場合は、必要に応じて、Segmentでアクションのマッピングをカスタマイズできます。 変更できない唯一の値は、SegmentユーザーIDからPendo訪問者IDへの値です。

例えば、SegmentのグループIDとPendoのアカウントIDを一致させる意思がない場合、ステップ2でSegmentのグループIDと特性をPendoに渡す機能をオフにして、次の手順でグループイベントの送信マッピングを更新し、SegmentからPendoのアカウントIDに送信する別の値(pendo_account_idと呼ばれるグループ特性など)を選択します。

Segmentでマッピングを更新するには、まず、この記事のステップ2で定義したように、Pendoウェブ(アクション)の宛先に適切な設定が選択されていることを確認します。その後、次の操作を行います。

  1. Segmentで[宛先(Destinations)]に移動し、Pendoウェブ(アクション)の宛先を選択します。
  2. [マッピング(Mappings)]タブで、編集するアクションを開きます。 行の最後にある省略記号(...)を選択し、[マッピングを編集(Edit Mapping)]を選択します。
  3. ソースからPendoウェブ(アクション)宛先にフィールドをマップする方法を定義します。 ユーザーIDは編集できません。 Pendoの訪問者IDにマッピングする必要があります。
  4. [保存(Save)]を選択して続行します。

従来のPendoの宛先から移行する

この記事では、従来のPendoの宛先とは異なるPendoウェブアクションの宛先を使用してSegmentインテグレーションを設定する手順を説明します。 詳細については、Segmentインテグレーションの概要を参照してください。

従来のPendoの宛先からPendoウェブアクションの宛先に移行するには、Segmentのワークスペースから従来のPendoの宛先を削除し、この記事のステップ1と2に従ってPendoウェブアクションを追加します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています