役割と権限

最終更新日:

役割と権限により、社内ユーザーがPendoのどの機能にアクセスできるかを制御できます。ユーザーに役割を付与することで、ガイドの作成、編集、公開、ページやフィーチャーのタグ付け、アナリティクスツール、共有機能、設定などへのアクセスを含む、より詳細な権限を設定できるようになります。マルチアプリサブスクリプションでは、ユーザーはアプリケーションごとに異なる役割を持つことができます。

この記事では、現在使用できるユーザータイプと役割、ユーザーを招待する方法、ユーザーの役割を追加・編集する方法をまとめています。旧バージョンの詳細については、旧ユーザーの役割と権限の記事を参照してください。Pendo Feedbackの役割と権限の詳細については、チームの管理:Feedbackでの役割と権限を参照してください。

前提条件

以下の操作を実施するには、Pendo管理者ユーザーである必要があります。

  • 他のユーザーの役割を変更する
  • カスタム役割を作成する

サブスクリプションがProまたはEnterpriseの場合のみ、カスタム役割を作成できます。

ユーザータイプ

Pendoには、次の2つのユーザータイプがあります。

  • 管理者:サブスクリプションレベルの役割です。管理者は、フィーチャー、ユーザー、設定、メタデータ、インテグレーションなど、Pendoサブスクリプション内のすべてにアクセスできます。この役割には、ガイドテーマ、コアイベント、PES、プロダクトエリアなど、サブスクリプション全体に表示される設定も含まれます。また、管理者は、新しいユーザーの招待、ユーザーの役割の変更、ユーザーの削除、カスタム役割の作成も行えます。
  • ユーザー:ユーザーは、閲覧者の役割でPendoサブスクリプションにアクセスできます。レポートとセグメントの表示については、サブスクリプションレベル(サブスクリプションレベルの権限 )と追加のアプリレベルの役割で設定できます。

subpermissions.png

サブスクリプションレベルの権限

管理者は、サブスクリプション全体にアクセスできます。その他のユーザーには、以下のサブスクリプションレベルの権限が付与されます。

  • 全員向けにレポートを作成する:この権限により、サブスクリプション内の全員にレポートを表示できます。これを無効にすると、ユーザーが作成したレポートは作成者本人のみに表示されます。
  • 全員向けにセグメントを作成する:この権限により、サブスクリプション内の全員にセグメントを表示できます。これを無効にすると、ユーザーが作成したセグメントは作成者本人のみに表示されます。

アプリレベルの役割

ユーザータイプを選択すると、アプリレベルの役割(アナリストガイドコンテンツ作成者など)を選択し、各役割に合った権限セットを定義するよう求められます。管理者ユーザーにはすべての権限が付与されます。管理者はサブスクリプションレベルの役割であるため、管理者ユーザータイプにアプリレベルの役割を選択することはできません。

アプリレベルの役割は、Pendoの各アプリケーション用のガイドやアナリティクス機能へのPendoユーザーのアクセスを管理します。1人のユーザーに複数の役割を割り当て、ユーザーに付与する権限の組み合わせを最適化できます。たとえば、あるユーザーにガイド公開者アナリストの役割を割り当てて、新しいガイドを作成せずにガイドコンテンツやアナリティクスのタグを管理させることも可能です。また、同じユーザーに2つの役割を付与し、一方にはガイドの作成権限があり、もう一方には作成権限がない場合でも、そのユーザーにはガイドの作成権限が付与された状態になります。

デフォルトのアプリレベルの役割

以下の表は、ユーザー役割別のデフォルトのアプリレベルの権限を示したものです。ディスカバーのお客様の場合は、さらにディスカバーに固有の役割も選択できます。これらの固有の役割については、ディスカバーの権限を参照してください。

管理者には表示されているすべての権限があります。比較のため、以下の表の最後の列に記載しています。先頭行にはユーザーの役割を、左側の列には各役割に関連するアプリレベルの権限を配置しています。これらの役割はいずれも、ガイドテーマの管理や新規ユーザーの招待はできません。これらは管理者のみが実施できます。

  閲覧者(デフォルト) ガイド作成者 ガイド公開者 ガイドコンテンツ編集者 アナリスト リソースセンターの作成者 リソースセンターの公開者 管理者*
ゼロからのガイドの作成と編集            
レイアウト/テンプレートからのガイドの作成と編集          
ドラフト、ステージング、無効のガイドの削除        
ガイドの公開とスケジュール設定            
ページ、フィーチャー、トラックイベントの作成、編集、削除        
指標の表示とレポートの作成    
リソースセンターの作成と編集            
リソースセンターのステージング環境への昇格          
リソースセンターの本番環境への昇格(公開作業)            
リソースセンターの無効化やドラフトへの降格            
リソースセンターの削除(管理者のみ              
コアイベントとPESの管理(管理者のみ              
プロエダクトエリアの管理(管理者のみ              
ガイドテーマの管理(管理者のみ              

ガイドレイアウトの削除

管理者のみ

             
ユーザーの招待を含む設定の管理(管理者のみ              

ユーザーは、マルチアプリサブスクリプション内のアプリケーションごとに異なる役割を持つことができます。特定のアプリでのみガイドを作成する必要があるユーザーは、該当するアプリではガイド作成者、その他のアプリでは閲覧者として設定できます。

閲覧者は、全ユーザーと全アプリに自動的に割り当てられるデフォルトの役割です。この役割の割り当てを解除することはできません。また、役割や権限設定を使ってデータの可視性を制限することはできません。全ユーザーは、サブスクリプション内のすべてのデータを閲覧できます。

roles_permissions.png

カスタムのアプリレベルの役割

[カスタム役割(Custom Roles)]にアクセスできるのは、サブスクリプションがProまたはEnterpriseのお客様です。カスタム役割を使用すると、サブスクリプションの管理者は、Pendoが提供するデフォルトの役割に加え、アプリレベルのユーザー役割として新しい権限セットを保存できます。その他にも、Pendoのさまざまな機能へのアクセスを細かく制御できる権限があります。

権限は自由に組み合わせられます。ユーザーを設定する際、カスタムまたはデフォルトの役割を複数同時に割り当てることができます。これにより、ユーザーを効率よくプロビジョニングできます。たとえば、ユーザーをプロビジョニングできるようチーム用のカスタム役割を作成したり、特定の機能に意図的にアクセスするようPendoのプロダクトエリア別に役割を作成したりすることもできます。

権限の設定は、ガイド、NPS、リソースセンター、タグ付け、プロダクトのセットアップにおいて利用できます。全ユーザーは、ダッシュボード、プロダクト、ピープル、行動、ガイドに対する閲覧者権限を持っており、サブスクリプション内でのレポートの作成やアナリティクスの閲覧が可能です。

カスタム役割の作成

カスタム役割は、ユーザー設定の[カスタム役割]タブで管理します。カスタム役割の管理は、サブスクリプションがProまたはEnterpriseの管理者ユーザーのみ実施できます。

RPCustomRolestab.png

カスタム役割を作成するには:

  1. [+カスタム役割を作成(+ Create Custom Role)]を選択します。
  2. [カスタム役割の詳細(Custom Role Details)]を入力します。
  3. プロダクトエリアごとに権限を選択します。利用可能な権限については、この記事のカスタム役割の権限一覧を参照してください。
  4. [カスタム役割を保存(Save Custom Role)]を選択します。

これにより新しい役割がカスタム役割に追加され、[ユーザー権限(User Permissions)]で役割を適用する際に割り当てられるようになります。

カスタム役割の権限一覧

カスタム役割では、以下の権限を自由に組み合わせて使用できます。ユーザーに複数の役割を与えると、その役割に割り当てられているすべての権限が与えられます。ある役割では許可され、別の役割では拒否されているアクセス権限も、両方の役割を付与された場合、拒否されていたアクセスも許可されます。

R_PCustomRolesList.png

ディスカバーの権限

[ユーザー権限の設定(User Permission Settings)]を編集するには、[設定(Settings)]>[ユーザー(Users)]に進み、リストからユーザーを選択して、[編集(Edit)]アイコンを選択します。

[ユーザー権限の設定]>[ディスカバー(Discover)]では、デフォルトの役割として、[閲覧者(Viewer)][投稿者(Contributor)]、および[マネージャー(Manager)]のいずれかを選択できます。デフォルトでは、新しいユーザーには[投稿者]の役割が与えられます。[管理者(Admin)]ユーザーにはすべてのディスカバーの権限が与えられます。

役割 検証権限 ガイド公開権限
閲覧者 フィードバック、アイデア、アイデアテストを表示します。  
投稿者

[閲覧者]の権限に加えて、フィードバック項目とアイデアの作成および編集、アイデアの削除、投票調査の追加および削除を行う権限が与えられます。

 
マネージャー(Manager)

[投稿者]の権限に加えて、フィードバック項目とアイデアの作成、編集、および削除、アイデアテストの作成、フィードバック項目、アイデア、ロードマップのフィーチャーおよびイニシアチブのステータスの変更、アイデアに対する投票の追加または削減、アイデアへの労力影響度の評価の追加を行う権限が与えられます。

アイデアテストを公開します。

社内ユーザーを招待する

Pendo管理者のみが、新規ユーザーを招待して作成できます。ユーザーを招待するには、次の操作を行います。

  1. 左側のメニューの下部から[設定(Settings)]>[ユーザー(Users)]に移動します。
  2. ページの右上にある[+ユーザーを追加(+ Add User)]を選択します。
  3. [サブスクリプション管理者(Subscription Admin)]または[ユーザー(User)]のいずれかのユーザータイプを選択します。
  4. ユーザーの詳細(名前とメールアドレス)を入力します。
  5. [ユーザー権限(User Permissions)]を選択した場合は、セグメントやレポートを共有および編集するためのサブスクリプションレベルの権限を選択します。
  6. Discoverのお客様の場合は、ユーザーに合った役割を選択します。Discoverの検証の役割に関する詳細については、この記事の検証権限セクションを参照してください。
  7. [ユーザー権限]を選択した場合は、アプリとユーザー役割を選択して、関連する権限をユーザーに割り当てます。役割を複数のアプリに同時に割り当てることで、すばやく適用することができます。 ひとつのアプリを選択すると、そのアプリだけの役割を調整できます。複数のアプリを選択すると、すべてのアプリの役割を同時に調整できます。
  8. Feedbackのお客様の場合は、ドロップダウンメニューから適切な権限グループを選択します。
  9. フォームの右下にある [ユーザーを招待(Invite User)]を選択します。その後、ユーザーにはAdoptアカウント作成用の招待メールが届きます。

警告:「返信不可(no-reply)」のメールが自動的にブロックされたり、迷惑メールに分類されたりすることがあります。返信不可のメールアドレスを許可するようITチームに依頼してください。

ユーザーに役割を割り当てる

Pendo管理者ユーザーは、新規ユーザーの作成時や既存ユーザーの編集時に役割を割り当てることができます。管理者は自分の役割を編集できないため、サブスクリプション内の他の管理者から割り当ててもらう必要があります。これは、役割を割り当てる上でのベストプラクティスであり、サブスクリプション内の唯一の管理者が、誤って自分の管理者役割を解除してしまうことを防ぎます。

注:ユーザーが招待を承諾していない場合、そのユーザーのプロフィールは[ユーザー]一覧に表示されません。

サブスクリプションのユーザーは、[設定]>[ユーザー]で管理します。[ユーザー]一覧から既存のユーザーを選択し、右側にスライドアウトするパネルで [ユーザーを編集(Edit User)]を選択します。ここから、以下の手順を実行します。

  1. [サブスクリプション管理者]または[ユーザー]のいずれかのユーザータイプを選択します。
  2. 必要に応じて、ユーザーの情報(名前やメールアドレス)を編集します。
  3. [ユーザー権限(User Permissions)]を選択した場合は、セグメントやレポートを共有および編集するためのサブスクリプションレベルの権限を選択します。
  4. Validateのお客様の場合は、ユーザーに合った役割を選択します。Validateにおける役割の詳細については、アイデアを検証するの記事を参照してください。
  5. [ユーザー権限]を選択した場合は、アプリとユーザー役割を選択して、関連する権限をユーザーに割り当てます。役割を複数のアプリに同時に割り当てることで、すばやく役割を適用できます。ひとつのアプリを選択すると、そのアプリだけの役割を調整できます。複数のアプリを選択すると、すべてのアプリの役割を同時に調整できます。
  6. Feedbackのお客様の場合は、ドロップダウンメニューから適切な権限グループを選択します。
  7. フォームの右下にある [変更を保存(Save Changes)]を選択します。

ユーザーを削除する

管理者ユーザーのみがサブスクリプションから他のユーザーを削除できます。管理者は自身を削除することはできません。サブスクリプションからユーザーを削除する方法は、以下のとおりです。

  1. [設定]>[ユーザー]に移動します。
  2. ユーザーを見つけてカーソルを合わせます。
  3. 行の最後にあるゴミ箱アイコンを選択します。
  4. [ユーザーを削除(Remove User)]を選択します。

ユーザーを削除すると、以下のようになります。

  • 削除されたユーザーが作成したガイド、公開レポート、セグメントはすべてPendoに残りますが、作成者はそれらを表示または編集するサブスクリプションにアクセスできなくなります。
  • 削除されたユーザーが可視性を[自分のみ(Only Me)]に設定していたセグメントやレポートは表示されなくなります。
  • 削除されたユーザーがガイド、セグメント、レポートを作成していた場合、そのユーザー名は作成者として引き続き表示されます。
  • 削除されたユーザーが作成したレポートやダッシュボードを他のユーザーが編集することはできませんが、管理者ユーザーはレポートやダッシュボードを削除できます。

削除されたユーザーがそのアカウントにSalesforceまたはHubSpotとのインテグレーションを設定していた場合、日次の同期が中断されないよう、ユーザーを別のアカウントに切り替えることをお勧めします。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
14人中8人がこの記事が役に立ったと言っています