社内ユーザーを管理する

最終更新日:

この記事では、Pendoの社内ユーザーを招待する方法、およびユーザーの役割を追加または編集する方法について説明します。ユーザータイプと使用可能な役割の詳細については、役割と権限を参照してください。

社内ユーザーを招待する

Pendo管理者のみが、新規ユーザーを招待して作成できます。ユーザーを招待するには、次の操作を行います。

  1. 左側のメニューの下部から[設定(Settings)]>[ユーザー(Users)]に移動します。
  2. ページの右上にある[+ユーザーを追加(+ Add User)]を選択します。
  3. [サブスクリプション管理者(Subscription Admin)]または[ユーザー(User)]のいずれかのユーザータイプを選択します。
  4. ユーザーの詳細(名前とメールアドレス)を入力します。
  5. [ユーザー権限(User Permissions)]を選択した場合は、セグメントやレポートを共有および編集するためのサブスクリプションレベルの権限を選択します。
  6. リッスンのお客様の場合は、ユーザーに合った役割を選択します。リッスンの役割に関する詳細については、役割と権限の記事のリッスンの権限セクションを参照してください。
  7. [ユーザー権限]を選択した場合は、アプリとユーザー役割を選択して、関連する権限をユーザーに割り当てます。役割を複数のアプリに同時に割り当てることで、すばやく適用することができます。 ひとつのアプリを選択すると、そのアプリだけの役割を調整できます。複数のアプリを選択すると、すべてのアプリの役割を同時に調整できます。
  8. Feedbackのお客様の場合は、ドロップダウンメニューから適切な権限グループを選択します。
  9. フォームの右下にある [ユーザーを招待(Invite User)]を選択します。その後、ユーザーにはAdoptアカウント作成用の招待メールが届きます。

警告:「返信不可(no-reply)」のメールが自動的にブロックされたり、迷惑メールに分類されたりすることがあります。返信不可のメールアドレスを許可するようITチームに依頼してください。

ユーザーに役割を割り当てる

Pendo管理者ユーザーは、新規ユーザーの作成時や既存ユーザーの編集時に役割を割り当てることができます。管理者は自分の役割を編集できないため、サブスクリプション内の他の管理者から割り当ててもらう必要があります。これは、役割を割り当てる上でのベストプラクティスであり、サブスクリプション内の唯一の管理者が、誤って自分の管理者役割を解除してしまうことを防ぎます。

注:ユーザーが招待を承諾していない場合、そのユーザーのプロフィールは[ユーザー]一覧に表示されません。

サブスクリプションのユーザーは、[設定]>[ユーザー]で管理します。[ユーザー]一覧から既存のユーザーを選択し、右側にスライドアウトするパネルで [ユーザーを編集(Edit User)]を選択します。ここから、以下の手順を実行します。

  1. [サブスクリプション管理者]または[ユーザー]のいずれかのユーザータイプを選択します。
  2. 必要に応じて、ユーザーの情報(名前やメールアドレス)を編集します。
  3. [ユーザー権限(User Permissions)]を選択した場合は、セグメントやレポートを共有および編集するためのサブスクリプションレベルの権限を選択します。
  4. リッスンのお客様の場合は、ユーザーに合った役割を選択します。リッスンの役割に関する詳細については、役割と権限の記事のリッスンの権限セクションを参照してください。
  5. [ユーザー権限]を選択した場合は、アプリとユーザー役割を選択して、関連する権限をユーザーに割り当てます。役割を複数のアプリに同時に割り当てることで、すばやく適用することができます。 ひとつのアプリを選択すると、そのアプリだけの役割を調整できます。複数のアプリを選択すると、すべてのアプリの役割を同時に調整できます。
  6. Feedbackのお客様の場合は、ドロップダウンメニューから適切な権限グループを選択します。
  7. フォームの右下にある [変更を保存(Save Changes)]を選択します。

ユーザーを削除する

管理者ユーザーのみがサブスクリプションから他のユーザーを削除できます。管理者は自身を削除することはできません。サブスクリプションからユーザーを削除する方法は、以下のとおりです。

  1. [設定]>[ユーザー]に移動します。
  2. ユーザーを見つけてカーソルを合わせます。
  3. 行の最後にあるゴミ箱アイコンを選択します。
  4. [ユーザーを削除(Remove User)]を選択します。

ユーザーを削除すると、以下のようになります。

  • 削除されたユーザーが作成したガイド、公開レポート、セグメントはすべてPendoに残りますが、作成者はそれらを表示または編集するサブスクリプションにアクセスできなくなります。
  • 削除されたユーザーが可視性を[自分のみ(Only Me)]に設定していたセグメントやレポートは表示されなくなります。
  • 削除されたユーザーがガイド、セグメント、レポートを作成していた場合、そのユーザー名は作成者として引き続き表示されます。
  • 削除されたユーザーが作成したレポートやダッシュボードを他のユーザーが編集することはできませんが、管理者ユーザーはレポートやダッシュボードを削除できます。

削除されたユーザーがそのアカウントにSalesforceまたはHubSpotとのインテグレーションを設定していた場合、日次の同期が中断されないよう、ユーザーを別のアカウントに切り替えることをお勧めします。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています