モバイルデバッガーを使用する

最終更新日:

モバイルデバッガーツールはPendoの管理者がアクセスすることができ、ページのタグ付けのためにデバイスをアプリに接続するのと同じように、アプリケーションをPendoに接続できます。デバッガーは、Pendoに送信されるイベントをリアルタイムで監視します。これは、setDebugMode()コードレベルAPIを使用する代わりに使用でき、アプリケーションのソースコードを編集することなく、トラブルシューティングの目的でUIから直接イベントを監視することができます。

注:デバッガーに接続して使用するには、有効なセッションが必要です。接続できない場合、またはUIに有効なメタデータが表示されない場合は、デバイスを接続する前に、インストールフローでstartSession ()が呼び出されるように、まずアプリケーションにログインしていることを確認してください。

デバッガーが動作するには、アクティブなセッションが必要です。インストールの「pendoSDK.setup」のフェーズ中またはその前に発生した問題をデバッグするには、デバッグAPIを使用する必要があります。デバッグAPIの使用に関する詳細については、モバイルAPIドキュメントを参照してください。

モバイルデバッガーにアクセスする

サブスクリプションの管理者は、以下の手順でデバッガーにアクセスできます。

  1. [設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。
  2. [サブスクリプション設定(Subscription Settings)]ページで、[アプリケーション(Applications)]タブを選択します。
  3. トラブルシューティングするアプリを選択します。
  4. [アプリの詳細(App Details)]ページの [基本設定(Basic Settings)][デバッグ(Debug)]を選択します。

デバッガーを使用する

デバッガーにアクセスしたら、デバイスをデバッガーに接続できます。デバイスの接続を求めるモーダルが表示されます。QRコードをスキャンして接続することもできます。デバイスのカメラを使用できない場合は、ペアリングリンクをコピーしてデバイスのブラウザに貼り付けることもできます。

デバイスが正常にペアリングされると、虫眼鏡の付いたPendoアイコンがデバイスの画面に表示されます。

このアイコンが表示されない場合、または虫眼鏡が表示されない場合は、デバイスが接続されていないか、デバッグモードになっていません。有効なセッションがあることを確認し、アプリケーションが起動し、アプリケーションにログインしていることを確認してから、もう一度試してください。

デバッガーに表示される情報を解釈する

アプリが正常に接続されると、デバッグツールには[ログ(Logs)][イベント(Events)][デバイス情報(Device Info)]の3つのタブが表示されます。各タブには、現在のセッションに関するさまざまな情報が表示されます。

デバイス情報

[デバイス情報]タブには、デバッグセッション中に受信した最新のイベントに基づいて、現在の訪問者IDアカウントID、アプリのバージョン、およびデバイス情報が表示されます。訪問者IDまたはアカウントIDがない場合は、アプリケーションを操作してイベントを生成します。[デバイス情報]ページには、作成したエージェントのメタデータ値は含まれません。

イベント

[イベント]タブには、Pendo One UIでアナリティクスデータを表示するために使用されるアナリティクスイベントタイプが表示されます。イベントタイプを選択すると、そのイベントの詳細を表示できます。イベントタイプには以下が含まれます。

ナビゲーションアナリティクス:

  • RAScreenView - 画面表示時に送信されます。
  • RAScreenLeft - 画面を離れる(例:別のアプリケーション画面に移動する)ときに送信されます。
  • RAClick - 要素をクリックしたときに送信されます。

ガイドアナリティクス

  • guideReceived - そのセグメントにガイドが定義されている場合に、初期化時に送信されます。
  • guideSeen - ガイドが表示されたときに送信されます。
  • guideActivity - アクションボタン(例:「次のステップ」)をクリックしたときに送信されます。
  • guideAdvanced - ガイドステップから離れるときに送信されます。
  • guideNotSeen - セグメントの対象となるガイドが、障害(ガイドコンテンツのダウンロードにインターネット接続が不十分、ガイド画像のエラーなど)またはガイドの順序/スロットリング構成で他のガイドが上位であったために表示されなかったときに送信されます。
  • guideDismissed - ガイドを閉じるとき、または自動的に閉じられるときに送信されます。
  • pollResponse - 訪問者が投票とアンケート調査に回答したときに送信されます。
  • guideSnoozed - ガイドのスヌーズ(Snooze Guide)アクションを含むガイドボタンをクリックすると送信されます。

その他のアナリティクス

  • UpdateUserAttributes - 新しい訪問者のメタデータ属性を設定したときに送信されます。
  • UpdateAccountAttributes - 新しいアカウントメタデータ属性を設定したときに送信されます。
  • AppSessionStart - 新しいセッションが開始されたとき、または現在のセッションに新しいvisitorIdが設定されたときに送信されます。
  • AppSessionEnd - 新しいセッションが終了したとき、または新しいvisitorIdを設定したときに送信され、以前のvisitorIdのセッションが実質的に終了します。SDKはアプリケーションが終了するとイベントを送信しないため、このイベントは次のセッション中に送信される可能性があります。
  • AppInBackground - アプリケーションをバックグラウンドに移動した時に送信されます。
  • AppInForeground - アプリケーションをフォアグラウンドに移動した時に送信されます。
  • TrackEvent - トラックイベントが発生したときに送信されます。

ログ

[ログ]タブには、Pendo One UIに表示されるアナリティクスに関連するイベントだけでなく、Pendoに送信されるSDK関連のすべてのアクティビティが表示されます。ログページの右上で、これらのログをフィルタリングできます。ログは、警告(Warnings)エラー(Errors)情報(Info)詳細(Verbose)(すべてのログをまとめたコレクション)でフィルタリングされます。

デバッガーのユースケースの例

ユースケースの例としては、以下のようなものがあります。

  • Pendoがページやフィーチャーのページ閲覧数とクリックイベントを認識しているかどうかを確認したい。
  • ユーザージャーニーのある時点で、訪問者にどのようなメタデータが追加されているかを確認したい。
  • トラックイベントが期待どおりに送信されているかどうかを確認したい。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています