ページおよびアプリ滞在時間の計算

最終更新日:

この記事では、訪問者がアプリ内のページを操作するのに費やした時間のPendoでの計算方法、およびそのデータをPendoで確認できる場所について説明します。

アプリ滞在時間の計算方法

訪問者が特定のページまたはアプリケーション全体で費やした時間を正確に表すために、Pendoはイベントのタイムスタンプに基づいてアクティビティを測定します。

訪問者がアプリをバックグラウンドで開いている場合や非アクティブなブラウザタブで開いている場合など、アクティブな操作が行われずに経過した時間はアクティビティとして計算されません。つまり、訪問者がブラウザイベントを通じてアクティビティを登録していない場合、時間を記録することなくPendoにログインしている可能性もあります。

訪問者がアプリに費やす時間を計算するために、訪問者のアクティビティは1分単位で追跡されます。その仕組みは以下のとおりです。

  • 訪問者がログインまたはアプリの使用を開始すると、滞在時間のカウントを1分から開始します。
  • クリック、フォーカス、その他のブラウザイベントなど、訪問者がアプリを操作する時間が1分増えるごとに、合計時間に1分が加算されます。これにより、ユーザーがアプリにアクティブに関与した時間のみがカウントされます。
  • 訪問者が非アクティブになり、アプリを1分間操作しなかった場合、訪問者が再度アクティブになるまで時間のカウントを停止します。
  • 訪問者ごとにアクティブな時間と非アクティブな時間を追跡します。
  • 訪問者が複数のブラウザタブからアプリにアクセスする場合、すべてのタブにわたる訪問者のアクティビティをひとつに統合します。

注:特定のアプリの時間計算にトラックイベントを含めるかどうかは、ユーザーの選択次第です。デフォルトでは、訪問者のアプリ滞在時間を計算する際に、トラックイベントは考慮されません。詳細については、この記事のトラックイベントを参照してください。

以下は、Bobという名前の訪問者がアプリ内でどのように時間を費やしたかを示す簡単な例です。

訪問者ID アカウントID イベント イベントの時刻
Bob Foo ページの読み込み 12:00
Bob Foo フィーチャーのフォーカス 12:00
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:01
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:02
Bob Foo ページの読み込み 12:03
Bob Foo フィーチャーのフォーカス 12:03
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:03
Bob Foo フィーチャーのフォーカス 12:04
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:05
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:05

訪問者がアプリ内で1分以内に複数のイベントを生成した場合でも、アクティビティの合計時間(分)のみがカウントされます。上記の例では、Bobは合計10件のイベントを生成しています。しかし、イベントがアクティブだった時間は12:00から12:05の間であるため、アクティブ時間は合計6分として計算されます。

複数のアカウントID

訪問者が複数のアカウントに関連付けられていて、1分以内に別のアカウントに切り替えた場合、新しいアカウントでのインタラクションは別個の時間としてカウントされます。これにより、すべてのイベントが各訪問者IDおよびアカウントIDと正しく紐づくようになります。

Bobの異なるインタラクションの例を見てみましょう。

訪問者ID アカウントID イベント イベントの時刻
Bob Foo ページの読み込み 12:00
Bob Foo フィーチャーのフォーカス 12:00
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:01
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:02
Bob Foo フィーチャーのクリック 12:03
Bob Bar ページの読み込み 12:03
Bob Bar フィーチャーのフォーカス 12:03
Bob Bar フィーチャーのフォーカス 12:04
Bob Bar フィーチャーのクリック 12:05
Bob Bar フィーチャーのクリック 12:05

上記の例では、BobはアカウントIDを「Foo」から「Bar」に切り替え、1分以内に両方のアカウントでイベントを生成しています。その結果、12:00から12:03までの「Foo」に関連付けられた4分間のアクティビティと、12:03から12:05までの「Bar」に関連付けられた3分間のアクティビティを合算して、アクティブ時間は合計7分となります。

各アカウントでの訪問者のエンゲージメントを正確に反映するために、各イベントが訪問者とその訪問者に関連付けられているアカウントの両方に正確に紐づくよう計算します。この手法では、すべてのイベントが訪問者IDとアカウントIDの両方に関連付けられているため、訪問者がアカウントを切り替える際の重複排除を防ぐことができます。

トラックイベント

アプリケーション設定の[トラックイベントをアプリ滞在時間としてカウント(Count Track Events as time in app)]では、トラッキングイベントをアプリケーションでの訪問者またはアカウントの時間にカウントするかどうかを制御します。これには、日別アクティブユーザー(DAU)、週別アクティブユーザー(WAU)、月間アクティブユーザー(MAU)などの指標が含まれます。

デフォルトでは、この設定はオフになっており、トラックイベントは時間の計算にカウントされません。アプリケーションでこの設定をオンにすると、そのアプリケーションで受信したすべてのトラックイベントに適用されます。一部のトラックイベントでのみオンにし、他のトラックイベントではオンにすることはできません。

サーバー側のトラックイベントは、タイムスタンプを含めるように設定する必要があります。これにより、トラックイベントがどの60秒のウィンドウに該当するかをPendoが確認できるようになります。

たとえば、[トラックイベントをアプリ滞在時間としてカウント]をオンにしているアプリで、Bobが1日に3つのイベントを発生させたとします。

  • 午前7時45分のページ読み込み。
  • 午前7時45分のトラックイベント。
  • 午後4時5分にイベントを見たガイド。

Bobが経験したイベントはこの3つのみで、60秒の2つのウィンドウで発生したため、アプリで費やされた合計時間は2分としてカウントされます。

TrackEventTimeOnAppVisual.png

この設定は遡及的ではありません。トラックイベントは、この設定がオンのときに受信された場合にのみ、時間の計算にカウントされます。

Pendo管理者は、[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]>[アプリケーション(Applications)]に移動し、関連するアプリを開いて、[基本設定(Basic settings)]セクション内の関連するチェックボックスを選択することで、この設定をオンまたはオフにできます。

AppSettings_CountTrackEventsAsTimeInApp.png

時間の計算結果を表示する

時間の測定に使用する主な指標は、ページ滞在時間、アプリ滞在時間、サイト滞在時間の3つです。

Pendoでは、各時間の最初の15分間にアナリティクスデータが更新されることに留意してください。これにより、最新の訪問者のインタラクションデータの表示に最大75分の遅延が発生する可能性があります。

ページの滞在時間

ページ滞在時間は、訪問者が特定のページに費やした合計分数を示します。これは、以下の場所で確認できます。

  • セグメントビルダー:セグメントにルールを追加する場合は、特定の[ページ(Page)][ページ滞在時間(Time on Page)]を選択します。
    Segment_TimeOnPage.png
  • 訪問者およびアカウントのレポート:レポートに列を追加する場合は、特定の[ページ][ページ滞在時間(分)(Time on Page (minutes))]を選択します。

また、訪問者が特定のページに費やす1日あたりの平均時間を以下の場所で確認できます。

  • ページ一覧:[プロダクト(Product)]>[ページ]に移動して、ページのリストにある[1日あたりの時間(Time Per Day)]の列を確認します。テーブルに列が表示されない場合は、テーブルの右上にある[列を管理(Manage columns)]アイコンを選択し、必要に応じて列を追加または並べ替えます。
    Pages_TImePerDay.png
  • ページの詳細指標:[プロダクト]>[ページ]から特定のページを選択します。主要な指標では、ページ上部にあるフィルターに基づいて、訪問者がそのページで費やした1日あたりの[平均時間(Average Time)]が表示されます。
    PageDetails_AverageTime.png
  • ページ詳細面グラフ:[プロダクト]>[ページ]から特定のページを選択します。主要な指標の下にある面グラフで、グラフヘッダーのドロップダウンオプションから[ページの平均滞在時間(Average time on page)]を選択すると、訪問者がそのページで費やした平均時間に関するトレンドデータが表示されます。グラフヘッダーのこのデータと頻度のオプション(日次、週次、月次)は、ページ上部のフィルター設定に基づいて調整されます。
    PageDetails_AverageTimeOnPage.png

注:訪問者またはアカウントのページ滞在時間がイベント数なしで表示される場合があります。 これは、ページ読み込みイベントなどの特定のイベントが指定された期間内に記録されない場合、または訪問者のアクティビティがページの再読み込みなしで複数のセッションにまたがっている場合に発生する可能性があります。

アプリの滞在時間

アプリ滞在時間は、訪問者が特定のアプリ内の任意のページに費やした合計分数を示します。これは、以下の場所で確認できます。

  • 週別のアプリ合計滞在時間(Total Time On App Per Week):このダッシュボードウィジェットでは、選択した日付範囲に応じて、訪問者がアプリに費やした合計時間を日次、週次、または月次で追跡できます。デフォルトでは、このウィジェットはすべてのアプリのアプリ滞在時間(サイト滞在時間と同様)を追跡しますが、必要に応じてアプリのフィルターを更新できます。
    Dashboard_TotalTimeOnAppPerWeek_TimeOnApps.png
  • 訪問者およびアカウントのレポート:レポートに列を追加する場合は、[アプリ滞在時間(分)(Time on App (minutes))]を探して選択します。
    VisitorReport_TimeOnApp.png
  • 訪問者およびアカウントの概要:各ページの上部にある指標で[1日の平均アプリ滞在時間(Avg. daily time on apps)]を確認できます。
    Visitors_AvgDailyTimeOnApps.png

アプリのフィルターを[すべてのアプリ(All Apps)]に設定して、アプリ滞在時間を確認します。サイト滞在時間の確認も同様です。

サイトの滞在時間

サイト滞在時間は、訪問者が任意のアプリの任意のページに費やした合計分数を示します。これは、以下の場所で確認できます。

  • セグメントビルダー:セグメントにルールを追加する場合は、訪問者またはアカウントデータの[サイト滞在時間(Time on Site)]を選択します。
    Segment_TimeOnSite.png
  • フィルターを[すべてのアプリ]に設定すれば、いつでもアプリ滞在時間を確認できます。

リプレイの時間計算

上記で説明した時間の計算に対し、セッションリプレイ中は異なる方法で時間が測定されることに留意してください。リプレイ期間の評価には、アクティブな時間と非アクティブな時間の両方を考慮します。

ReplayLibrary_Duration.png

ページ、アプリ、およびサイトの滞在時間とは異なり、セッションリプレイの期間は、訪問者が1つの「セッション」でアプリを操作した合計時間として測定されます。

「セッション」は、訪問者の非アクティブタイムアウト時間に達した時点(リプレイ設定で設定)、訪問者がブラウザタブを閉じた時点、別の訪問者IDまたはアカウントIDに切り替えた時点のうち、いずれか早いタイミングで終了します。訪問者が複数のブラウザタブまたはデバイスを介してアプリにアクセスした場合、これらのインスタンスは別々のセッションとみなされ、異なるリプレイとしてキャプチャされます。

この記事は役に立ちましたか?
8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています