イベントのプロパティ

最終更新日:

この記事では、各タイプのイベントプロパティと、イベントプロパティを使用してPendo Engageでレポートを作成する方法について説明します。

Pendoは、訪問者がアプリケーション内で行うアクションを記録し、このデータをイベントの生データとして保存します。これらのイベントの例としては、訪問者がフィーチャーをクリックしたとき、ページを表示したとき、トラックイベントを生成したとき、ガイドを操作したときなどがあります。

イベントプロパティは、イベントが発生した時点でイベントに関連付けられている情報です。レポートやセグメントでイベントプロパティを使用することで、訪問者の経時的なアプリ使用状況を絞り込み、分析することができます。

イベントプロパティの種類

イベントプロパティには、グローバルとカスタムの2種類があります。この2種類のイベントプロパティの主な違いは、共通イベントプロパティがすべてのイベントで取得されるのに対し、カスタムイベントプロパティは特定のクリックイベントやトラックイベントで取得されることです。それぞれついて、以下で詳しく説明します。

グローバルイベントプロパティ

グローバルイベントプロパティは、アプリケーションで発生するすべてのイベントに対して収集される詳細です。グローバルイベントプロパティには、デバイスデータ履歴メタデータの2つのサブセットがあります。

デフォルトでは、すべてのイベントでデバイスデータが収集されます。

  • ウェブアプリ:ブラウザ名、ブラウザのバージョン、デバイスタイプ、オペレーティングシステム
  • モバイルアプリ:デバイスモデル、OSのバージョン、デバイスタイプ、オペレーティングシステム、アプリバージョン(顧客のアプリバージョン)、SDKバージョン(Pendo SDKバージョン)

履歴メタデータは、ユーザーメタデータとして発信されるデータですが、この値が[設定(Settings)]>[データマッピング(Data Mappings)]で履歴として有効になっていると、イベントプロパティとして機能します。詳細については、履歴メタデータを参照してください。

注:イベントプロパティにおけるデバイスとブラウザの使用状況は、デフォルトのメタデータフィールドである「最新のブラウザ名」および「最新のオペレーティングシステム」とは異なります。メタデータは、(履歴メタデータとして有効になっているメタデータでない限り)Pendoによって処理された最後のイベントの値を示します。イベントプロパティは、これまでのすべてのイベントについて、イベントが保存された時点の値を示します。これにより、イベントプロパティを分析して履歴値を表示し、フィーチャー、ページ、トラックイベント、もしくはガイドイベントが記録されたときに訪問者がアプリをどのように使用していたかについてのコンテキストを提供できます。

カスタムイベントプロパティ

カスタムイベントプロパティは、アプリケーションで特定のイベントが発生したときに収集される詳細情報です。カスタムイベントプロパティのサブセットには、クリックイベントプロパティトラックイベントプロパティの2つがあります。

Pendoがカスタムイベントプロパティを取得する前に、ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でタグ付けされたフィーチャーを編集するとき、またはトラックイベントを設定するときに、これらのカスタム値を設定する必要があります。

カスタムイベントプロパティは特定のアプリやニーズによって異なりますが、一般的な例としては、カートの金額、場所/地域、訪問者のソース、またはクリック時にアプリで利用可能なその他のカスタム値があります。

注:サブスクリプションでは、一意のカスタムイベントプロパティを最大1,000件持つことができます。

 [設定] > [イベントプロパティ]から、すべてのカスタムイベントプロパティにアクセスできます。クリックイベントプロパティとその設定方法の詳細については、クリックイベントプロパティを参照してください。トラックイベントの設定方法の詳細については、トラックイベントの設定を参照してください。

プロダクトデータ内のイベントプロパティ

特定のページ、フィーチャー、またはトラックイベントの詳細を表示すると、そのイベントについて記録されたイベントプロパティの値にアクセスできます。

  1. これらの詳細を表示するには、Pendo Engageの左側のナビゲーションメニューにある[プロダクト(Product)]タブに移動し、[ページ(Pages)][フィーチャー(Features)]または[トラックイベント(Track Events)]を選択します。

    Product_NavMenu.png

  2. リストから特定のページ、フィーチャー、またはトラックイベントを選択します。
  3. ページの下部にある[イベントの詳細(Event Breakdown)]表を見つけます。

    PageDetails_EventBreakdown.png

    この表には適用されているすべてのフィルターが反映され、選択したページ、フィーチャー、またはトラックイベントと対応するユーザーに関連するすべてのイベントプロパティの値が表示されます。また、重複する値とnull値は除外されます。対応する詳細ページを表示するには、この表で訪問者またはアカウントIDを選択します。

表には最大5,000エントリが表示されますが、[CSVをダウンロード(Download CSV)]オプションには、さらに深い分析を行うためのイベントプロパティがすべて含まれています。

データエクスプローラのイベントプロパティ

データエクスプローラのイベントプロパティを使用すると、イベントプロパティフィルターとグループ化を使用して、共通の値で分析をフィルタリングまたはグループ化できます。

注:イベントプロパティタイプが時間である場合、データエクスプローラでこのデータをフィルタリングしたりグループ化したりすることはできません。サポートされているのは、文字列型、ブール値型、数値型のみです。

イベントプロパティフィルター

イベントプロパティフィルターを使用すると、確立されたイベントプロパティによって使用状況データをフィルタリングできます。ドロップダウンメニューには最大400の異なる値が表示され、プロパティ値の全範囲を検索できます。

DataExplorer_EventLevelFilters.png

イベントプロパティフィルターを適用する方法はいくつかあります。

  • フィーチャーのクリックイベント、ページ閲覧イベント、トラックイベントのイベントレベルで適用する特定のイベントのデータを表示したり比較したりする場合は、これらのイベントに対してイベントプロパティフィルターを使用します。フィーチャーのクリックイベントとトラックイベントにフィルターを配置する場合、グローバルイベントプロパティとカスタムイベントプロパティの両方がサポートされます。
  • 1つまたは複数のアプリにわたる「任意のアクティビティ」イベントで適用する。 アプリレベルで使用状況を把握したい場合は、これらのイベントに対してイベントプロパティフィルターを使用します。「任意のアクティビティ」のデータを表示する場合、グローバルイベントプロパティのみがサポートされます。
  • レポートレベルで適用する。[レポートフィルター(Report Filters)]セクションを使用して、個々のイベントではなく、レポートで選択されたすべてのイベントにイベントプロパティフィルターを適用します。

注:カスタムイベントプロパティは、構成されているイベントにのみ表示されます。

グループ化

クエリビルダーの[グループ化(Group By)]フィールドには、ブール値または文字列データ型であるすべてのグローバルイベントプロパティとカスタムイベントプロパティが含まれます。イベント属性でグループ化すると、ターゲットセグメントと日付範囲のイベントの内訳が、各値の小計と共に表示されます。たとえば、デバイスのタイプ別にページ閲覧イベントをグループ化すると、デスクトップ、タブレット、モバイルデバイス、またはボットで生成された閲覧数が表示されます。

下の画像では、OSバージョン別にモバイルフィーチャーのクリックイベントをグループ化すると、それぞれで生成されたクリック数が表示されていることがわかります。

GroupByExample.png

注:データエクスプローラでのイベントプロパティの使用について詳しくは、データエクスプローラを参照してください。

セグメントのイベントプロパティ

セグメントを作成するときにイベントプロパティを使用して、分析における対象セグメントの特異性を高めることができます。特定のデバイスプロパティを使用して、フィーチャーのクリック数、ページ閲覧数、トラックイベントを使用したユーザー、または使用しなかったユーザーをフィルタリングする、より具体的なセグメントを作成します。

ドロップダウンメニューには最大400の異なる値が表示され、プロパティ値の全範囲を検索できます。

以下の画像の例では、過去30日以内に[コミュニティ検索バー(Community Search Bar)]で[常に有効(always activate)]を検索したすべての訪問者を対象に作成されたセグメントを確認できます。

Engage_Segments_ClickEventProperty.png

注:イベントプロパティタイプが時間である場合、このデータをセグメント化することはできません。サポートされているのは、文字列型、ブール値型、数値型のみです。また、イベントプロパティを使用するセグメントでガイドをターゲットにすることはできません。詳細については、セグメントを参照してください。

イベントプロパティとAPI

シナリオによっては、Pendo UIで提供されるものよりも幅広いレポート機能が必要になる場合もあるでしょう。たとえば、以下のようなレポート機能が求められる場合です。

  • 数値または時間ベースのデータを軸に、イベントプロパティにグループ化を適用する。
  • 値が10,000を超えるイベントプロパティのレポートを作成する。
  • 特定のクリックイベントまたはトラックイベントで、複数のイベントプロパティに関するレポートを同時に作成する。
  • 履歴データ全体をエクスポートする。

このような場合、PendoのV1 API、具体的にはソースとなるtrackEventsまたはfeatureEventsを持つアグリゲーションエンドポイントを活用することが有効です。APIコールをご自身で作成したくない場合は、サードパーティのツールを使用してこのAPIからPendoデータを取得することもできます。その他のリソースや情報については、APIドキュメントを参照いただくか、Pendo APIの設定とエンドポイントに関するPendoアカデミーのコースにお申し込みください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています