イベントの概要

最終更新日:

Pendoがインストールされているアプリで訪問者がアクションを起こすと、イベントが生成されます。イベントはPendoエージェントを介して送信されます。 こうしたアクションには、ページの読み込みイベント、フィーチャーのクリックイベント、フォーカスイベント、Pendoのトラックイベント、ガイドイベントなどがあります。 Pendoでは、これらのイベントを記録および使用することで、ユーザーがアプリをどのように使用しているかをお客様がより深く理解できるよう支援します。

イベントの生データ

イベントの生データは、処理されていない、生のイベントデータです。Pendoの管理者であれば、アプリの設定画面にある[イベントの生データ(Raw Events)]タブからこのデータにリアルタイムでアクセスできます。

イベントの生データにアクセスするには、[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]>[アプリケーション(Applications)]に移動し、リストからアプリを選び、[イベントの生データ]タブを選択します。

[イベント(Events)]テーブルでは、各イベントに対応するブラウザ時間、エージェントのバージョン、訪問者ID、アカウントID、イベントタイプ、リモートIPアドレス、ブラウザおよびOS、URL、アプリを確認できます。このページに表示されるイベントの種類については、ブラウザのイベントPendoのイベントを参照してください。

AppSettings_RawEvents.png

イベントの生データが表示されない場合は、アプリから大量のイベントを受信している可能性があります。 この場合、ページの上部に[記録を開始(Start Recording)]というオプションのあるバナーが表示されます。 これを選択すると、Pendo UIでイベントの生データの記録を開始する指示がPendoエージェントに送られます。 訪問者が間違いなくアプリを使用しているのに、このオプションが表示されない場合は、Pendoサポートにお問い合わせください。

ヒント:[イベントの生データ]ページの情報は、Pendoを初めてインストールした後、イベントが期待どおりに取り込まれていることを確認するのに特に役立ちます。また、より包括的なイベントログを確認したい場合は、Pendoのデバッガーツールを使ってテストすることもできます。

Pendoはこのデータを毎時間の初めに処理し、毎時終了後15分以内に、処理されたイベントデータでUIを更新します。

イベントタイプ

イベントはPendoでのアナリティクスの基盤になります。イベントデータの収集は、Pendoがアプリケーションにインストールされた瞬間から始まります。 Pendo UIに表示される主なイベントタイプは、ページ、フィーチャー、およびトラックイベントです。

ページとフィーチャー

ページフィーチャーはPendoの設定で、イベントデータのラベルやフィルターの役割を果たします。 ページとフィーチャーに「タグ」を付けるときは、Pendo UIにどのイベントを表示するかをルールとして定義します。

  • ページの読み込みイベントは、ページルールに一致するURLを訪問者が読み込んだ場合に記録されます。 ページルールは、個別のURLまたはURLのグループとして指定できます。
  • フィーチャーのクリックイベントは、フィーチャールールに一致する要素を訪問者が操作したときに収集されます。 フィーチャールールは、特定のCSSセレクターを使用して作成します。アナリティクスに表示されるのは、既存のフィーチャータグに紐付けられたクリックイベントのみになります。

ページとフィーチャーのデータは遡って収集されるため、Pendoデータに悪影響を与えることなくタグを変更または削除できます。

トラックイベント

トラックイベントは、プログラムでPendoに送信される点で、ページやフィーチャーとは異なります。そのためトラックイベントは、開発者が設定する必要があり、また遡って収集されるものではありません。トラックイベントを使用すると、フィーチャーのクリックイベントまたはページの読み込みイベントとして自動的に収集されないインタラクションを収集できます。

イベントのプロパティ

すべてのイベントには、そのイベントが発生した時点の詳細であるイベントプロパティが存在します。グローバルイベントプロパティは、デフォルトですべてのイベントを対象に収集されます。一方でカスタムイベントプロパティは、特定のフィーチャーおよびトラックイベントに対して設定します。 レポートやセグメントでイベントプロパティを使用することで、訪問者の経時的なアプリ使用状況を絞り込み、分析することができます。

EventStructure.jpg

ページにもカスタムイベントプロパティを設定することはできますが、現在のところその用途はタグ付け目的のみに限定されています。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています