チームの管理:Feedbackでの役割と権限

Pendo Feedbackは、社内チームメンバーがどの機能を利用できるか、たとえば、どの程度データを編集・更新できるか、顧客とのコミュニケーションが可能か、データを閲覧できるかなどを、役割ベースで管理する権限を提供します。

社内ユーザーをFeedbackに招待する場合、あらかじめ定義された権限を持つデフォルトの役割のいずれかを割り当てるか、または独自の役割を作成して権限を調整することができます。既存の役割については、以下のデフォルトの役割を参照してください。カスタム役割を使用する場合は、社内ユーザーを招待する前に、これらの役割を作成する必要があります。

Feedbackの役割と権限を設定し、チームユーザーを招待するには、[フィードバック(Feedback)]>[設定(Settings)]>[プロダクト設定(Product Settings)]>[チームの管理(Manage Team)]に移動します。

利用者数に応じた価格

特定の権限を持つユーザーは、利用者数に応じた価格モデルにおいて利用者数にカウントされます。この価格モデルでは、より多くのアプリにPendoを追加できます。

以下の課金対象の権限を使用する役割に割り当てられたユーザーに対してのみ課金されます。

  • リクエストを編集する権限。
  • リクエストのステータスを変更する権限。
  • チームメンバーにリクエストを割り当てる権限。
  • 訪問者にメールを送信する権限。

デフォルトのフィードバックマネージャー管理者の役割には、それぞれこれらの権限の一部または全部が含まれているため、この価格モデルでは「利用者」としてカウントされます。詳しくは、デフォルトの役割をご覧ください。

注:現在フィードバックをご利用のお客様は、更新時に利用者数に応じた料金モデルに移行されます。

権限一覧

役割は、[フィードバック(Feedback)]>[設定(Settings)]>[プロダクト設定(Product Settings)]>[チームの管理(Manage Team)]>[役割の管理(Manage roles)]で管理します。各役割には、一連の権限が含まれています。これらの権限は以下の通りです。

  • [アプリ(Apps)]>[アプリの設定(App Settings)]。この権限のチームユーザーはFeedbackでアプリを編集できます。
  • リクエスト(Requests)。この権限グループのチームユーザーは、リクエストの追加、編集、割り当てができます。
  • 訪問者(Visitors)。この権限グループにより、チームユーザーはメールを訪問者に送信したり、フィードバックで訪問者を作成したり、訪問者レコードを編集したりできます。
  • チーム(Team)。この権限グループのチームユーザーは、同僚の招待、チームユーザーレコードの削除、チームユーザーレコードの編集ができます。
  • [設定(Settings)]>[ベンダー設定(Vendor Settings)]。この権限のチームユーザーは、ブランディング、訪問者名、タイムスタンプ、リクエストフォーム、およびステータスレスポンスを含む、顧客向け機能をカスタマイズすることができます。
  • [ロードマップ(Roadmaps)]>[ロードマップの編集(Edit Roadmaps)]。この権限のチームユーザーは、ロードマップを作成、編集、削除できます。
  • プロダクト全体の設定(Product wide settings)。この権限グループのチームユーザーは、リクエストの労力の表示、財務データの表示、新しいタグの作成を行うことができます。

List_of_permissions.png

アプリ

この権限のチームユーザーはFeedbackのアプリを編集できます。アプリは共通のPendoの設定で管理されます。アプリを変更するには、Pendoの設定の共通の管理者権限が必要です。

リクエスト

これらの権限のチームユーザーは、リクエスト管理に関して次のいずれか、一部、またはすべてを実行できます。

  • ステータスの変更(Change status)。リクエストのステータスを変更します。メールが有効になっている場合、ステータスが変更されると、リクエストを購読しているすべてのユーザー(顧客を含む)にメールで通知されます。
  • リクエストの提案とインポート(Suggest and import requests)。送信フォームから、またはCSVファイルでインポートすることで、新しいリクエストを追加できます。社内ユーザーにこの権限を与えることで、顧客や見込み客に代わって権限を追加することができます。
  • チームメンバーへのリクエストの割り当て(Assign Requests to Team Members)。同僚にリクエストを割り当てることができます。
  • コメントの編集(Edit comments)。社内ユーザーまたは顧客ユーザーが残したコメントの編集や削除を行うことができます。
  • リクエストの編集(Edit requests)には以下が含まれます。
    • リクエストフィールド(タイトルと説明)
    • 添付ファイル、アプリ、プロダクトエリア、およびタグの追加および削除
    • リクエストのプライベート化
    • リクエストのマージ
    • リクエストの削除
    • 労力の設定。ユーザーが編集するために労力バーを見ることができるように、権限の[プロダクト全体の設定(Product wide settings)]グループで[労力の表示(Show effort)]も選択する必要があることに注意してください。

訪問者

これらの権限のチームユーザーは、訪問者に対して次のいずれか、一部、またはすべてを実行できます。

  • 訪問者へのメールの送信。これには、メール通知を有効にする必要があります。
  • 訪問者の招待。手動で以下を作成できます。
    • 訪問者。手動で作成された訪問者は、インストール時またはSalesforceで作成されたレコードにリンクされず、重複が作成されるため、テスト中にのみ訪問者を作成することを強くお勧めします。
    • 見込み客。Salesforceの商談を使用して需要を追跡している場合を除き、手動で作成する必要があります。
  • 訪問者の編集(Edit visitors)。言語設定、タグ、優先順位、メール設定など、訪問者レコードを編集できます。

チーム

Feedbackでチーム権限を付与できるのは管理者のみです。これらの権限のチームユーザーは、同僚に対して次のことを行うことができます。

  • チームの招待(Invite team)(管理者のみ)。同僚をFeedbackアプリに招待できます。
  • チームの編集(Edit team)(管理者のみ)。チームメンバーへのタグの追加、デフォルト言語の編集、メール設定の更新など、チームユーザーのレコードを削除・編集することができます。

設定

[設定(Settings)]>[ベンダー設定(Vendor Settings)]を選択し、チームユーザーがFeedbackのプロダクト設定にアクセスできるようにすることで、顧客がフィードバックをどのように表示するかを制御し、以下のような顧客向け機能をカスタマイズできるようになります。

  • ブランディングとアピアランス
  • 訪問者名
  • タイムスタンプ
  • リクエストフォーム
  • ステータスレスポンス

これらの権限によってアクセスできる設定の一覧は、Pendo Feedbackの設定を参照してください。

ロードマップ

チームユーザーがロードマップを作成、編集、削除できるようにします。詳しくは、Pendoロードマップ(旧)を参照してください。

プロダクト全体の設定

チームユーザーが、以下のいずれか、一部、またはすべてを行うことができるかどうかを選択するための権限セットです。

  • 労力バーの表示(Show effort bar)。リクエストの労力を表示します。これは主に、[労力と価値の比較(Effort vs Value)]レポートに使用されます。なお、この機能では、労力の設定や編集はできません。労力は、[リクエスト]グループの権限で[リクエストの編集]を選択すると設定できます。
  • 財務情報の表示(Show financial information)。年間経常利益(ARR)や機会価値など、顧客および見込み客に関連する財務データを表示できます。
  • 新しいタグの作成(Create new tags)。 この設定がないチームユーザーが使用できるのは既存のタグのみです。タグの使用方法の詳細については、Feedbackでのタグ付けを参照してください

デフォルトの役割

チームユーザーを初めてFeedbackに招待すると、次のデフォルトの役割から役割を選択できます。

  • 管理者
  • フィードバックマネージャー
  • フィードバック投稿者

重要:利用者数に応じた価格モデルでは、デフォルトで含まれる権限に基づいて、管理者およびフィードバックマネージャーの役割に対してのみ課金されます。フィードバック投稿者の役割は、上記の利用者数に応じた価格モデルで説明した特定の権限を追加しない限り、無料で追加することができます。

これらのデフォルトの役割は、権限の追加や削除によってカスタマイズすることができます。手順については、以下のカスタム役割を参照してください。

管理者の役割

管理者の役割には、すべての権限と、他のチームメンバーを招待および編集する独自の機能が含まれます。フィードバック管理者は、利用者数に応じた価格モデルにおいて利用者数にカウントされます。

フィードバックマネージャーの役割

デフォルトでは、フィードバックマネージャーは、利用者数に応じた価格において利用者数にカウントされます。この役割には、以下の権限が含まれています。これらの権限は、 カスタム役割の説明に従って編集することができます。

Screenshot_2022-08-19_at_12.30.08.png

*デフォルトのフィードバックマネージャーの役割に含まれる、課金される権限です。課金される権限の一覧は、 利用者数に応じた価格をご覧ください。

フィードバック投稿者の役割

フィードバック投稿者は、デフォルトでは無料でPendo Feedbackを利用できます。利用者数に応じた価格に記載されている権限を追加した場合、この役割は有料になります。デフォルトを変更しない場合、フィードバック投稿者の役割には以下の権限が含まれ、いずれも課金対象ではありません。

Screenshot_2022-08-19_at_12.32.54.png

カスタム役割の作成

使用可能なデフォルトの役割以外を使用する場合は、既存の役割をカスタマイズするか、新しい役割を作成することもできます。フィードバック管理者は、しばしばチームのメンバーシップに基づいて異なる役割を作成します。たとえば、プロダクトチームは、訪問者に代わってリクエストを追加する顧客対応チームよりも詳細な制御を必要とする場合があります。

カスタム役割を作成するには:

1. [設定]>[プロダクト設定]>[チームの管理]に移動します。

2. 表の上部にある[役割の管理]を選択します。

Feedback_ProductSettings.pngFeedback_ProductSettings_ManageTeam_ManageRoles.png

3. 編集する役割の一覧から既存の役割またはデフォルトの役割を選択するか、右上の[役割の作成(Create Role)]を選択して新しい役割を作成します。

4. 役割を編集します。

    • 既存の役割(またはデフォルトの役割)を編集する場合、適切に名前と権限を調整してください。
    • 新しい役割を作成する場合は、新しい役割に名前を付け、その役割を構成する権限を選択します。

ManageRoles_CreateRole.png

注意:特定の権限で構成される役割は、利用者数に応じた価格の利用者数にカウントされることに注意してください。その権限は次のとおりです。

  • リクエストの編集、リクエストのステータスの変更、チームメンバーへのリクエストの割り当てができる権限([リクエスト]で設定されています)。
  • 訪問者へのメールの送信権限([訪問者]で設定されています)。

5. 完了したら、ページの右下にある[更新(Update)]または[追加(Add)]を選択します。

CreateRole_Permissions.png

チームメンバーを招待する

チームメンバーを招待する前に、役割を作成します。手順については、カスタム役割を参照してください。使用したい役割がすべて揃ったら、次の操作を行います。

1. [設定]>[プロダクト設定]>[チームの管理]に移動します。

2. 右上の[Pendoの設定でユーザーを招待する(Invite user in Pendo Settings)]を選択します。Pendoの設定のメインページが表示されます。

Feedback_ProductSettings_ManageTeam_InviteUser.png

3. [Pendoの設定(Pendo Settings)]メインページで[+ユーザーの招待(+ Invite user)]を選択します。

4. ユーザーの詳細(名前とメールアドレス)を入力します。

5. インサイトとガイダンスへのアクセスに対するユーザーの権限を定義します。

注:Pendoのインサイトとガイダンスプラットフォームへのアクセスを許可しない限り、チームユーザーをFeedbackに追加することはできません。ただし、プラットフォームごとに異なる役割と権限を定義できます(ステップ5)。

UserPermissionSettings.png

6. [フィードバックへのアクセスの割り当て(Assign Feedback Access)]のドロップダウンメニューから役割を選択します。このメニューには、デフォルトの役割と、作成した他の役割が表示されます。

7.[ユーザーの招待(Invite user)]を選択します。

この後、新しいチームユーザーには、アカウントを有効化するための手順が記載されたメールが送信されます。

Screenshot_2022-08-12_at_14.09.09.png

既存の役割の権限を編集する

特定の役割を持つすべてのユーザーの権限を更新するには:

1. [フィードバック]>[設定]>[プロダクト設定]>[チームの管理]>[役割の管理]に移動します。

2. 編集する役割を選択します。

3. 変更を加え、フォームの下部にある[更新]を選択します。

既存のユーザーの役割を更新する

既存のユーザーの役割を変更するには、[フィードバック]>[設定]>[プロダクト設定]>[チームの管理]で該当するチームメンバーのレコードを探し、選択します。また、右上の[Pendoの設定でユーザーを招待する]を選択すると、[Pendoの設定]のメインページが表示され、ユーザーを見つけることができます。

または、UIの上部にある共通の検索バーを使用して[ユーザー(Users)]タブを選択します。ユーザーのプロフィールを見つけて開いたら、次の手順を実行します。

1. プロフィールカードの右上の[編集(Edit)]を選択します。

2. [役割(Role)]のドロップダウンメニューの右上にある[Pendoの設定で編集(Edit in Pendo Settings)]を選択します。

3. ユーザーを検索し、そのレコードを開きます。

4. 表示されたウィンドウで[ユーザーの編集(Edit User)]を選択します。

5. 関連する権限を更新し、完了したら右下の[ユーザーの保存(Save User)]を選択します。

TeamMemberProfile.png

EditRole.png