フィードバックでのタグ付け

タグ付けによって、アイデアの追跡やレポートのセグメント化を柔軟に行うことができるため、プロダクトの需要を詳細に分析できます。

タグ付けにより、データをグループ化できます。タグは、リクエスト、ユーザー(チーム、訪問者、見込み客)、およびアカウントに適用できます。これにより、簡単で効率的にデータを分析できます。

これらのタグを使用して、 Feedbackレポートでデータを詳しく調べることができます。たとえば、ヨーロッパを拠点とする企業ユーザーから最も多く寄せられたリクエストを表示できます。

タグの追加

すべてのユーザーや受け取ったフィードバックのすべてにタグ付けするのではなく、ユーザー、リクエスト、またはアカウントのグループに焦点を当てることをお勧めします。まずは小さいグループから始めて、フィードバックデータベース内のナレッジの差異を見つけながら、タグを追加していきます。

Pendo Feedbackでは、戦略的目標に基づいて、リクエスト、訪問者、チームユーザー、およびアカウントにタグを追加できます。詳細については、以下の記事をご覧ください。

タグを追加する最も簡単な方法は、自動タグ付けの設定をPendoスニペットの設定時に行うことです。さらに、フィードバックAPIを使用して後で自動タグ付けを設定することもできます。

自動タグ付けの設定

自動タグ付けでは、プロダクトからデータを取得し、Pendo Feedbackの訪問者とアカウントに自動でタグが追加されます。そうすることで、指定したユーザーやアカウントグループからのレポートやリクエストを表示できます。

Pendoスニペットを使用して、アカウントと訪問者に自動でタグ付けすることができます。

これが重要な理由
タグはレポートを詳細なレベルでセグメント化する柔軟な方法です。マニュアル入力しなくても、自動タグ付けにより、需要データに対するより深い分析とインサイトが得られます。

タグは柔軟性が高いため、お客様に合わせたタグの実装が可能です。アカウントのタグと訪問者のタグの例を以下に示します。

アカウント

  • 場所
  • サブスクリプションプラン
  • 契約期間
  • 会社の規模
  • アカウントオーナー

訪問者

  • ペルソナ
  • ジョブの役割
  • アクセスレベル

自動タグを設定すると、タグでグループ化した訪問者、アカウント、または商談相手の単位でプロダクトの需要を表示できます。

Pendoがすでにインストールされている場合は、アカウントと訪問者の新しい自動タグを既存のインストールスニペットに追加するか、またはhttp://apidoc.receptive.io/のAPIを使用して追加できます。

キー 説明
account.tags アカウントタグ Simple: ["automotive", "London"]
visitor.tags 訪問者タグカテゴリと関連タグ

Simple:["sales", "London"]

Tag categories: [{"title": [Engineer", "IT"]}]

 

 

タグのカテゴリー

カテゴリによって、Pendo Feedbackの[レポート]ページや[参照]ページで、タグをグループ化して表示できます。これにより、探しているタグを簡単に見つけることができます。「CATEGORY:TAG」の形式を使用すると、訪問者に適用するさまざまなタグをより整理しやすくなります。カテゴリに分類されたタグは、アカウントには使えません。

次に例を示します。

  • Persona: Customer Success
  • Location: Germany
  • Product origin: Dashboard
  • Price Plan: Gold

注:新規タグの作成は、適切な権限を持つユーザーに制限されます。詳細については、チームの管理:Feedbackにおける役割と権限(Manage Teams:Roles&Permissions in Feedback)を参照してください。

タグとカテゴリを追加すると、カテゴリおよび関連するタグが[レポート]ページと[参照]ページに追加され、そこにカテゴリの簡単なドロップダウンメニューが作成されます。

mceclip3.png

タグカテゴリを追加する

カテゴリを追加する場合は、通常と同様にタグを入力しますが、次の形式を使用します。

カテゴリー:タグ

たとえば、「業界(Industry):教育(Education)」と入力します。この場合、「教育」がタグで、「業界」がカテゴリーです。

mceclip0.png

既存のカテゴリを使う

入力時に表示される既存のフィルタを選択することもできます。

mceclip2.png

カテゴリとタグの例

タグの分類には、以下の例に示す形式("Category:Tag")を使用します。

リクエストタグ

リクエストを分類して、Pendo Feedbackの[レポート]ページと[参照]ページですばやくアクセスできるようにします。例としては、以下のようなものがあります:

Screenshot_2022-08-19_at_12.00.59.png

その他のアイデア

  • カスタマーサクセス:クイックウィン(リクエストが既存のフィーチャーに対する微調整である場合など)
  • カスタマーサクセス:効率的なプロジェクト(リクエストが、カスタマーサクセスチームがよく目にする大きな課題に関連する課題の場合など)
  • カスタマーサクセス:戦略的(カスタマーサクセスチームが戦略的目標に関連するテーマまたはプロジェクトに気付いた場合)
  • セールス:戦略的(セールスチームが戦略的目標に関連するテーマまたはプロジェクトに気付いた場合)
  • トレンド:セールス(セールスチームがトレンドに気付いた場合など)
  • リスク:顧客の価値(リクエストによって顧客がプロダクトからのメリットを受けられない場合)
  • リスク:失注(機能の観点で商談が獲得できなかった場合は、見込み客をリクエストに追加し、コメントに個人用のメモ書きを追加します)
  • リスク:潜在的なバグ(明らかなバグではないが、機能が顧客の期待どおりに動作しないというリクエストの場合)

ユーザータグ

タグをユーザー(訪問者や見込み客)ごとに分類できます。

Screenshot_2022-08-19_at_12.19.38.png

アカウントタグ

アカウントレベルでタグを分類します。

Screenshot_2022-08-19_at_12.13.36.png

チームタグ

タグカテゴリを使用してチームを編成します。

Screenshot_2022-08-19_at_12.18.08.png

タグの検証

タグの値に対して、以下の検証を行います。

  • タグの値が文字列であること。
  • タグカテゴリは文字列のキーで、値は文字列の配列であること(キーはカテゴリ、値は1つ以上のタグ)
  • カテゴリ:タグ(キーと値)と単純なタグの組み合わせも使用可能。例:
    [{"title": ["Engineer", "IT"]}, "Admin", {"Location": ["NewYork", "London"]}]
    ここでは「Admin」が単純なタグにあたります。
  • タグの長さが2文字以上であること
  • 次の無効な文字を使っていないこと。, | { } : < >
  • タグのカテゴリーは訪問者に対してのみ有効で、アカウントに対しては有効でないこと。

無効な例

Screenshot_2022-08-19_at_12.25.43.png

:2017年1月1日より前にフィードバック(旧Receptive)をインストールしており、「セキュアモード」を有効にしてスニペットデータに署名している場合は、署名方法をJWT署名に切り替える必要があります。これにより、従来の手動の署名よりも開発が簡単になります。

スニペットの例

visitor: {
  id:              62343,
  email:           'john@doe.com',
full_name:       'John Doe',
  role:            'admin',
  creationDate:    1404326949156
tags: [{"title": ["Engineer", "IT"]}, "Power User", {"Location": ["NewYork", "London"]}] }, }, account: { id: 17, name: 'Acme, inc', monthly_value:'99.99', is_paying: true, planLevel: 995, isFoo: false
tags: ["Enterprise", "Commercial"] } }