Pendoフィードバックの設定

設定ページにアクセスするには、Pendoフィードバックにログインし、左側のナビゲーションにある[設定(Settings)]をクリックします。

Product_settings_2.png

[プロダクト設定(Product Settings)]ページに移動し、ページの左側にあるナビゲーションを使用してフィードバックの設定を編集します。

一般

[一般(General)]には、次のオプションが表示されます。

アカウント名

チームと訪問者のダッシュボード、および「[アカウント名]の機能を提案(Suggest a feature for [your account name])」ポップアップボックスに表示されます。アカウント名を編集するには、こちらの手順を実行します。

「今後の予定」の表示範囲

「今後の予定(What's Coming?)」レポートの表示対象には、チームのみ、訪問者とチーム、またはWeb公開の3つの選択肢があります。「今後の予定」レポートには、[計画済み(Planned)]または[開発中(Building)]のリクエストが自動入力されます。

これは、ロードマップ全体を共有しなくても、製品開発プロセスに透明性を持たせる優れた方法です。

what_s_coming.png

訪問者名の非表示

このチェックボックスをオンにすると、訪問者はPendoフィードバックで互いの名前を見ることができなくなります。例えば、Joe Bloggs氏がUser-abcd1234と表示されるようになります。これは訪問者にのみ適用されます。チームには訪問者名が表示され、訪問者にはチームメンバーの名前が表示されます。

訪問者への投票数の表示

このチェックボックスをオンにすると、訪問者は各リクエストの投票数を確認できます。

vote_count.png

タイムスタンプの訪問者への非表示

このチェックボックスをオンにすると、タイムスタンプが訪問者に表示されなくなり、リクエストやコメントがいつ作成されたかを確認できなくなります。チームにはタイムスタンプは表示されたままです。

この機能を有効にすることをお勧めします。そうすることで、フィードバックは現在取り組んでいることに注力したり、Pendoフィードバックが必要な時に使えるデータのライブラリであるという事実を維持したりすることができます。タイムスタンプを非表示にすることで、訪問者とチーム全体にこの考え方を浸透させることができます。

リクエストのモデレーション

このチェックボックスをオンにすると、まだレビューされていないリクエスト(ステータスが[未レビュー(Not Reviewed)])は訪問者に表示されなくなります。

チームメンバーは影響を受けず、すべてのリクエストを見ることが可能です。また、訪問者は、まだレビューされていない場合でも、自分のリクエストを見ることができます。

リクエストのモデレーションについての詳細をご覧ください。

新しい訪問者リクエストの無効化

このチェックボックスをオンにすると、訪問者は新しいリクエストを作成できなくなります。既存のリクエストに対しては、投票、優先順位付け、コメントを行うことが可能です。

チームメンバーは引き続き新しいリクエストを送信できます。

デフォルトでコメントを非公開

このチェックボックスをオンにすると、チームユーザーのコメントはすべて自動的に訪問者に表示されなくなります。

デフォルトでリクエストを非公開

社内チームの新規リクエストは、デフォルトで「訪問者に非表示」とマークされます。PendoフィードバックでSalesforceとのインテグレーションを有効にしている場合、最新のSalesforceパッケージをインストールすることで、Salesforceアカウント内で同じ機能を利用できるようになります。

ブランディングとアピアランス

アプリのヘッダーとして使用するロゴを追加します。これにより、ナビゲーション上部や訪問者に送信されるメールに表示される「Pendoフィードバック」のロゴが置き換わります。

自分のお気に入りのアイコンを.pngまたは.ico形式でアップロードしてください。これにより、ブラウザタブのPendoのシェブロンロゴが置き換えられます。最適なのは、32 x 32ピクセルのPNG形式です。

Pendoフィードバックのダッシュボードのプライマリカラーを設定して、表示をプレビューすることもできます。

訪問者ビュー

訪問者に対して、Pendoフィードバックをデフォルトの[ポータル(Portal)]ビューとして表示するか、オプションの[ウィジェット(Widget)]ビューとして表示するかを選択できます。ウィジェットビューの詳細については、こちらをご覧ください。

言語

ここでは、チームユーザーと訪問者が使用する言語、およびPendoフィードバックのデフォルト言語を選択できます。

チームの管理

役割の追加と編集

チームメンバーを追加する前に、役割(デフォルトの権限レベル)を確認し、必要に応じて追加します。役割を使用すると、権限のセットを作成してチームメンバーに割り当てることができます。

役割の管理(Manage Roles)]をクリックすると、役割が表示され、新しい役割を追加することもできます。

manage_roles.png

役割の名前をクリックすると、その役割に付与されている権限が表示されます。その後、必要に応じて編集できます。

roles.png

フィードバックの役割と権限について、詳しくはこちらをご覧ください。

Pendoフィードバックのインストール

これは、メインのPendo設定ページへのリンクです。このページでは、ベンダーIDや秘密鍵などのインテグレーション設定を確認できます。

インテグレーション

ここでは、サードパーティインテグレーション(Salesforce、Zapier、Pendoリソースセンター、Intercom)の詳細を確認し、接続の認証およびテストを行うことができます。

メールとホワイトラベル

メール設定

email_options.png

訪問者とチームメンバーへの通知のオン/オフを切り替えたり、訪問者のメールのログインリンクを無効にしたりできます。詳細はこちらをご覧ください。

メールのホワイトラベルの設定

デフォルトでは、チームおよび訪問者へのメール通知は、no-reply@pendo.ioから送信されます。これは「ideas@yourdomain.com」などにカスタマイズできます。その方法はこちらをご覧ください

アプリ

フィードバックは複数のアプリにインストールできるため、チームや訪問者が必要なデータを絞り込むことができます。このページからPendoの設定に移動して、複数のアプリを追加できます。マルチアプリサブスクリプションの詳細はこちらをご覧ください。

プロダクトエリア

プロダクトエリアは、フィードバックのデータをさらに整理するのに役立ちます。このページからPendo設定にリンクして、プロダクトエリアの編集や作成が可能です。プロダクトエリアの詳細はこちらをご覧ください。

カスタムレスポンス

リクエストのステータス(計画中、リリース済みなど)を更新する場合、デフォルトでは、遷移を説明するためのいくつかのオプションが事前に設定されています。

[フィードバック待ち(Awaiting Feedback)]ステータスに設定したカスタムメッセージで、プロダクトフィードバックポリシーにリンクすることを強くお勧めします。これは、プロダクトフィードバックのアプローチやプロセスをチームや訪問者と共有するためのとても簡単な方法です。

独自のカスタム保存済み回答/返信を作成することも可能です。その方法はこちらをご覧ください

リクエストフォームのカスタマイズ

訪問者とチームがリクエストを作成するために使用するフォームをカスタマイズして、質問を編集し、最も関連性の高い情報を見つけることができます。ベストプラクティスについてはこちらをご覧ください。

ログイン方法

デフォルトでは、チームにはメールアドレスとパスワード、訪問者にはウィジェットSSOが設定されています。SSOはどちらにも設定できます。詳細はこちらをご覧ください

API アクセス

ここでは、Salesforceなどの他のアプリケーションとのインテグレーションに必要なAPIキーを検索または作成できます。