Feedbackリクエストフォーム

最終更新日:

この記事では、リクエストフォームの要素について説明します。リクエストフォームをニーズに合わせて編集する方法については、リクエストフォームをカスタマイズするをご覧ください。

レイアウト

リクエストフォームの最初のテキストボックスはリクエストの件名として、2番目のテキストボックスはリクエストの内容として扱われます。これらの最初の2つのテキストボックスに基づいて、重複が検出されます。重複の検出と解決の詳細については、類似のリクエストに対応するを参照してください。

的を絞った質問をして、顧客の課題を収集し、自社プロダクトで顧客が何を達成しようとしているのかを把握することをお勧めします。「対処方法はありますか?」のような「はい」か「いいえ」だけで答えられる質問ではなく、「どのように対処していますか?」のような自由回答式の質問を用います。

件名に関する質問、内容に関する質問、解決策に焦点を当てた質問をそれぞれ1つずつ選び、質問数を2~3個に限定することを強くお勧めします。以下はその例です。

SubmitARequestForm.png

件名に関する質問

最初の「件名」のテキストボックスには、次のような、ユーザーが解決しようとしている問題に焦点を当てた質問をお勧めします。

  • お困りのこと、ご要望は何ですか?(右側でも同様の項目を提案します。)
  • どのような問題がありますか?

内容に関する質問

2番目の「内容」のテキストボックスには、最終目標をユーザーに尋ねるための次のような質問をお勧めします。

  • 何をしようとしているのですか?
  • 達成できないことは何ですか?
  • 目標は何ですか?
  • これはどのように役立ちますか?
  • 期待する成果は何ですか?
  • ワークフローにどのような影響がありますか?

その他の質問

また、ユーザーが自分のニーズを満たすために現在どのようなことを行っているか、その対処方法は何か、提案されている解決策は何かを尋ねることもよくあります。以下のいずれかの質問を含めることで、問題をより深く理解することができます。

  • 現在、どのような回避策をとっていますか?
  • 提案されている解決策は何ですか?
  • その影響はどのようなものですか?
  • この問題を解決するためにどのくらいの時間を費やしていますか?
  • この問題はビジネスにどのような影響を与えますか?

 

この記事は役に立ちましたか?
9人中2人がこの記事が役に立ったと言っています