データ削除およびデータ修正サービス

最終更新日:

警告:以下のサービスは、規制(GDPR、CCPAなど)の遵守、またはPII(個人識別情報)の意図しない露出が理由で、訪問者またはアカウントを削除するサービスではありません。規制の遵守またはPIIに関連する理由によりデータを削除する必要がある場合は、テクニカルサポートチームにお問い合わせください。

Pendoに渡したデータやその形式が誤っている、またはPendoのアプリケーションでは実行できない削除や修正が必要である場合、複数の対応方法があります。この記事では、Pendoが提供する最も一般的なデータ修正サービスについて説明します。

注:以下のすべてのサービスおよびプロセスは、Pendoのデータにのみ適用され、特に明記されていない限り、Pendo Feedbackのデータには影響しません。

要件

以下に挙げるオプションの多くは、インストールスクリプト(通称「スニペット」)による誤ったデータのPendoへの送信を停止する必要があります。開発者が以下のいずれかのオプションを採用してインストールスクリプトを更新する際に、さらにガイダンスが必要な場合は、テクニカルサポートチームにお問い合わせください。

訪問者またはアカウントの一括削除

訪問者またはアカウントを一括削除すると、訪問者またはアカウントID、および関連するすべてのイベントとメタデータが完全に削除されます。一度この操作を行うと、元に戻すことはできません。このデータ削除方法は、PendoとPendo Feedbackの両方に影響します。

訪問者またはアカウントのデータを削除せずにPendo内で非表示にしたい場合は、[除外リスト(Exclude List)]を使用してデータをフィルタリングし、Pendo UIで非表示にする方法を検討してください

APIアクセスが有効になっている場合、独自の一括削除リクエストを送信できます。APIアクセス権がない場合は、テクニカルサポートチームに一括削除リクエストを送信してください。

サブスクリプションの開始日のリセット

サブスクリプションの開始日をリセットすると、新しい開始日よりも前に発生したすべてのイベントがアナリティクスから完全に削除されます。Pendoサブスクリプション内に複数のアプリがある場合、サブスクリプション内の1つ、またはすべてのアプリに対して新しい開始日を適用できます。

サブスクリプション内の1つ以上のアプリの開始日をリセットする必要がある場合は、テクニカルサポートチームにお問い合わせください。

訪問者またはアカウントのIDのマージ

訪問者IDまたはアカウントIDの形式や値を変更すると、ユーザーが次にアプリケーションにアクセスしたときに、Pendoで新しい訪問者およびアカウントが作成されます。新しい訪問者またはアカウントの履歴は、過去の訪問者またはアカウントとは異なるものとして扱われます。古いIDと新しいIDをマージしない場合、IDパラメータが変更され、新しい訪問者またはアカウントが作成されたときに、単一の訪問者またはアカウントを経時的に追跡することは困難もしくは不可能となります。

Pendoに渡したIDを変更した場合、または変更を検討している場合は、Pendoで古いIDのイベント履歴を新しいIDにマージすることを強くお勧めします。マージのプロセスでは、古いIDに関連付けられているすべてのイベントが取得され、それらのイベントを新しいIDにマッピングするため、単一のIDで訪問者またはアカウントの完全な履歴が表示できます。

イベント履歴を正しくマージするには、古いIDと新しいIDで1対1のマッピングが必要です。IDのマージを依頼する準備が整ったら、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。

メタデータの一括削除

Pendoは、あらゆるソースから収集したメタデータを削除できます。デフォルトでは、履歴メタデータが特定のフィールドで有効になっていない限り、メタデータはイベントの生データに格納されません。最新の値はUIに表示され、セグメントやフィルターに使用されます。

メタデータの削除を検討している場合は、以下の2つの方法をお勧めします。

  • UI上のセグメントやフィルターに使用されている現在の値を削除するには、開発者と協力して、インストールスクリプトまたはインテグレーションのパラメータを変更します。ユーザーが次にアプリケーションにアクセスした時点で、新しい値が以前の値に上書きされます。値を完全に削除するには、該当するメタデータフィールドに空の文字列またはnull値を送信します。
  • Pendo UI上でメタデータフィールドを非表示にするには、[設定(Settings)]>[データマッピング(Data Mappings)]でフィールドを削除できます。詳しくは、訪問者やアカウントのメタデータを参照してください。

インスタンスでメタデータの削除が必要な場合は、Pendoがサポートいたします。削除をリクエストする前に、インストールスクリプトまたはインテグレーションを更新して、そのパラメータのPendoへの送信を停止します。更新が完了したら、次の手順についてテクニカルサポートチームにお問い合わせください。

イベントプロパティデータの一括削除

トラックイベントまたはクリックイベント経由でPendoに渡されたイベントプロパティデータは、リクエストに応じて削除できます。削除する前に、トラックイベントプロパティまたはクリックイベントプロパティを更新して、そのイベントプロパティパラメータの送信を停止します。イベントプロパティの削除をリクエストする場合は、テクニカルサポートチームにお問合せください。

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています