旧バージョンのIntercomチャットインテグレーションのアップグレード

備考:このプロセスは、PendoサブスクリプションにIntercomチャットインテグレーションの旧バージョンが現在インストールされているお客様にのみ必要です。最新版のIntercomチャットインテグレーションのみをインストールする場合は、Intercomチャットインテグレーションの概要を参照してください。

概要

Pendoは、リソースセンターのコンテキストでネイティブのIntercomチャットモーダルを使用できるように、Intercomチャットのインテグレーションエクスペリエンスをアップグレードしました。これまで、Intercomチャットモーダルはリソースセンターのiframe内でレンダリングされていました。新しいエクスペリエンスには、プレゼンテーション、ユーザビリティ、Intercomからのアップデートの利用など、多くのメリットがあります。

新しいインテグレーションでは、旧バージョンでは不要であったインストール手順が追加されています。

  • 新しいIntercomチャットインテグレーションをサブスクリプションに追加する必要があります
  • 新しいIntercomチャットモジュールをリソースセンターに追加する必要があります
  • 旧バージョンのIntercomチャットモジュールを削除する必要があります
  • Intercomチャットスニペットをアプリケーションに追加する必要があります

備考:旧バージョンのインテグレーションでは、Intercomチャットスニペットのインストールは不要でした。

 

要件

  • Pendo管理者ユーザー
  • Intercom管理者ユーザーもしくはIntercomのチャット権限
  • Pendoサブスクリプション用の有効なIntercomインテグレーション
  • Intercomチャットスニペットをインストールできる技術者
  • 公開されたPendoリソースセンター
  • エージェントバージョン2.93.2以降

IntercomインテグレーションをPendoサブスクリプションに追加するには、Pendoカスタマーサクセスまたは営業担当者にご連絡ください。

重要事項

  • Intercomスニペットは、ページヘッダーのPendoスニペットの下にインストールする必要があります
  • リソースセンターでIntercomチャットモジュールを公開せずにIntercomスニペットをインストールすると、Intercomチャット起動バッジがUIにロードされます
  • リソースセンターは1つのチャットインテグレーションのみをサポートするため、リストにある最初のモジュールのみをロードします

インストール

Intercomチャットのアップグレードは、3段階で行います。リソースセンターにチャットモジュールを追加し、旧バージョンのモジュールを削除して、チャットモジュールを使用するページにIntercomチャットスニペットをインストールする必要があります。

Intercomスニペットがインストールされていて、新しいRCモジュールが公開されていない場合、IntercomスニペットはUI上にIntercomの起動ボタンをロードします。公開されているリソースセンターにチャットモジュールがある場合、アプリケーションにインストールされているチャットスニペットが検出されるまで、そのモジュールはリソースセンターに表示されません。このインストール順序がフェールセーフとなり、チャットモジュールは機能しているときのみ表示されるようになります。

Intercomチャットモジュールのリソースセンターへのアップグレード

Intercomチャットインテグレーションをサブスクリプションに追加すると、チャットモジュールをリソースセンターに追加できるようになります。アプリケーションにスニペットをインストールする前に、チャットモジュールをリソースセンターに追加し、公開する必要があります。これを行わないと、リソースセンターモジュールが追加されるまで、Intercomは起動バッジを表示します。

インテグレーション

1.[設定]>[インテグレーション]へと移動します。

2. ライブチャットインテグレーションでIntercomチャットインテグレーションを探し[インテグレーションの編集(Edit Integration)]をクリックします。

3. リソースセンターモジュールの詳細を編集します。

4. [ステージングに保存(Save to staging)]をクリックして、リソースセンターでインテグレーションを利用できるようにします。

リソースセンターの設定

5. [ガイド]>[リソースセンター]に移動します。

6.[モジュールを追加(Add Modules)]をクリックし、Intercomチャットモジュールを追加します。[モジュールを追加]をクリックして、新しいモジュールをリソースセンターのドラフトに保存します。

  • リソースセンターモジュールの順番の変更や、その他の変更を行う必要がある場合は、[自分のアプリで管理する]をクリックします。
  • チャットモジュールのセグメントを変更する必要がある場合、モジュール一覧からモジュールを探し、[モジュール詳細の表示(View Module Details)]をクリックします。

7. ドラフトのリソースセンターのモジュールの一覧で、旧バージョンのIntercomチャットインテグレーションモジュールを探します。

8.[モジュール詳細の表示(View Module Details)]をクリックして、旧バージョンのIntercomチャットモジュールを削除します。この操作では、このバージョンのリソースセンターが公開されるまで、リソースセンターからチャットモジュールは削除されません。

9.[ステージングへプッシュ(Push to Staging)]をクリックして、リソースセンターをステージングに移行します。新しいリソースセンターを確認し、ステージング環境でチャットインテグレーションをテストすることをお勧めします。

10.[本番環境へプッシュ(Push to Production)]をクリックして、新しいリソースセンターをステージングから本番環境に移行します。これで、リソースセンターでIntercomチャットモジュールが使用できるようになります。

 

Intercomチャットスニペットのインストール

Intercomでは、チャットスニペットをインストールするためのインストール手順を提供しています。その手順は、Pendoスニペットのインストールと同様です。Intercomでは、スニペットを<body>の閉じタグの前に追加することを推奨していますが、<head>にインストールすることも可能です。スニペットがページ上に存在しない限り、リソースセンターのチャットモジュールはロードされません。

Intercom Chatスニペットは、<head>内のPendoスニペットの下にインストールする必要があります。IntercomスニペットがPendoスニペットの前にロードされた場合、Intercomはリソースセンターモジュールを使用せずに自分自身のチャット起動ボタンをロードします。