モバイルでのフィーチャーのタグ付けの詳細設定

最終更新日:

この記事では、モバイルアプリにおけるフィーチャーのタグ付けの詳細設定の機能について説明します。選択項目の品質を判断するのに役立てることができます。

モバイルでのフィーチャーのタグ付けの詳細設定に関する動画は、Pendo Academyをご覧ください。

詳細設定の使用に適しているケース

デフォルトのフィーチャールールは述語(Predicate)と呼ばれ、フィーチャーの相対的な位置からその値を取得します。述語ルールに加えて、Pendoはさらに高度なフィーチャーのタグ付け設定を提供しています。

フィーチャーにタグ付けするときに詳細設定が必要になるケースには、以下のようなものがあります。

  • 複数のフィーチャーの強調表示:ナビゲーションバー全体や複数の要素が強調表示されるなど、タグ付けツールの精度に問題がある場合があります。
  • フィーチャーの想定外のトラフィック:トラフィックが多すぎたり少なすぎたりすると、選択が不正確になる場合があります。
  • アナリティクスの中断:アナリティクスが突然停止した場合は、タグを更新する必要があります。
  • アプリのローカライズやボタンの移動:アプリのローカライズや、ボタンが画面上で動的に移動するのはよくあることです。

詳細設定にアクセスする

詳細設定にアクセスするには、[フィーチャーの詳細(Feature's details)]ページの[タグ付けされたフィーチャー(Tagged Features)]タブで、下にスクロールして[詳細設定(Advanced settings)] を選択します。

advanced_settings.png

修飾子

修飾子は、フィーチャールール自体に直接影響を与えることなく、フィーチャーデータの整理、収集、表示の方法を調整します。 これらの設定は、アナリティクスやレポート作成のためにデータの取り扱いをカスタマイズします。 次の3つのオプションを使用できます。

  • アプリ全体(App-wide)
  • リスト内のインデックスを無視する
  • バンドル名を無視する

アプリ全体(App-wide)

この修飾子は、ナビゲーションメニューやタブバーボタンなど、モバイルアプリ全体に表示されるフィーチャーに使用されます。「アプリ全体」を使用すると、ページがアプリ内でタグ付けされているかどうかに関係なく、Pendoはこれらのフィーチャーのクリックイベントを収集できます。

ベストプラクティスとして、ホーム画面からアプリ全体のフィーチャーにタグを付けるか、自分や他の人が簡単に見つけられるように命名規則を使用します。例:Info (tagged on Home)。

ユースケース:

  • ナビゲーションメニューまたはタブバー:あるフィーチャーがアプリのどこに移動しても存在する場合。
  • 共通のフィーチャーインタラクション:ユーザーがどのページにいるかに関係なく、ユーザーのインタラクションを追跡したい場合。

リスト内のインデックスを無視する

この修飾子は、アプリケーション内のリスト項目にタグ付けするときに、リスト内のフィーチャーの位置またはインデックスを無視します。

ユースケース:

  • 動的リスト:ユーザーがアプリケーションにログインするたびにリストのコンテンツが変更される場合でも、リスト上のどこでも、クリックするたびにアナリティクスを収集できます。
  • 権限ベースのアプリ:権限に基づいて特定のボタンを表示したり、非表示にする場合。
  • クリック数のアナリティクス:リスト内の任意の項目のクリック数に関するアナリティクスを収集したり、リスト項目をクリックした後のガイドのアクティベーションに関するアナリティクスを収集したい場合。

バンドル名を無視する(iOSのみ)

この設定を有効にすると、バンドル名は無視されます。バンドル名はiOSアプリケーション固有のもので、Apple App Storeでアプリケーションの識別子として使用されます。

ユースケース:

  • ホワイトラベルアプリ:バンドル名を無視すると、アナリティクスとレポートでアプリのすべてのバージョンが1つのエンティティとして扱われるようになります。
  • 開発環境:バンドル名を無視することで、同じアプリのすべてのバリエーション(本番、開発、テストなど)のデータをまとめることができます。

修飾子の詳細

ルール名 説明 カテゴリー iOSまたはAndroid 位置的に動的な要素への対応
ローカリゼーションへの対応
アプリ全体(App-wide)

すべてのページからこのフィーチャーのクリック数を収集し、他のページでタグ付けする必要がないようにします。

修飾子

両方

リスト内のインデックスを無視する リスト内のこのフィーチャーの位置を無視します。 修飾子 両方
バンドル名を無視する バンドル名を無視します。バンドル名はiOSアプリケーション固有のもので、AppleのApp Storeでアプリの識別子として使用されます。 修飾子 iOS

属性

Pendoは、モバイルフィーチャーをその属性に基づいて識別します。場合によっては、自動的に選択されたデフォルトの属性がフィーチャーを正確に識別できないことがあります。フィーチャーを最もよく識別する属性を選択することで、フィーチャールールを調整できます。

属性のカテゴリーには次の3つのタイプがあります。

  • 位置(Positional):フィーチャーがアプリケーション内のどこに配置され、どのように空間的に配置されているかを説明する属性。
  • テキストベース(Text-based):テキスト情報によって識別される特定のフィーチャーの属性。
  • 一般(General):この属性は、特定の言語への翻訳や空間配置に関連付けられていないフィーチャーに関する情報を提供します。

位置(Positional)属性

位置属性は、モバイルアプリケーション内のフィーチャーをその空間配置に基づいて識別するために使用されます。

ヒント:位置属性は、要素が静的な場合、つまりユーザー権限、ユーザーセッション、その他の条件を問わず位置が一貫している場合にのみ使用してください。

テキストベース(Text-based)属性

この属性は、ラベルや説明など、表示されるテキストに関する情報を提供します。

ローカライズされたアプリケーションのヒント:アプリが複数の言語で開発されているかどうかを知っておくことは重要です。フィーチャーのテキストが、ビルドやユーザー設定によって変更されるかどうかを把握する必要があります。変更される場合、ページとフィーチャーへのタグ付けの際に注意してください。テキストに依存しない他のタグを使用することをお勧めします。

アプリがローカライズされておらず、1つの言語を使用していて、テキストベース属性を確実に使用できる場合に、この属性を使用することができます。アプリケーションが多言語に翻訳されている場合は、テキストに依存しないようにしてください。

一般(General)属性

一般属性は、ローカリゼーションに対して安全であり、位置指向ではない属性群です。これらは、次のユースケースで使用できます。

  • 動作(Action)
  • ユーザー補助(アクセシビリティ)識別子
  • 閲覧タグ
  • ID
  • 画像名

属性の詳細

注:すべてのフィーチャーにすべての属性が表示されるわけではありません。フィーチャーごとに異なる属性セットがあります。

ルール名 説明 カテゴリー iOSまたはAndroid 位置的に動的な要素への対応
ローカリゼーションへの対応
動作(Action) ユーザーがフィーチャーをタップまたはクリックすることによってトリガーされるアクションです。 一般 両方
テキスト フィーチャーのテキストを表示します。 テキスト 両方 いいえ
ユーザー補助(アクセシビリティ)のヒント アクセシビリティとユーザーの理解に役立つ、実行したアクションの説明です。 テキスト iOS いいえ
ユーザー補助(アクセシビリティ)ラベル アクセシビリティとスクリーンリーダーを支援する、フィーチャーの説明テキストです。 テキスト 両方 いいえ
ユーザー補助(アクセシビリティ)識別子

アクセシビリティとテストに役立つ、フィーチャーを識別するためのテキストです。

一般

iOS

索引

親フィーチャー内のフィーチャーの位置です。
フィーチャーの位置が静的な場合は、この属性を使用します。

位置

両方

いいえ

閲覧タグ

コード内での参照や操作を簡単にする、フィーチャーの識別子です。

一般

両方

いいえ

子要素のテキスト

子要素のテキストがこのページで一意である場合は、この属性を使用します。

テキスト

両方

いいえ

セル行

テーブル内の行の位置です。

位置

iOS

いいえ

セルセクション

テーブル内のセクションの位置です。

位置

iOS

いいえ

画像名 画像資産の名前です。 一般 iOS
ID コード内で開発者によって割り当てられた一意の識別子です。 一般 Android
ビューコントローラー アプリの画面階層におけるフィーチャーのコンテナ要素です。 一般 iOS
フィーチャークラス

フィーチャーのクラス名です。

一般

両方

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています