モバイルアプリでのフィーチャーのタグ付け

最終更新日:

この記事では、モバイルアプリケーションでフィーチャーにタグを付ける方法について詳しく説明します。フィーチャーは次のように識別されます。

  • フィーチャーはページのコンテキストで常にタグ付けされます。
  • ルールは、要素の「クラス」、要素のテキストが存在する場合はそのテキスト、リスト内での位置、ページ上での位置、およびその他の多くのパラメータに関連するタグ付けされたフィーチャーごとに作成されます。

アプリのバージョンがいずれであっても、フィーチャーは通常は正しく認識されます。ただし、次のシナリオでは、ページを更新してすべてのフィーチャーが正しく識別されていることを確認し、タグ付けを修正する必要がある場合があります。

  • アプリのUI、特にボタンのテキストを変更した。
  • ページやフィーチャーにいくつかの変更を加えた新しいバージョンのアプリをリリースし、更新されたアナリティクスが表示されない。

詳細については、 アプリ内のページを更新してデータ収集を開始するまたはモバイルページのタグ付けに関するトラブルシューティングを参照してください。

新しいフィーチャーへのタグ付け

フィーチャーへのタグ付けは、ページにタグ付けする際に実行することも、[ページをタグ付け(Tag Pages)]からデザイナーにアクセスして実行することもできます。

  1. [ページ(Pages)]に移動し、 [ページをタグ付け]を選択します。
  2. ご使用のモバイルアプリに絞り込みます。
  3. フィーチャーをタグ付けするページを選択します。
  4. [ページを管理(Manage Pages)]を選択し、右のスクリーンショットのフィーチャーにタグ付けを開始するか、ボタンを選択して、Pendoにページ上のすべてのフィーチャーにタグ付けさせます。各フィーチャーが左のテーブルに表示されるので、そこで名前を付け、グループ化し、属性を編集してから保存できます。

image_2.gif

推奨フィーチャー

[推奨フィーチャー(Suggested Features)]リストでは、エンゲージメントの高いアプリケーション内のUI要素に推奨フィーチャータグを生成します。これにより、ユーザーがアプリケーションでUI要素をどのように利用しているかの概要がわかり、エンゲージメントデータに基づいてタグに優先順位を付けることができます。

Pendoは、アプリケーション内のボタン、リンク、入力ボックス(入力ボックス内のテキストは除く)などのUI要素を検出し、これらの要素にタグ付けするための関連するルールを特定します。Pendoは過去36時間におけるクリック数に基づいて、[推奨フィーチャー(Suggested Features)]セクションにデータを提供します。

さらに、UIのヒートマップは、このエンゲージメントに基づいてPendoが検出したアプリケーション内の要素を視覚的に表示します。

Pendoは、タグ付けされた後にのみフィーチャーデータの処理を開始します。推奨フィーチャーはまだタグ付けも処理もされていません。推奨フィーチャーが承認され(タグ付けされ)、データ処理が完了するまで、完全な遡及分析データを表示することはできず、推奨フィーチャーをレポートやタグ付けに使用することもできません。

推奨フィーチャーを承認して作成を終了するか、推奨フィーチャーを削除することができます。推奨を承認または削除すると、Pendoはそのフィーチャーを再度推奨することはありません。

推奨フィーチャーの確認

[推奨フィーチャー]テーブルを開くと、公開環境およびステージング環境の両方で、過去36時間にイベントに表示された、タグ付けされていないフィーチャーのリストが表示されます。過去36時間使用されなかったUI要素は、再び使用されるまでリストから削除されます。

リスト内の項目にカーソルを合わせると、各項目がアプリケーション内のどの要素に対応するかを確認できます。推奨フィーチャーに対応する要素は、[推奨フィーチャー]テーブルで各要素にカーソルを合わせると強調表示されます。

ページの下部にあるトグルを使用してヒートマップをオンにすると、各推奨フィーチャーがどの程度のエンゲージメントを獲得したかを視覚的に表すことができます。ヒートマップの項目を選択すると、推奨フィーチャーリストで強調表示できます。

Toggle on heatmap.png

推奨フィーチャーリストに表示されるデータは、フィーチャーリストに追加するためにタグ付けしたときに表示されるデータと異なる場合があります。これは、推奨フィーチャーには公開環境とステージング環境の両方のデータが含まれているのに対し、タグ付けしたフィーチャーには公開環境のデータしか含まれていないためです。

提案を承認する

推奨の承認または削除を判断する前に、リストの推奨フィーチャーにカーソルを合わせ、タグ付けするUI要素と、そのUI要素がどれくらい利用されているかを確認します。

推奨フィーチャーを承認するには、推奨フィーチャー行の最後にある[タグ(Tag)]を選択します。これにより、ルールが処理ステータスを含むフィーチャーリストに移動します。処理には最大1時間かかる場合があります。

tagsuggested features.png

推奨を削除する

推奨フィーチャーを削除するには、推奨フィーチャーの行の最後にあるゴミ箱アイコンを選択します。これにより、推奨フィーチャーがリストから削除され、そのフィーチャーが再度推奨されることはありません。削除された推奨はリストには再表示されませんが、新しいフィーチャーへのタグ付けで概説された手順に従って、手動で作成することができます。

タグ付けされたフィーチャーの編集

  1. [タグ付けされたフィーチャー(Tagged Features)]リストで、名前を変更するフィーチャー名を選択します。
  2. ドロップダウンリストからプロダクトエリアを選択します。

    editfeaturename and product area.png

    変更を適用する前に、それがフィーチャールールにどのように影響するかを常に確認できます。Screen_Shot_2022-02-06_at_14.17.01.png

フィーチャーへのタグ付けのコードベースソリューション

注:現在、iOSおよびAndroidのネイティブアプリ、およびReact Nativeアプリでのみ使用可能です。今後、Xamarin.Formsにこのフィーチャーを追加する予定です。

Pendoが、アプリのフィーチャーを常に認識するとは限りません。Pendoでタグ付けできないと表示されることも、タグ付けは可能だが分析結果は表示されないという場合もあります。弊社のコードベースのソリューションでは、モバイル開発者がAPIを使用して、任意のフィーチャーのタグ付けと分析結果を取得できるようにすることで、この問題を解決しています。

これを実装するには、開発者が設定する必要があります。モバイルタグ付け用のコードベースのソリューションを設定するを参照してください。

 

よくある質問

私のアプリケーションでは、いくつかのフィーチャーがタグ付けできません。どうすればよいでしょうか?

アプリ内にモバイルボタンを実装する方法は数多くあるため、SDKがフィーチャーを識別する方法を最適化しています。ただし、特定のモバイルフィーチャーのタグ付けができない場合や分析結果が受信できない場合は、Pendoサポートにお問い合わせください。可能な回避策は、トラックイベントを使用して特定のフィーチャーを追跡し、そのデータを収集することです。

注:Pendoは、Androidデバイスの[戻る]ボタンのクリックイベントを自動的に追跡します。これは、アプリがフォアグラウンドにあり、フォーカスされている場合にのみ関連します。これらのイベントはパスデータに含まれているため、ページ間を移動するときに[戻る]ボタンがクリックされたかどうかを確認できます。このイベントは、ガイドやその他のアナリティクスレポートでは利用できません。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています