JIRAとPendoフィードバック

 

JIRAを使用してソフトウェア開発を管理しているならば、当社の双方向のJIRAインテグレーションにより、プロダクトの顧客や内部ユーザーのフィードバックループを循環させ、プロダクトチームと開発チーム間の効率を向上させることができます。特にJIRAインテグレーションでは、以下のことが可能になります。

  • Feedbackでリクエストが特定の段階に達したときに、JIRAで課題を作成。
  • JIRAの既存の課題をFeedbackの既存のリクエストにリンク。
  • JIRAでリクエストが完了すると、Feedbackリリースログを自動更新。

 

これにより、リリースされたリクエストを常に訪問者に伝え、組織内の全員が、プロダクトマネジメントや開発に関して足並みを揃えることができます。また、訪問者はプロダクトへの影響を目に見える形で確認できるので、関係性の向上が図れます。

この記事では、JIRAインテグレーションとFeedbackの連携について説明します。FeedbackとJIRAのインテグレーションの方法については、 フィードバック用のJIRAアドオン設定を参照してください。

 

リクエストステータスの更新によるJIRAの課題の新規作成

Feedbackのリクエストステータスを変更する際にJIRAで課題を作成すると、Feedbackのステータスによって、プロダクトチームと開発チーム間のコミュニケーションを効率化できます。Feedbackでリクエストステータスを変更する方法については、フィードバックでのリクエストのステータスを参照してください。

リクエストのステータスを変更するときは、 [JIRAのプロジェクトの下に作成(Create under project in JIRA)]を選択します。そして、課題が属するJIRAプロジェクト、課題のタイプ、タイトル、説明などの詳細を追加します。

 

SetStatus_JIRAIntegration.png

 

これにより、JIRAに課題が自動的に作成され、個々のリクエストの下の[JIRA]>[リンクされた課題(Linked issues)]からアクセスできるようになります。関連するチケットをJIRAで表示するには、[リンクされた課題]の下のドロップダウンメニューから課題を選択します。

 

Request_LinkedIssues.png

 

JIRAの課題をFeedbackリクエストにリンクする

リクエストが既存のJIRAの課題に関連している場合は、Feedback内からそのリクエストをJIRAチケットにリンクさせることができます。リクエストの一番下までスクロールし、 JIRAカードで [課題のリンク(Link issue)]を選択します。表示されたウィンドウの検索機能を使って、探している課題を見つけます。その課題を選択するとリクエストにリンクされます。

 

Screenshot_2022-06-14_at_17.25.55.png

 

Feedbackリリースログの自動更新

リンクされたリクエストは、JIRAワークフローで関連付けられたチケットがある場所に応じて更新されます。リンクされたJIRAチケットから[完了]に移行すると、関連付けられたリクエストが更新され、Feedbackリリースログに表示されます。

 

JIRA_integration.png

Releases_RequestExample.png