Salesforceの複数のオブジェクトをPendoに接続する

最終更新日:

この記事では、Salesforceの複数のオブジェクトを接続する方法、またはPendoとさまざまなSalesforceオブジェクトの間でデータをプルおよびプッシュする方法について説明します。続行する前に、概要記事の「SalesforceとPendoのインテグレーション」をお読みになることをお勧めします。

仕組み

デフォルトでは、PendoとSalesforceのインテグレーションにより、1つのSalesforceオブジェクトがPendo訪問者に接続され、1つのSalesforceオブジェクトがPendoアカウントに接続されます。これは、データのプッシュとプルの両方に使用されるものと同じ接続です。

スクリーンショット

複数のオブジェクトを接続する場合、または異なるオブジェクト間でデータをプルおよびプッシュする場合は、次のいずれかの方法で行います。

  • Salesforce内の他のオブジェクトを組み合わせたカスタムオブジェクトを作成してPendoに接続し、PendoとのデフォルトのSalesforceインテグレーションを引き続き使用します。これにより、PendoとSalesforceの間でデータをプルおよびプッシュすることができます。
  • PendoとSalesforceの間に独自のカスタムインテグレーションを構築し、Pendo APIを使用してメタデータを更新して、レポートデータをエクスポートできます。

これらのオプションは両方とも、Salesforce管理者またはエンジニアリングチームによるカスタマイズ作業が必要になります。これを行う方法については弊社ではアドバイスいたしかねますのでご了承ください。

分りやすさを目的として、この記事の例ではアカウントデータの同期に焦点を当てていますが、訪問者データに対しても同じ設定が可能です。以下の最初の3つの例では、Pendoと複数のSalesforceオブジェクトの間の接続ポイントとして機能するカスタムオブジェクトを作成する必要があります。

複数のSalesforceオブジェクトをPendoにプルする

Salesforce内の複数のオブジェクトからメタデータとして情報をPendoにプルするために、Salesforceで新しいカスタムオブジェクトを作成し、デフォルトのSalesforceインテグレーションを使用してデータを同期できます。このカスタムオブジェクトには以下が含まれている必要があります。

  • Pendoの訪問者またはアカウントレコードと一致する一意の識別子。
  • Pendoの訪問者またはアカウントオブジェクトのメタデータとしてPendoにプルする、Salesforceオブジェクトからの情報。

Salesforce管理者は、関連するオブジェクトから新しいカスタムオブジェクトにデータを移動するために、Salesforce内で追加のワークフローまたはプロセスを設定する必要がある場合があります。

カスタムオブジェクトを作成したら、それを使用してSalesforceとPendoの間の接続を設定できます。手順については、記事「PendoとSalesforceのインテグレーションを設定する」の「接続を設定する」を参照してください。

たとえば、SalesforceのAccountオブジェクトとOpportunityオブジェクトの両方から、アカウントのメタデータとして情報をPendoにプルすることができます。これを行うには、Salesforceで新しいカスタムオブジェクトを作成し、Pendoアカウントオブジェクトに接続します。これには以下が含まれている必要があります。

  • Pendoのアカウントレコードと一致する一意の識別子。
  • AccountオブジェクトとOpportunityオブジェクトからアカウントのメタデータとしてPendoにプルする情報。

スクリーンショット

Pendoのデータを複数のSalesforceオブジェクトにプッシュする

Salesforceのカスタムオブジェクトを使用して、Pendoの使用状況データをSalesforceの複数のオブジェクトにプッシュすることもできます。このカスタムオブジェクトには以下が含まれている必要があります。

  • Pendoの訪問者またはアカウントレコードと一致する一意の識別子。
  • Pendoが使用状況データをプッシュ(書き込み)するための、「Pendo_」で始まるカスタムフィールド。

Salesforce管理者は、Pendoの使用状況データを新しいカスタムオブジェクトから関連する既存のSalesforceオブジェクトに移動するために、Salesforce内で追加のワークフローまたはプロセスを設定する必要があります。

カスタムオブジェクトを作成したら、それを使用してSalesforceとPendoの間の接続を設定できます。手順については、記事「PendoとSalesforceのインテグレーションを設定する」の「接続を設定する」を参照してください。

たとえば、Pendoアカウントの使用状況データを、SalesforceのAccountオブジェクトとOpportunityオブジェクトの両方にプッシュすることができます。これを行うには、Salesforceで新しいカスタムオブジェクトを作成し、Pendoアカウントオブジェクトに接続します。これには以下が含まれている必要があります。

  • Pendoのアカウントレコードと一致する一意の識別子。
  • Pendoが使用状況データをプッシュ(書き込み)するための、「Pendo_」で始まるカスタムフィールド。

スクリーンショット

異なるSalesforceオブジェクトに対するプッシュおよびプル

Salesforceのカスタムオブジェクトを使用して、1つのSalesforceオブジェクトからメタデータをPendoにプルし、Pendoの使用状況データを別のSalesforceオブジェクトにプッシュすることもできます。たとえば、アカウントのメタデータをSalesforceのOpportunityオブジェクトからPendoにプルし、Pendoアカウントの使用状況データをSalesforceのAccountオブジェクトにプッシュすることもできます。

スクリーンショット

前述したように、Salesforce管理者は、この方法でSalesforceのプッシュおよびプルデータ内に追加のワークフローまたはプロセスを設定する必要があります。

カスタムオブジェクトを作成したら、それを使用してSalesforceとPendoの間の接続を設定できます。手順については、記事「PendoとSalesforceのインテグレーションを設定する」の「接続を設定する」を参照してください。

独自のインテグレーションを構築する

開発者は、デフォルトのPendoとSalesforceインテグレーションをSalesforceのカスタムオブジェクトに使用する代わりに、PendoとSalesforceの間にカスタムインテグレーションを構築できます。Engage APIを使用して、両方の同期方向(プルとプッシュ)でPendoと通信します。Engage APIの開発者向けドキュメント全文は、engageapi.pendo.ioを参照してください。このドキュメントで、次の方法に関する情報を確認できます。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています