粘着性を測定する

最終更新日:

粘着性指標ダッシュボードウィジェットは、訪問者またはアカウントのアクティビティの平均頻度を計算することでアプリのエンゲージメントを測定し、日次、週次、月次の指標で高頻度のリピートユーザーの割合を示します。

このインサイトを活用してビジネス目標を設定し、ユーザーエンゲージメントの向上を促進し、フィーチャーの優先順位付けや問題への対処を適切に行うことができます。プロダクトチームは、ユーザーに頻繁に価値を提供できるフィーチャーを推奨したり、ユーザーが不満に感じ解約を招きかねないバグを修正したりできます。お客様担当チームは、ユーザーを呼び込み、アプリに引き込むことができます。マーケティングキャンペーン、教育プログラム、販売奨励金などは、粘着性スコアを上げるための良い方法です。

粘着性は、定着化や成長と並んで、プロダクトエンゲージメントスコア(PES)の3つの要素の1つです。

Dashboard_Stickiness.png 

データを理解する

アクティブな訪問者またはアカウントには、1日、1週間、または1か月の間に少なくとも1つのイベントが記録されています。粘着性を測定するには、日別または週別のアクティブ訪問者数を週別または月別のアクティブ訪問者数で割り、それに100を掛けてパーセンテージを求めます。

粘着性ウィジェットを効果的に利用し、必要に応じて設定するには、粘着性に影響するさまざまな要因を理解することが重要です。次のセクションでは、適切な比率の選択、アクティブな訪問者とアカウントの重要性、週末のデータの処理方法について詳しく説明します。

比率を選択する

粘着性の計算では、アクティブな訪問者やアクティブなアカウントを評価して、粘着率を算出できます。どのような比率を選択するかは、お客様のビジネス、顧客層、そして期待されるユーザーの習慣によって異なります。組み合わせによって得られる比率は異なるため、アプリケーションの目的に沿った比率を選択することが重要です。

アクティブ訪問者

アクティブユーザー(DAU/MAU/WAU)別の測定は、個々の訪問者のアクティビティがビジネスの成功に大きな影響を与える場合に適しています。このアプローチは、個人サブスクリプションを所有する個々のユーザー向けに調整されたアプリケーションや、各ユーザーのエンゲージメントがコストを正当化する、シート単位の価格モデルで運営されている企業向けに調整されたアプリケーションに適しています。または、ユーザーエンゲージメントを全体的に最大化することが主な目標である場合は、訪問者ごとの粘着性を測定することが最適な選択肢かもしれません。

  • 日別アクティブユーザー/週別アクティブユーザー。一般的にアクティブなユーザーベースに適しています。訪問者は頻繁に使用しますが、必ずしも習慣的であるとは限りません。日別の一意の訪問者が、少数のサンプルである週別の一意の訪問者と比較されるため、粘着率は中程度になります。
  • 日別アクティブユーザー/月別アクティブユーザー。アプリを毎日習慣的に使用する、非常にアクティブな訪問者に適しています。通常は、日別の一意の訪問者が、その月のすべての一意の訪問者と比較されるため、粘着率は低くなります。
  • 週別アクティブユーザー/月別アクティブユーザー。アプリに関わっていユーザーベースに適しており、ユーザーは頻繁に使用しないタスクやメンテナンスを行うだけで、日常的に使用することは想定していません。この組み合わせは、1か月の週数が少なく、訪問者がWAUとして認識されるまでの期間が長いため、通常、粘着率は高くなります。

アクティブなアカウント

アクティブなアカウント(DAA/MAA/WAA)別の測定は、個々の訪問者が頻繁に再利用することはないが、アカウント内で必ずアクティビティがある場合に適しています。このアプローチは、システム監視ツール、金融アプリケーション、または訪問者の活動を促す自動アラートを採用したプラットフォームで一般的です。訪問者は定期的なメンテナンスを行ったり、スケジュールに従ってワークフローを完了したり、問題に対応したりします。

  • 日別アクティブアカウント/週別アクティブアカウント。週に複数回実行される、特定のチームに所属している可能性が高い、頻繁に使用されるワークフローに関与しているアクティブなお客様に適しています。通常は、日別の一意のアカウントが、少数のサンプルである週別の一意のアカウントと比較されるため、粘着率は中程度になります。
  • 日別アクティブアカウント/月別アクティブアカウント。重要な日々のワークフローを完了したり、重要な情報にアクセスしたりするために、毎日アプリにアクセスする非常にアクティブなお客様に適しています。通常、この組み合わせでは、日別の一意のアカウントが、その月のすべての一意のアカウントと比較されるため、粘着率は低くなります。
  • 週別アクティブアカウント/月別アクティブアカウント。アプリに毎週アクセスして、取引を完了してレポートを作成したりすることが予想される習慣的なお客様に適しています。この組み合わせは、1か月の週数が少なく、アカウントが週別アクティブアカウントとして認識されるまでの期間が長いため、通常、粘着率スコアが高くなります。

週末を非表示にする

PESの管理ページから、粘着性の計算に週末を含めるか除外するかを選択できます。

週末を非表示にすると、土曜日と日曜日のデータが平均計算とグラフ表示の両方から削除されます。平日に主に使用されるビジネスアプリでは、使用が見込まれない日が除外されるため、指標の改善が期待できます。これにより、平日の平均を下げる可能性がある、使用されない週末が排除され、通常は日別アクティブ比率が向上します。ただし、週末のみ使用する訪問者が除外されるため、週別アクティブ訪問者の割合が若干減少する可能性があります。

アクティブユーザー指標を理解する

アクティブユーザー指標は、特定の期間内にプロダクトを使用した特定の訪問者を追跡します。以下はその例です。

  • 現在アプリを使用している訪問者は、日別アクティブユーザー(DAU)と週別アクティブユーザー(WAU)の両方になります。
  • 今週アプリを使用したが、今日は使用していない訪問者は、WAUに分類されます。

アプリの今日の一意のアクティブ訪問者が1人で、1週間の一意のアクティブ訪問者が2人だった場合、今日のDAU/WAU比率は50%になります。この比率を毎日計算し、長期間にわたって平均化すると、アプリの粘着性を測定するのに役立ちます。

ユーザーエンゲージメントが高ければ、訪問者がアプリに戻ってくる頻度も高くなり、DAUとWAUの割合が近づきます。選択する期間は、訪問者がアプリを使用する頻度によって決定してください。

月間アクティブユーザー数(MAU)は直近30日間、週別アクティブユーザー数(WAU)は直近7日間として計算されます。

折れ線グラフ上の点にマウスを合わせると、特定の日付の詳細なデータとパーセンテージが表示されます。

Dashboard_StickinessWidget_Tooltip.png

ダッシュボードにウィジェットを追加する

  1. ダッシュボードに移動し、ページの右上にある[+ウィジェットを追加(+ Add Widget)]を選択します。
  2. 利用可能なウィジェットのリストから[粘着性指標(Stickiness Metric)]を選択します。

    Dashboard_AddWidget_Stickiness.png

  3. 必要に応じて各フィールドを編集します。
    • 名前(Name)。ダッシュボードに表示されるウィジェットの表示名。
    • 指標(Metrics):測定する比率:日別、週別、月間のアクティブユーザー数(DAU、WAU、MAU)またはアカウント数(DAA、WAA、MAA)。
    • 日付範囲(Date Range):イベントの使用状況を測定する期間
    • 週末を非表示にする(Hide Weekends)土曜日と日曜日のデータを除外します。
    • セグメント(Segment):使用状況データの分析に含まれるユーザー。一般に、セグメントが大きいほど、データの変動が少なくなります。
    • アプリ(App):プロダクトの使用状況データを照会するアプリ。
  4. [保存(Save)]を選択し、ウィジェットをダッシュボードに追加します。

    Dashboard_StickinessWidget_Save.png

一般的なダッシュボードとウィジェットの機能の詳細については、ダッシュボードを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
8人中3人がこの記事が役に立ったと言っています