初回使用別のリテンションを測定する

最終更新日:

初回利用別のリテンションのダッシュボードウィジェットは、平均のリテンションと比較して、初期のイベントの使用状況がリテンションにどのような影響を与えるかを測定します。このデータは、平均を上回るリテンションに寄与するイベントを特定するのに役立ち、ユーザーをそれらの特定の領域に誘導することができます。

Dashboard_RetentionByFirstUseWidget.png

このダッシュボードウィジェットは、アプリへの初回訪問に基づいて、訪問者またはアカウントのリテンションを表示します。これはリテンションレポートとは異なり、ユーザーが最初に特定のイベントに参加したタイミングに基づいてコホートを作成します。

データを理解する

初回利用別のリテンションウィジェットには、選択したイベントのいずれかを最初の30日間(または選択した日付範囲)に生成したアクティブな訪問者またはアカウントの割合を示すトレンドラインが表示され、同じ日付範囲内にそのイベントを生成したすべての訪問者またはアカウントと比較できます。

アクティブな訪問者またはアカウントは、毎週または毎月の指定された集計間隔内のアクティビティに基づいて定義されます。その集計間隔においてアクティビティがない場合は、解約の可能性があるということになります。理想的には、トレンドラインはフラットであるべきです。これは、訪問者またはアカウントの大部分がアクティブなままであり、長期間定着していることを示すからです。

対象基準

次の基準をすべて満たす訪問者とアカウントが、リテンションの計算の分子と分母に含まれます。

  • 選択したイベントが、訪問者またはアカウントがアプリに初めてアクセスしてから最初の30日間に生成されている。これは、訪問者IDまたはアカウントIDがPendoに渡された最初の日です。
  • 各訪問者またはアカウントの初回訪問が、指定された日付範囲内にある。
  • 訪問者またはアカウントが、指定された集計間隔内にアクティブであった。

これらの基準を満たさない訪問者とアカウントは、計算から除外されます。これにより、精度が維持され、特定の集計間隔について十分な利用データがない新規訪問者とアカウントは除外され、リテンションへの過度の悪影響を防ぐことができます。対象となる訪問者またはアカウントの数は、これらの選択基準に基づいて、各集計間隔でイベントごとに異なる場合があります。

リテンショングラフとアクティビティの経時変化

リテンショングラフには、訪問者またはアカウントのアクティビティが訪問者またはアカウントの定着期間ごとに表示され、時間の経過に伴うユーザーエンゲージメントが視覚的に表示されます。このグラフでは、カレンダー上の日付範囲を使用する代わりに、週単位または月単位の集計間隔に基づいてアクティビティが並んでいます。対象となるすべての訪問者またはアカウントは0か月目から開始され、そのアクティビティが同時に表示されます。それ以降の月は、訪問者またはアカウントの定着期間を表しており、カレンダーの特定の日付ではありません。

集計間隔とは、リテンションを計算するために訪問者またはアカウントのアクティビティが測定される期間のことです。たとえば、毎週に設定すると、レポートは1週間以内のイベントを評価してアクティビティを判断します。レポートは、その日からの週数または月数を指定するアカウントのリテンション期間に合わせて調整されます。週の始まりは日曜日、月の始まりは1日です。

コントロールライン

リテンショングラフのコントロールラインは、イベントの使用状況に関係なく、ウィジェットの指定されたセグメントに含まれるすべての訪問者またはアカウントの全体的なリテンションの傾向を示します。この点線は、各イベントの実線のトレンドラインと並んで表示されます。

Dashboard_RetentionByFirstUse_ControlLine.png

コントロールラインは、特定のアプリのソースとして[すべてのアクティビティ(All Activity)]が選択されている場合に、[プロダクト(Product)]>[行動(Behavior)]のリテンションレポートの一番上の行に表示されるデータと一致します。選択したイベントがコントロールラインを大きく下回り、平均を上回るリテンションを達成していない場合は、そのフィーチャーの使用状況と定着率を評価することを検討してください。

現在の期間のデータが不完全

現在の週または月を含む日付範囲を測定する場合、データが不完全なため、グラフの最後に常に離脱率が表示されます。現在の期間が完了すると、データが期待どおりに反映されます。

前の期間のカスタム範囲を表示している場合、データは完了として表示され、実際に離脱が発生した場合にのみ離脱率が表示されます。

データを操作する

トレンドラインにカーソルを合わせると、各集計間隔での各イベントのリテンションデータが表示されます。これには、対象となる訪問者数またはアカウント数に対して定着した訪問者数またはアカウント数が含まれます。対象となる訪問者またはアカウントの総数(分母)は、月ごとに変わる可能性があります。

これらのツールチップの用語は、次のように定義されています。

  • 対象となるアカウント(Eligible account)。3つの対象基準をすべて満たすアカウント。
  • 対象となる訪問者(Eligible Visitors)。3つの対象基準をすべて満たす訪問者。
  • 月0(Month 0)。対象となるすべての訪問者またはアカウントの初回訪問。
  • 月X(Month X)。Xは数値で、リテンション計算の対象となる、訪問者またはアカウントの定着期間。

Dashboard_RetentionByFirstUse_HoverTooltip.png

ヒント:リテンショングラフの各集計間隔を、個々のコホートとして見てみましょう。ウィジェットに含まれるものは、最初の30日以内に生成されたイベントと、指定された日付範囲内の訪問者またはアカウントの初回訪問に焦点を当てています。各間隔はコホートを表し、その日を基準にして対象となる初回訪問の日付範囲を調整します。たとえば、6か月間のリテンショングラフでは、0~6の各月を個別に計算します。1か月目に対象となるためには、訪問者またはアカウントの初回訪問が1か月以上前(ただし6か月以内)で、1か月以上のアクティビティデータが必要です。以降の間隔も同様のパターンに従いますが、使用状況データが限られているため、直近2か月以内に開始した訪問者やアカウントは、2か月目以降の計算から除外されます。

ダッシュボードにウィジェットを追加する

  1. ダッシュボードに移動し、ページの右上にある[+ウィジェットを追加(+ Add Widget)]を選択します。
  2. 利用可能なウィジェットのリストから、[初回利用別のリテンション(Retention by First Use)]を選択します。Dashboard_RetentionByFirstUse.png

  3. 必要に応じて各フィールドを編集します。
    • 名前(Name)。ダッシュボードに表示されるウィジェットの表示名。
    • イベントの初回利用期間(Event First Use Period)。選択したイベントが、訪問者またはアカウントの初回訪問後に生成されなければならない期間。デフォルトは最初の30日間です。
    • コホートタイプ(Cohort Type)。訪問者またはアカウントのどちらのリテンションを分析するかを選択します。
    • 頻度(Frequency)。週単位または月単位の間隔を選択して、リテンション期間内のリテンションデータを測定およびグループ化します。
    • リテンション期間(Retention date range)。ウィジェットで訪問者またはアカウントのリテンションデータを表示する期間。選択した週(日曜日)または月の最初の日(1日)から始まります。
    • セグメント(Segment)。使用状況データの分析に含まれるユーザー。一般に、セグメントが大きいほど、データの変動が少なくなります。
    • アプリ(App)。イベントの選択とプロダクトの使用状況データを照会するアプリ。
    • イベント(Events)。リテンションデータを表示するページ、フィーチャー、トラックイベント。
  4. [保存(Save)]を選択し、ウィジェットをダッシュボードに追加します。

    Dashboard_RetentionByFirstUse_Save.png

一般的なダッシュボードとウィジェットの機能の詳細については、ダッシュボードを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています