ダッシュボード

最終更新日:

ダッシュボードは、データのスナップショットや可視化を提供するウィジェットで構成されており、異なる数値をすばやく表示して比較できます。Pendoの各ユーザーは、自分専用のダッシュボードを作成し、重要な指標を一目で確認できます。

ダッシュボードの詳細の定義

デフォルトでは、[新規ダッシュボード(New Dashboard)]という名前のダッシュボードが1つあり、そこには初めてダッシュボードを作り始めるのに役立つウィジェットが備わっています。必要に応じてこのダッシュボードを更新したり、まったく新しいダッシュボードを作成したりできます。新しいダッシュボードを作成する方法については、以下の複数のダッシュボードを参照してください。

ダッシュボードのタイトルを変更するには、タイトルを選択し、既存のテキストを削除して、ダッシュボードの名前を入力してください。さらに、名前に色付きのアイコンを追加してカスタマイズできます。タイトルの左側にあるアイコンを選択した後、[適用(Apply)]を選択します。

Engage_Dashboards_Icon_Apply.png

タイトルの下にある[説明を追加(Add a description)]を選択して、ダッシュボードの目的やその他の重要な詳細を入力します。説明は最大280文字で、ダッシュボードの上部およびダッシュボードカタログに表示されます。説明を保存するには、[変更を保存(Save changes)]チェックマークアイコンを選択するか、テキストフィールドの外側を選択します。

説明を変更するには、テキストボックスを選択して変更を加えます。

ダッシュボードウィジェットの追加と移動

新規ウィジェットをダッシュボードに追加するには、ダッシュボードの右上にある[+ウィジェットを追加(+ Add Widget)]を選択して、ウィジェットカタログを開きます。各ウィジェットの詳細については、ダッシュボードウィジェットを参照してください。

ダッシュボード上のウィジェットを移動させる場合は、ウィジェットの上にカーソルを合わせ、ウィジェットの上部中央にあるテクスチャエリアを表示して、ドラッグアンドドロップで好きな位置に配置します。

Engage_Dashboards_MoveWidget.png

ダッシュボードウィジェットの変更

各ウィジェットの右上には、変更のために[サイズ変更(resize)]と[その他(more)]の2つのアイコンがあります。

Dashboard_ModifyWidget.png

  • ウィジェットのサイズを変更する。半分のサイズのウィジェットを使用している場合、[最大幅にする(Make full width)]オプションが表示されます。選択すると、ウィジェットはダッシュボードの最大幅に拡大されます。最大サイズのウィジェットがある場合、[半幅にする(Make half widget)]オプションが表示され、ウィジェットの幅がダッシュボードの半分に縮小されます。テキストブロックウィジェットは、高さの調整にも対応しています。
  • ウィジェットを編集する。編集中に、一部の特定の訪問者に関する情報を表示したい場合は、ウィジェットの名前を更新して、適用されたセグメントを識別しやすくすることができます。同じウィジェットを複数回ダッシュボードに追加できるので、2つの異なるセグメントを同じ指標ですばやく比較できます。また、特定のウィジェットに応じて、追加の編集オプションもあります。
  • ウィジェットを複製する。[...のコピー(Copy of...)]で始まる、同じ設定と名前を使うウィジェットのコピーを作成します。設定と名前を調整し、[保存(Save)]を選択して、ダッシュボードの元のウィジェットの横または下にウィジェットを追加します。一部のウィジェットは、テキストブロックやファネルなどの複製をサポートしていません。
  • 注釈を管理する。プレゼンテーションモードでダッシュボードを共有する際、注釈を使用して最大1000文字のメモを状況に応じて提供できます。
  • ウィジェットを削除する。ダッシュボードウィジェットを削除すると元に戻すことはできませんが、いつでもウィジェットを再度追加することができます。

一部のウィジェットには、サイズ変更の左側にあるオプションと、その特定のウィジェットに関連する詳細を新しいタブで開くその他のアイコンもあります。たとえば、データエクスプローラとファネルのウィジェットには、レポート全文を表示するオプションがあります。

ダッシュボードウィジェットの操作

一部のウィジェットにカーソルを合わせると、追加情報が表示されます。たとえば、週別訪問者(Weekly Visitors)ウィジェットでは、左から右にカーソルを動かすと、より詳細な情報が表示されます。

一部のウィジェットでは、ウィジェット内の詳細を表示するために別のアクションを実行できます。「ブラウザの使用状況(Browser Usage)」ウィジェットでは、ブラウザの種類を選択して、訪問者が使用しているバージョンの内訳を表示できます。訪問者が使用したフィーチャー(Feature Use By Visitor)やアカウントが使用したフィーチャー(Feature Use By Account)など、散布図であるウィジェットをクリック&ドラッグして、ウィジェット内のその他の詳細情報をズームして表示することもできます。

Dashboards_FeatureUseByVisitor_Zoom.gif
元のビューに戻すには、[拡大表示をリセット(Reset Zoom)]を選択します。

ダッシュボードをフィルタリングする

多くのダッシュボードウィジェットでは、フィルターを適用して、ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズできます。フィルターを適用することで、データの特定のサブセットをセグメント化して分析することができます。これは、他の方法では見逃される可能性のあるパターンや傾向を特定するのに役立ちます。
ウィジェット固有のフィルターを適用できるだけでなく、ダッシュボードのほとんどのウィジェットに適用されるダッシュボードレベルのフィルターを適用することもできます。これにより、ウィジェットを個別に編集しなくても、ダッシュボード上でターゲットとなるセグメント、日付範囲、アプリ、アカウントを更新できます。
ダッシュボードレベルのフィルターを適用すると、それに応じてダッシュボードのURLが更新されます。つまり、ダッシュボードのURLをコピーして貼り付けて、Pendoサブスクリプションの他のユーザーと共有しても、これらのフィルターは保持されます。
  • ダッシュボードにフィルターを適用するには、最初のウィジェットの上にある[フィルターを追加(Add Filter)]を選択し、適用するフィルターの種類([セグメント(Segment)][日付(Date)][アプリ(App)][アカウント(Account)]を選択して、次に値を選択します。これを必要に応じて繰り返します。
    Engage_Dashboards_AddFilter.png
  • 適用されたフィルターを削除するには、フィルター上の削除アイコンを選択するか、フィルターの右にある[フィルターをクリア(Clear Filters)]を選択すると、適用されたすべてのダッシュボードレベルのフィルターが削除されます。
  • 適用後は、ウィジェットの右上にあるフィルターアイコンで、適用したフィルターを確認できます。以下のアイコンにカーソルを合わせることで、適用されたフィルターと、その特定のウィジェットでサポートされていないフィルターの有無を確認できます。
    Engage_Dashboard_Filter_Hover.png

適用するダッシュボードレベルのフィルターは、個々のウィジェットに適用されるフィルターに優先します。ダッシュボードレベルのフィルターを削除する場合、元のウィジェットフィルターが適用されます。

注: すべてのダッシュボードレベルのフィルタが、すべてのダッシュボードウィジェットに対応しているわけではありません。特に、目標ウィジェットは、ダッシュボードレベルのフィルタをサポートしていません。

複数のダッシュボードを作成する

複数のダッシュボードを利用することで、Pendoでの複数の取り組みについて、さまざまな指標を測定できます。新しいダッシュボードを作成するには、左側のメニューで [ダッシュボード(Dashboards)]>[ダッシュボードを作成(Create dashboard)]を選択します。

Dashboards_CreateDashboard.png

または、ダッシュボードページで[+新規ダッシュボード(+ New Dashboard)]を選択することもできます。

注:他のPendoユーザーとダッシュボードを共有しない限り、自分のダッシュボードは自分にのみ表示されます。

作成したら、ダッシュボードの名前を入力し、各ウィジェットを使用してカスタマイズすることができます。データエクスプローラまたはファネルレポートからウィジェットを保存する際に、Pendoが複数のダッシュボードを検出した場合、保存する前に保存先のダッシュボードを選択するよう促すメッセージが表示されます。

Engage_SavedReports_AddtoDashboard.png

ダッシュボードはいくつでも作成でき、必要に応じて名前の変更や削除を行うことができます。

すべてのダッシュボードの表示

自分のダッシュボードおよび共有されているダッシュボードはすべて、ダッシュボードページにあります。左側のメニューから[ダッシュボード]>[すべてのダッシュボードを表示(View all dashboards)]を選択すると、ダッシュボードのディレクトリ全体にアクセスできます。

Dashboards_ViewAllDashboards.png

または、すでに表示しているダッシュボードの左上から[すべてのダッシュボード(All dashboards)]を選択することもできます。

ダッシュボードはすべて検索可能で、自分で作成したダッシュボードや共有されているダッシュボードでフィルタリングできます。テーブルの列は、名前、説明、作成者、ダッシュボードを最後に更新した人、および最終更新日時で並べ替えることができます。スターアイコンを使用して特定のダッシュボードをお気に入りに登録し、最も関心のあるダッシュボードを確認しやすくすることも可能です。

Engage_Dashboards_Directory.png

テーブル内のダッシュボード行にカーソルを合わせると、自分のダッシュボードを共有、複製、または削除したり、自分と共有されたダッシュボードをディレクトリから削除したりすることもできます。

ダッシュボードを共有する

デフォルトではダッシュボードは非公開に設定されており、自分だけがアクセスできるようになっています。ダッシュボードをPendoサブスクリプション内の他のユーザーと共有するには、[共有(Share)]を選択します。

Engage_Dashboards_Share.png

ダッシュボードの共有について詳しくは、ダッシュボードの共有をご覧ください。

ダッシュボードを表示する

Pendoダッシュボードのプレゼンテーションモードでは、1つのウィジェットを中心にダッシュボードを表示して、他の人と共有するための専用ビューを提供できます。プレゼンテーションモードにするには、ダッシュボードの右上にある省略記号を選択し、[ダッシュボードを表示(Present Dashboard)]を選択して、プレゼンテーション設定ダイアログを開きます。

Dashboard_PresentDashboard.png

プレゼンテーション設定ダイアログでプレゼンテーションモードの設定を行い、[保存して起動(Save and Launch)]を選択します。次回プレゼンテーションモードを起動するときも、これらの設定は記憶されています。

  • ウィジェット間の回転遅延(Rotation Delay Between Widgets)。Pendoが自動的に次のウィジェットに遷移するまでの時間間隔を指定します。数値を入力し、またはを選択します。
  • 全画面表示モード(Fullscreen Mode)。選択すると、プレゼンテーションはブラウザの全画面で表示されます。プレゼンテーションモード中にこのオプションをオンまたはオフにすることもできます。

プレゼンテーションの設定を保存すると、新しい画面に最初のダッシュボードウィジェットが表示されます。指定された時間が経過すると、次のウィジェットが表示されます。また、ウィジェットの左右にある矢印を使用して、必要に応じてウィジェット間を移動することもできます。

ダッシュボードウィジェットに追加された注釈は、それぞれのウィジェットの下に表示され、プレゼンテーション中に状況に応じた情報を提供します。

Engage_Dashboards_PresentationMode.png

画面の右上で、全画面モードの開始または終了、およびプレゼンテーションモードの終了を選択できます。

ダッシュボードを複製する

新しいダッシュボードに必要なものの大半が含まれている既存のダッシュボードがあれば、それをコピーすることができます。自分が作成したダッシュボードや他のユーザーが共有したダッシュボードをコピーできます。ダッシュボードの右上にある省略記号を選択し、[ダッシュボードを複製(Duplicate Dashboard)]を選択します。

Dashboard_DuplicateDashboard.png

新規ダッシュボードには、先ほど複製したダッシュボード名の前に「~のコピー(Copy of)」が入力されます。その後、必要に応じて新規ダッシュボードの名前、説明、アイコン、ウィジェットを更新できます。

Engage_Dashboards_CopyOf.png

ホームダッシュボードの設定

ダッシュボードが複数ある場合、ホームダッシュボードを設定して、Pendoにログインしたときに表示されるダッシュボードを指定できます。他のユーザーが作成して共有した、閲覧専用のダッシュボードもホームとして指定できます。ダッシュボードの右上にある省略記号を選択し、[ホームダッシュボードとして設定(Set as home dashboard)]を選択します。

Dashboard_SetAsHomeDashboard.png

選択すると、ダッシュボードが更新され、タイトルの横にホームアイコンが表示されます。アプリの左上にあるPendoのロゴを選択すれば、いつでもすぐにホームダッシュボードにアクセスできます。

Dashboard_Home.png

ホームダッシュボードとして指定できるダッシュボードは1つのみです。ホームダッシュボードを変更するには、新しく指定するダッシュボードに移動し、上記の手順を繰り返します。

この記事は役に立ちましたか?
35人中21人がこの記事が役に立ったと言っています