粘着性指標ウィジェット

「粘着性指標(Stickiness Metric)」ウィジェットは、訪問者やアカウントのアクティビティの平均頻度を表示することで、アプリのエンゲージメントを測定します。粘着性は、日/週/月ごとのアクティブユーザー指標において、頻度の高いリピーターであるユーザーの割合の平均を調べます。粘着性指標は、 ある期間の平均日別または週別アクティブユーザー平均週別または月別アクティブユーザーの比率を求めるものです。

アプリの粘着性に対するビジネス目標を設定し、アプリやセグメントの粘着性の割合を改善するようにチームに働きかけましょう。プロダクトチームは、ユーザーに価値を提供できるフィーチャーを推奨したり、ユーザーが不満に感じ解約を招きかねないバグを修正したりできます。お客様担当チームは、ユーザーを呼び込み、アプリに引き込むことができます。マーケティングキャンペーン、教育プログラム、販売奨励金などは、粘着性スコアを上げるための良い方法です。

粘着性は、定着化や成長と並んでプロダクトエンゲージメントスコア(Product Engagement Score)の3つの柱の1つです。

 

StickWidget.png 

 

要件

  • すべてのPendoユーザーがこのウィジェットを使用できる

データを理解する

1日、1週間、1か月の間にPendoが記録したイベントがある訪問者またはアカウントがアクティブとみなされます。

StickinessCalc.png

アクティブユーザー指標は、ある期間にプロダクトを使用した一意のユーザーを測定します。現在プロダクトを使用しているユーザーは、日別アクティブユーザーであり、週別アクティブユーザーでもあります。プロダクトを今週使用しているが、今日使用していないユーザーは、週別アクティブユーザーです。次の場合、今日のDAU/WAUは50%です。今日は一意のアクティブユーザーが1人いて、今週は一意のアクティブユーザーが2人います。この計算を毎日処理して平均化すれば、より長い期間の平均DAU/WAUを算出できます。ユーザーがプロダクトに関わり、価値を見出している場合、彼らは頻繁にプロダクトを使用し、長期的なアクティブユーザーに対する短期的なアクティブユーザーの比率は小さくなります。その理由は、週別アクティブユーザーは高い確率で日別のアクティブユーザーであるため、DAU/WAUが100%に近くなるからです。使用する期間は、訪問者がどのくらいの頻度でプロダクトを使用するかによって決定します。

MAUは過去30日間、WAUは過去7日間として計算されます(いずれもPES管理ページの設定により、週末を含むか含まないかを選択でき、週末のデータを単純に計算から差し引きます)。

ライン上のポイントにマウスを合わせると、その日の生データとパーセンテージが表示されます。

StickHoverData.png

 

日別、週別、月別アクティブユーザー数またはアカウント数の比率

粘着性の計算では、アクティブな訪問者やアクティブなアカウントを測定して、粘着率を算出できます。どのような比率を選択するかは、お客様のビジネス、顧客層、そして期待されるユーザーの習慣によって異なります。組み合わせの割合はそれぞれ異なりますが、用途に合った比率を選ぶことが大切です。

可能な組み合わせ

アクティブユーザー別の測定は、個々のユーザーのアクティビティがビジネスの成功にとって重要である場合に使用されます。お客様のアプリで、個人サブスクリプションを所有する単一ユーザーや、端末単位の価格モデルを使っている企業をターゲットにできます。どのユーザーも、コストに見合う価値を見つける必要があります。あるいは、コストは問題ではなく、アプリをすべてのユーザーが頻繁に利用する価値あるツールにしたい可能性もあります。これらのどのシナリオでも、ユーザーの粘着性を測定することは正しい選択です。

  • 日別アクティブユーザー/週別アクティブユーザー:アクティブなユーザーベース。ユーザーがアプリを使用する場合、アプリを頻繁に使ったとしても、習慣的に使ってはいない可能性があります。通常は、日別の一意の訪問者が、少数のサンプルである週別の一意の訪問者と比較されるため、粘着率は中程度になります。
  • 日別アクティブユーザー/月別アクティブユーザー:非常にアクティブなユーザー。ユーザーがアプリを毎日習慣的に使うことを想定しています。通常は、日別の一意の訪問者が、その月のすべての一意の訪問者と比較されるため、粘着率は低くなります。
  • 週別アクティブユーザー/月別アクティブユーザー:ユーザーベースを取り込んでおり、ユーザーがアプリを使用する場合、頻繁に使用しないタスクやメンテナンスを行うだけで、日常的に使用することは想定していません。1か月の週数は相対的に小さく、ユーザーをWAUとして認識できる期間が長いため、通常、粘着率は高くなります。

アクティブなアカウント別の測定は、個々のユーザーが頻繁にアプリを再利用することはないが、アカウントの誰かが頻繁に再利用することが期待される場合に使用されます。これは、システム監視ツール、金融系アプリ、または自動アラートを使用してユーザーの行動を促すプラットフォームで想定されます。ユーザーはアプリに毎日のタスクがあるわけではありませんが、定期的なメンテナンス、計画したワークフローの遂行、および課題の対応のためにアプリを再利用します。

  • 日別アクティブアカウント/週別アクティブアカウント:アクティブなお客様。このアプリは頻繁に使用されるワークフローの一部で、指定のチームのものである可能性が高く、週に1回以上使用されます。通常は、日別の一意のアカウントが、少数のサンプルである週別の一意のアカウントと比較されるため、粘着率は中程度になります。
  • 日別アクティブアカウント/月別アクティブアカウント:非常にアクティブなお客様。このアプリは、アカウントの誰かが、重要な日々のワークフローを完成させたり、情報にアクセスしたりするために毎日使用されています。通常は、日別の一意のアカウントが、その月のすべての一意のアカウントと比較されるため、粘着率は低くなります。
  • 週別のアクティブアカウント/月別のアクティブアカウント:習慣的なお客様。アカウントの誰かが週単位でアプリにアクセスしていることが想定され、トランザクションを完了したりレポートを作成したりするために使用されている可能性があります。1か月の週数は相対的に小さく、アカウントを週別アクティブアカウントとして認識できる期間が長いため、通常、粘着性スコアは高くなります。

週末を非表示にする

[週末を非表示にする(Hide Weekends)] を選択すると、週末に収集されたデータを全体の平均計算から除外し、週末の日付をグラフから除外します。月曜日から金曜日の間に最もよく使われるビジネスアプリの場合、使用されないと想定される週末を計算から除外すると、指標が改善される可能性が高くなります。一般的に、使用されない週末を削除することで粘着率の日別アクティブ(Daily Active)比率が向上しますが、平日の平均使用率は低下しません。週末のみ利用しているユーザーがいた場合、そのユーザーを除外すると、週別アクティブ数と月別アクティブ数の割合が若干減少する可能性があります。

 

ダッシュボードにウィジェットを追加する

1. ダッシュボードの右上にある[+ウィジェットの追加(+ Add Widget)]を選択します。

AddWidget.png

 

2. 利用可能なウィジェットのリストから「粘着性指標(Sticky Metric)」ウィジェット を選択します。

StickinessAdd.png

 

3. ウィジェットを編集して、名前、指標、日付範囲、週末データ、セグメント、およびアプリ設定を選択します。

  • 名前 - ダッシュボード上の表示名
  • 指標 - 日/週/月ごとのアクティブ訪問者またはアカウントを比較するための比率
  • 日付範囲 - ウィジェットで使用されるデータの日付範囲
  • 週末を非表示にする - ウィジェットで週末のデータ(土曜日と日曜日)を非表示にする
  • セグメント - ウィジェットで使用される訪問者またはアカウントデータのセグメント
  • アプリ - 複数のアプリがある場合、ウィジェットが使用するアプリを選択StickEditWidget.png

 

ウィジェットの編集と削除

ウィジェットは編集したり、ダッシュボードから削除したりすることができます。

  • ウィジェットの右上にある[その他(More)]を選択します。
    CEARMoreOptions.png
    • [ウィジェットの編集(Edit Widget)] をクリックすると、ウィジェットの編集モジュールが開きます。ここですべてのウィジェットパラメーターを変更できます。
    • [ウィジェットの削除(Remove Widget)] をクリックすると、ダッシュボードからウィジェットを完全に削除できます。