トラックイベント

最終更新日:

トラックイベントは、アプリ内のユーザーインタラクションに関するインサイトを得るために設定できる特定のイベントです。トラックイベントでは、特定の時間に特定のアクションが発生したことをプログラムでPendoに通知し、このイベントを指定した訪問者とアカウントに関連付けます。

トラックイベントの理解

トラックイベントは、サーバー側とクライアント側の両方の形式をとることができ、フィーチャークリックイベントまたはページ読み込みイベントとして自動収集されないインタラクションを収集します。

  クライアント側 サーバー側

ブラウザのエラーやダウンロードの完了など、クリックイベントや読み込みイベントとして自動収集されないイベント。

APIコールやユーザーに送信されるメールなどのアクション。
送信方法 アプリケーションのフロントエンドのコードのJavascriptを通じて送信されます。 REST APIコールとして送信されます。
ユーザーの関連付け 訪問者IDとアカウントIDは、Pendoエージェントを通じてトラックイベントに自動的に関連付けられます。 APIコールには、関連する訪問者IDとアカウントIDを含める必要があり、これらのユーザーのウェブイベントと一致する必要があります。
認証 インストールスクリプトによって自動処理されます。 共有秘密鍵を使用する必要があります。

Twilio Segmentとのインテグレーションまたはモバイル向けPendoを通じてトラックイベントを送信することもできます。詳細については、Twilio Segmentとのインテグレーションの概要ノーコードトラッキングとトラックイベントを参照してください。

イベントプロパティはトラックイベントの重要な要素です。これがあることで、トラックイベントが生成される際に、そのトラックイベントに関する詳細が提供されるからです。たとえば、訪問者が新しいプランに登録したときにトラックイベントが生成されるように設定するのであれば、イベントプロパティを使用することで、その訪問者がどのプランに登録したかを把握できます。

アプリでのトラックイベントの設定

Pendoでトラックイベントデータを表示するには、まずアプリ内でトラックイベントを設定する必要があります。これには開発チームの支援が必要です。

トラックイベントの設定は、以下の点でページやフィーチャーのタグ付けとは異なります。

  • 設定は、トラックイベントのデータにアクセスするための前提条件です。つまり、トラックイベントに関連付けられた履歴データは存在しません。
  • 設定後、トラックイベントはPendoにリアルタイムで表示されるため、手動でタグ付けする必要はなくなります。

トラックイベントの設定方法については、トラックイベントの設定を参照してください。

Pendoでのトラックイベントの表示と管理

トラックイベントのデータは、データエクスプローラレポート、パスファネルリテンションレポート、訪問者レポートアカウントレポート訪問者のタイムラインで確認できます。

また、左側のナビゲーションメニューから[プロダクト(Product)]>[トラックイベント(Track Events)]を開いてトラックイベントのデータを確認することもできます。

トラックイベントページ

[トラックイベント]ページには、Pendoが受信したすべてのトラックイベントが一覧表示され、ページ上部で設定したフィルターに基づいてデータが提供されます。

表の右上にある[列を管理(Manage columns)]アイコンを選択すると、表への列の追加や削除が可能です。

TrackEvents_ManageColumns.png

テーブルの結果を絞り込むには、上部のフィルターを使用するか、名前と説明で検索します。

トラックイベントの詳細

[トラックイベント]ページからトラックイベントを選択すると、特定のトラックイベントの詳細ページが開き、追加のデータが表示されます。

トラックイベントの名前、アプリ、割り当てられたプロダクトエリア、および説明が、ページの左上に表示されます。必要に応じて、以下を実施します。

  • トラックイベント名を選択して名前を変更します。イベント名を編集した場合、更新後の名前はPendo UIにのみ反映されます。ただし、最初に設定したのと同じ名前を使用してイベントを送信する必要があります。
  • プロダクトエリア名の横にあるドロップダウン矢印を選択して、新しいプロダクトエリアを割り当てます。
  • アプリとプロダクトエリアの下に表示されるテキストを選択して、説明を追加するか、既存の説明を変更します。説明は280文字以内にする必要があります。

ページの右上では、トラックイベントの削除、お気に入りへの登録、使用目標の作成のいずれかを選択できます。トラックイベントを削除すると、削除した名前では新規トラックイベントを作成できません。誤ってイベントを削除してしまい、再度有効にしたい場合は、Pendoサポートにご連絡ください。

TrackEventDetails.png

フィルターの下にある[トラックイベントの詳細(Track Event Details)]ページには、3つの基本的な指標が表示されます。これらの指標には、ページ上部で選択したセグメント、日付範囲、およびアカウントが考慮され、以下の情報が含まれます。

  • 訪問者数(Number of Visitors)- トラックイベントを生成した訪問者の総数を示します。
  • アカウント数(Number of Accounts)- トラックイベントを生成したアカウントの総数を示します。
  • トラックイベント数(Number of Track Events)- トラックイベントが生成されたインスタンスの総数を示します。

これらの指標の下には、デフォルトで選択した日付範囲の[日次のトラックイベント(Daily Track Events)]の総数を示す積み上げ面グラフが表示されます。グラフのタイトルのドロップダウン矢印を使用すると、[週次の訪問者数(Weekly Visitors)]など、表示する日付範囲やデータを変更できます。グラフ内のデータポイントにマウスポインタを合わせると、関連するイベント数、訪問者数、アカウント数を表示します。また、マウスポインタを合わせることで、前のデータポイントに基づいた傾向も見ることができます。トレンド情報が「undefined」である場合、以前の値が0だったことを示します。

TrackEventDetails_Chart.png

積み上げ面グラフの下にあるリストでは、トラックイベントを生成した[上位訪問者(Top Visitors)][上位アカウント(Top Accounts)]を確認できます。リストの下にある[すべての訪問者を表示(View All Visitors)]または[すべてのアカウントを表示(View All Accounts)]を選択すると、関連付けられたすべての訪問者またはアカウントを一覧表示したレポートを表示し、CSVファイルにエクスポートできます。

TrackEvents_Details_TopVisitorsAccounts.png

ページの下部にある[イベントの詳細(Event Breakdown)]表では、トラックイベントを生成した訪問者に関連付けられた一意のイベントプロパティの組み合わせが一覧表示されます。同じイベントプロパティが同じ訪問者から10回送信された場合、[合計イベント数(Total Events)]が10のデータが1行のみ入力されます。表ヘッダーの横の数値は、生成されたトラックイベントの総数ではなく、一意のイベントプロパティの組み合わせの総数を表します。

この表には最大5,000行が含まれます。[CSVをダウンロード(Download CSV)]アイコンを選択すると、完全なデータセットをCSVにエクスポートできます。

TrackEvents_Details_DownloadCSV.png

表の右上にある[列を管理]アイコンを選択して、表の列を必要に応じて変更できます。

セグメントでのトラックイベントルールの使用

特定のトラックイベントを一度も生成したことがない訪問者や、特定の期間内にイベントを10回以上生成した訪問者など、Pendoでのトラックイベントの使用状況に基づいてセグメントを作成できます。

セグメントを作成するには、セグメントビルダーを開いてルールを追加し、[プロダクトの使用状況(Product Usage)]セクションの下部にある[トラックイベント]を選択して、追加のドロップダウンオプションを必要に応じて更新します。

Segments_CreateSegment_TrackEventRule.png

[イベントプロパティを使用(Use Event Property)]を選択して、セグメントルールにイベントプロパティフィルターを追加することもできます。オプションには、グローバルイベントプロパティ、設定済みのカスタムイベントプロパティ、および履歴メタデータとして有効なメタデータが含まれます。

注:ガイドの適格性を確認するためにセグメントを使用する場合、イベントプロパティは使用できず、「使用済み(used)」または「未使用(not used)」のオプションに限られます。詳しくは、ガイドのターゲット設定に適さないセグメントを参照してください。

その他のリソースを見る

Pendo Academyでは、トラックイベントの使用タイミングや設定方法の概要を説明しています。

トラックイベントの設定が完了したら、トラックイベントの使用方法の動画を再生して、Pendoのアナリティクスやガイドでトラックイベントを活用する方法を学ぶことができます。

この記事は役に立ちましたか?
56人中12人がこの記事が役に立ったと言っています