ファネル

概要

ファネルは、定義した一連のステップをお客様がどのように進むかを測定できる分析ツールです。このツールを使えば、お客様がどのステップで「離脱」したかを明確にすることができます。

ここからは、パスツール(Paths Tool)を使用します。「離脱」してどこに移動するのかを学ぶことで、プロダクトを改善してお客様をファネルの中にとどまらせることができます。

ファネルの作成

[ファネル(Funnel)]タブで、[ファネルの作成(Create a Funnel)]ボタンをクリックします。

createFunnel.png

最初に名前を付けます。次に、[表示(Visibility)]およびセグメントルールを設定します。[日付範囲(Date Range)]を選択し、分析する[ファネルステップ(Funnel Steps)]を定義します。終了したら、[ファネルの作成(Create Funnel)]ボタンをクリックします。

funnelForm.png

ユーザーセッションの模倣

Pendoにはユーザー「セッション」という概念はありません。これは、Pendoが、関連する「タグ」に基づいてユーザーデータを収集するためです。セッションの概念を模倣する一番の方法は、ログインボタンやホームページなどの共通の開始点とログアウトボタンにタグを付けることです。

ファネルの行動

ファネルは、定義したファネルステップの間にある中間ステップは無視します。ただし、エントリイベント(このイベントにより訪問者がファネルの先頭にリセットされる)の場合は無視しません。ファネルは、[ページ(Page)]や[フィーチャー(Feature)]について事前に設定した順序です。

順序の重要性

  • ファネルの定義が1、2、3、4で、訪問者が1、3、4、2の順序で実行した場合、訪問者はファネルの2番目のステップまで登録され、その後は離脱したことになります。
  • 訪問者が1、3、4の順に実行した場合、1のステップにだけ登録され、その後は離脱したことになります。

定義した時間内に次のファネルステップを完了しない場合もタイムアウトで離脱したことになります。タイムアウトはファネルの編集時に[詳細オプション(Advanced Options)]で定義します(デフォルト値は60分)。

訪問者がファネルに複数回入った場合は、毎回それが記録されます。同じファネルに複数回入った場合も、その回数分すべて記録されます。

クロスアプリファネル

複数のアプリケーションをお持ちのお客様には、アプリケーションを選択するオプションも表示されます。

mceclip0.png

[ファネルステップ(Funnel Steps)]セクションで、アプリ、ページ、フィーチャー、またはトラックイベントを選択します。[ステップの追加(+ Add Step)]ボタンが表示されます。クリックしてオプションを追加します。

次のファネルステップを入力します。別のウェブアプリやモバイルアプリを選択することもできます。

mceclip1.png

すべてのステップを選択したら、[ファネルの作成]をクリックします。

[ファネルの表示(Funnel visualization)]では、それぞれのアプリの凡例が表示の上部に配置され、ページ、フィーチャー、またはトラックイベントを適切なアプリと関連付けることができます。

cross-app-funnel.png

 

注:この図のステップの上にカーソルを合わせると色が暗くなります。

 

レポートを保存すると、ファネルレポートタイプが[複数アプリ(Multiple Apps)]となってファネルレポートのリストに表示されます。

mceclip2.png