推奨フィーチャー

最終更新日:

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)の推奨フィーチャー(Suggested Features)リストは、エンゲージメントの高いアプリケーション内のUI要素に推奨フィーチャータグを生成します。これにより、ユーザーがアプリケーションでUI要素をどのように利用しているかの概要がわかり、エンゲージメントデータに基づいてタグに優先順位を付けることができます。

機能

Pendoは、アプリケーション内のボタン、リンク、入力ボックス(入力ボックス内のテキストは除く)などのUI要素を検出し、これらの要素にタグ付けするための関連するCSSを特定します。次に、Pendoは過去36時間におけるこれらの要素への高いエンゲージメントを示すイベントに基づいて、ビジュアルデザインスタジオの[推奨フィーチャー]セクションにデータを提供します。

さらに、UIのヒートマップは、このエンゲージメントに基づいてPendoが検出したアプリケーション内の要素を視覚的に表示します。詳細については、フィーチャーヒートマップ(ビジュアルデザインスタジオ)を参照してください。現在、ヒートマップ機能はモバイルのお客様はご利用いただけませんのでご注意ください。

Pendoは、タグ付けされた後にのみフィーチャーデータの処理を開始します。推奨フィーチャーはまだタグ付けも処理もされていません。推奨フィーチャーが承認され(タグ付けされ)、データ処理が完了するまで、完全な遡及分析データを表示することはできず、推奨フィーチャーをレポートやタグ付けに使用することもできません。

推奨フィーチャーを承認して作成を終了するか、推奨フィーチャーを削除することができます。手順については、この記事の推奨の承認または削除を参照してください。

前提条件

  • タグの設定、承認が可能なPendo管理者ユーザー。
  • [アプリの詳細(App Details)]での推奨フィーチャーの有効化

推奨フィーチャーの確認

推奨フィーチャーテーブルをビジュアルデザインスタジオで検索するには、[プロダクト(Product)]>[フィーチャー(Features)] に移動し、画面右上の[フィーチャーのタグ付け(Tag Features)]を選択してビジュアルデザインスタジオを開きます。[並べてタグ付けする(Tag side-by-side)]を選択すると、ビジュアルデザインスタジオでスクロールせずに推奨リスト全体を表示できます。並べてタグ付けするモードの詳細については、ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)によるタグ付けを参照してください。

[推奨フィーチャー]タブを開くと、公開環境およびステージング環境の両方で、過去36時間にイベントに表示された、タグ付けされていないフィーチャーのリストが表示されます。過去36時間使用されなかったUI要素は、再び使用されるまでリストから削除されます。

リスト内の項目にカーソルを合わせると、各項目がアプリケーション内のどの要素に対応するかを確認できます。推奨フィーチャーに対応する要素は、[推奨フィーチャー]テーブルで各要素にカーソルを合わせると強調表示されます。

ビジュアルデザインスタジオの下部にあるトグルを使用してヒートマップをオンにすると、各推奨フィーチャーがどの程度のエンゲージメントを獲得したかを視覚的に表すことができます。ヒートマップの項目を選択すると、推奨フィーチャーリストで強調表示できます。詳細については、フィーチャーヒートマップ(ビジュアルデザインスタジオ)を参照してください。

推奨フィーチャーリストに表示されるデータは、フィーチャーリストに追加するためにタグ付けしたときに表示されるデータと異なる場合があります。これは、推奨フィーチャーには公開環境とステージング環境の両方のデータが含まれているのに対し、タグ付けしたフィーチャーには公開環境のデータしか含まれていないためです。

推奨の承認または削除

推奨の承認または削除を判断する前に、リストから推奨フィーチャーを選択し、タグ付けするUI要素と、そのUI要素がどれくらい利用されているかを確認します。推奨フィーチャーは、赤い実線で囲まれています。推奨の承認または削除を判断する前に、以下を実施することをお勧めします。

  1. 推奨フィーチャーのエンゲージメントを検討します。ヒートマップをオンにして、推奨フィーチャーにカーソルを合わせると、UI要素に対する訪問者のエンゲージメントが色ベースで表示されます。詳細については、フィーチャーヒートマップ(ビジュアルデザインスタジオ)を参照してください。
  2. 推奨フィーチャーの詳細を表示します。テーブル内の推奨フィーチャーの横にある[タグ(Tag)]を選択すると、その詳細が表示されます。現在表示しているフィーチャーにタグを付けずに推奨フィーチャーのリストに戻るには、 [キャンセル(Cancel)]を選択します。

推奨を承認する

推奨フィーチャー承認するには、推奨フィーチャーの行の最後にある[タグ]を選択し、必要に応じて以下を確認して編集します。

  1. 名前を編集します。推奨フィーチャーでは、基礎となるHTMLに基づくシンプルなデフォルト名が提供されます。別の名前に変更することも、デフォルト名をそのまま使用することもできます。
  2. Pendoのページを追加します。デフォルトでは空白になっています。該当するページがまだPendoに存在しない場合は、[ターゲットページ(Page Location)][ページをタグ付け(Tag Page)]を選択します。
  3. プロダクトエリアを追加します。デフォルトでは空白になっています。

完了したら、ビジュアルデザインスタジオの右下にある[保存(Save)]を選択します。これにより、ルールが処理ステータスでフィーチャーリストに移動します。処理には最大1時間かかる場合があります。

推奨を削除する

推奨フィーチャーを削除するには、推奨フィーチャーの行の最後にあるゴミ箱アイコンを選択します。これにより、推奨フィーチャーがリストから削除され、そのフィーチャーが再度推奨されることはありません。削除された推奨はリストには再表示されませんが、フィーチャーのタグ付けと表示で概説された手順に従って、手動で作成することができます。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています