ページのタグ付けを行うURL

最終更新日:

この記事では、URL構文を使用して、ページのタグ付けでルールを作成する方法について説明します。また、ページのタグ付けルールの編集方法の例とガイダンスが含まれています。ページのタグ付けの概要については、ページのタグ付けと表示を参照してください。

URL構文

Parts_of_a_URL.png

Pendoは標準的なウェブURL構文ルールに従って、ページにタグ付けを行います。URLは複数の部分で構成されています。URLの主要部分は、通信プロトコル、サブドメイン、ドメインもしくはホスト名、およびパスから成ります。たとえば、URL「https://www.example.com/category/user/profile.html」は、次のように構成されています。

URL構文 説明
https:// ブラウザがウェブサイトにアクセスするために使用する必要がある通信プロトコルまたはスキーム。
www. サブドメイン。これはドメインを共有するウェブサイトのさまざまな部分をグループ化したものです。これは、www.である必要はありません。たとえば、https://app.example.comのようにapp.とすることも可能です。
example.com

ドメイン名。これはセカンドレベルドメイン(example)とトップレベルドメイン(.com)の2つの部分で構成されます。これらは、単純にまとめて参照されることがよくあります。

Pendoはデフォルトでワイルドカード(*)を使用してドメインを非表示にできます。これは、Pendoを複数の環境(ステージング、テスト、本番)にインストールする際にワイルドカードを使うことで、各環境ですべてに再度タグ付けする必要がないようにするためです。

/category/user/profile.html

ウェブサーバー上のリソースへのパス。ドメインの後にあるものはすべてパスです。これは、ドメイン内の特定のコンテンツやフォルダを識別するものです。以下に例を示します。

  • categoryはサブフォルダーであり、サブディレクトリと呼ばれることもあります。ちょうどパソコンのフォルダーのようなものです。
  • profile.htmlはページです。これはコンテンツを含むエンドポイントです。ファイルの種類によって異なる拡張子を持つことも、単にスラッシュで終わることもあります。

ほとんどの場合、パスは大文字と小文字が区別されます。このため、Pendoではタグ付けされたページのケース構文を取り込むことをお勧めします。

URLはこれより複雑な場合もあれば、そうでない場合もあります。以下の例を参照してください。

フラグメントの例

フラグメントは、ウェブページ内のセクションを参照する内部ページ参照で、名前付きアンカーと呼ばれることもあります。通常、フラグメントはURLの末尾に表示され、ハッシュタグ(#)で始まり、その後に識別子が続きます。たとえば、URL https://www.example.com#someHeaderには、次の部分が含まれています。

  • https://は通信プロトコル

  • www.はサブドメイン

  • example.comはドメイン

  • #someHeaderはフラグメント

パスフラグメントの例

パスフラグメントとは、ウェブサイトのウェブフレームワーク技術のルーティングとして使用される内部ページ参照のことです。通常、パスフラグメントはURLの末尾に表示され、ハッシュタグ(#)で始まり、その後に識別子が続きます。たとえば、URL https://www.example.com#products/widgets/12345には、次の部分が含まれています。

  • https://は通信プロトコル

  • www.はサブドメイン

  • example.comはドメイン

  • #products/widgets/12345はパスフラグメント

クエリパラメータの例

クエリパラメータは、URLの末尾で渡されるデータに基づいて、特定のコンテンツやアクションを定義します。通常、クエリパラメータはURLの末尾に表示され、疑問符(?)で始まり、その後にクエリパラメータが続きます。たとえば、URL https://www.example.com?products=widgetsには、次の部分が含まれます。

  • https://は通信プロトコル

  • www.はサブドメイン

  • example.comはドメイン

  • ?products=widgetsはクエリパラメータで、キーと値のペア

疑問符(?)に続く文字列に複数のクエリパラメータがある場合、通常、キーと値のペアはアンパサンド(&)で区切られます。例:?products=widgets&source=browser-search

パスフラグメントクエリパラメータの例

URLの末尾には、パス、フラグメント、クエリパラメータを組み合わせて記述することが可能です。たとえば、URL https://www.example.com/#products/widgets?item=12345 には、次の部分が含まれています。

  • https://は通信プロトコル

  • www.はサブドメイン

  • example.comはドメイン

  • #products=widgetsは、ウェブフレームワークのルーティングに使用されるパスフラグメント

  • ?item=12345は、パスフラグメントのクエリパラメータで、キーと値のペア

URL構文の例

このセクションでは、ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でページにタグ付けする際に、ルールビルダー、もしくはカスタムURLオプションを使用してルールを作成する場合に使用できるステートメントと同等の構文の概要と例を示します。この2つのオプションについては、ページのタグ付けと表示の記事を参照してください。

ルールビルダーのステートメントとURL構文

ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でページにタグ付けするためのルールビルダーオプションは、タグ付け用に入力したURLの一部にステートメントを適用するオプションを提供することによって、ルールを作成するのに役立ちます。このセクションでは、これらのステートメントについて説明します。

詳細 構文 説明
<Ignore> /*/ 2つのスラッシュ内すべてを無視します。
<Ignore after> **

ルールを追加しない限り、2つのアスタリスク後のURL内のすべてを無視します。**に続くルールが尊重されます。たとえば、//*/**/pathwww.example.com/some/long/pathと一致します。

<Parameter> /*parameter*/ 2つのスラッシュ内すべてを無視します。
<Contains> ~contains: 後続の特定の文字列が含まれます。
search_params=_value ?parameter= value パラメータが指定した値と一致する場合。
search_params=<anything> ?parameter パラメータが任意の値と一致する場合。

カスタムURL構文の例

ビジュアルデザインスタジオでページのタグ付けに、カスタムURLオプションを使用すると、標準のURL構文を使用してページルールを作成できます。このセクションでは、この構文の例をご紹介します。詳細については、本記事のサポートされているURLのセクションを参照してください。

サブドメインの例

構文 説明 一致しない
//~contains:pendo.io/**

https://app.pendo.io

および

https://help.pendo.io

https://mindtheproduct.com

クエリパラメータの例

構文 説明 一致しない
//www.pendo.io/features?language=english https://www.pendo.io/features?language=english https://www.pendo.io/features?language=french
//www.pendo.io/features?language

https://www.pendo.io/features?language=english

および

https://www.pendo.io/features?language=french

 

タグ付けルールの組み合わせ

ユーザーによるアプリケーション操作はイベントの生データとして収集され、Pendoエージェントを通じてPendoに送信されます。Pendoはこれらのイベントを処理し、ページのタグ付け用に作成したルールと照合します。ページのタグ付けルールで定義したイベントのみが、そのページのアナリティクスに取り込まれます。指定したページをベースにセグメント化やフィルタリングを行う場合、Pendoではイベントの生データを1件ずつ検索し、そのページ用に定義されたルールに一致するイベントのみを取り込みます。つまり、複数のルールを組み合わせれば、さらに充実したアナリティクスが実現できます。

Pendoのページは複数のルールで構成でき、ルールには複数のURLを収集するワイルドカードを含めることができます。これにより、イベントの生データの検索精度を高め、同じURLのバリエーションなど、特定のページビューでカウントすべきものを定義できます。また、アプリケーション全体やアプリケーションの各エリアのビューを表すページを作成することもできます。これは、セグメント化やレポートの作成、ガイドのターゲティングに役立ちます。たとえば、Pendoに「すべての連絡先」というページを設け、そこにすべての連絡先情報を収集することも可能です。

1つのページにあるURLのグループだけでなく、他のページにあるそのグループに属する個々のURLも収集できます。これによりアナリティクスの柔軟性が向上し、最も有用なデータにたどり着くことができます。タグ付けされた複数のページ用のタグ付けルールがあり、あるイベントが定義された基準を満たす場合、そのイベントは各ページの指標に取り込まれます。

たとえば、URLのグループ全体を収集する「すべての連絡先」という1つのページに加え、個々の連絡先情報をPendoの個別のページとして収集したいと仮定します。「すべての連絡先」ページと個々の連絡先情報ページの間で複数のタグ付けルールがあったり、同一のルールがあったりしても、お互いに影響することはありません。むしろ、複数または同一のタグ付けルールを持つページは、一致するタグを持つ関連する各ページに対して同じイベントをカウントします。

URLの例 タグ付けルール ページ ページ閲覧数

https://www.example.com/contacts

//*/contacts 連絡先のランディングページ 10

https://www.example.com/contacts/

steverogers

//*/contacts/SteveRogers Steve Rogers 2

https://www.example.com/contacts/

tonystark

//*/contacts/TonyStark

Tony Stark

3

https://www.example.com/contacts/jenniferwalters

//*/contacts/JenniferWalters

Jennifer Walter

1

https://www.example.com/contacts/thorodinson

//*/contacts/ThorOdinson

Thor Odinson

4

https://www.example.com/contacts/natasharomanoff

//*/contacts/NatashaRomanoff

Natasha Romanoff

2

上記のすべて

//*/contacts

//*contacts/*

すべての連絡先

22

パラメータ化されたURL

Pendoには、URLをパラメータ化する機能があります。これは、作成したPendoのページの下に様々なワイルドカードの結果をネストできることを除けば、ワイルドカード*と同様の機能です。これは便利な機能で、無数のURLを対象に、ひとつのエントリでページルールを作成することができます。

たとえば、以下のような3つのURLがあり、それらのコンテンツが類似していたり、一緒に表示したい場合。

https://www.pendo.io/features/foo/

https://www.pendo.io/features/bar/

https://www.pendo.io/features/ipsum/

次のページルールを使用すると、3つすべてを取得できます。

https://www.pendo.io/features/*parameter*/

これらはサブスクリプション内のページルールの下に以下のように表示されます。

ExamplepageParameters.png

上記と同じ構文を使用して、単一のクエリパラメータをページパラメータとして保存できます。例:https://www.pendo.io?first=*parameterValue*

*parameter*でページルールを使用している場合、同じページに他のルールを含めることはできません。含めた場合、上位のパラメータデータが表示されません。

Pendo UIには、上位100個のパラメータのみが表示されます。収集したすべてのページパラメータを分析するには、APIを使用したページパラメータの分析に記載されているAPIを使用します。

URLにUTMパラメータを追加する

UTMとはURLの末尾に追加するタグで、リンクのソースに関する情報を提供します。たとえば、UTMを追加したリンクをメールに埋め込む場合、リンクは www.example.com?utm_source=emailのようになります。URLにutm_sourceを追加することで、各ソースからのアクティビティを個別に追跡できます。

UTMパラメータ値に関するアナリティクスを表示するには、UTMパラメータをPendoのページとしてタグ付けする必要があります。Pendoでは、以下の2つのいずれかの方法を使用して、PendoのページとしてUTMパラメータをタグ付けすることを推奨します。

  • 各URLにタグを付けて、UTMパラメータ値ごとに1つのページを作成する。
  • Pendoのパラメータ機能を使って、有効なすべてのUTM値をする収集する1つのページを作成する。

方法1. UTMパラメータ値ごとにページを作成する

UTMパラメータ値の数が限られている場合や、選択した一部のパラメータ値のみに関心がある場合は、Pendoの個別のページとして各値をタグ付けします。PendoではUTMパラメータ値ごとにページが作成されるため、個々のUTMソースごとに使用状況アナリティクスを表示できます。また、データエクスプローラ、ファネル、パスのレポートなどを含むPendo UI全体で各値を調べることもできます。

たとえば、以下の3つのutm_source値に関するアクティビティを表示するために、各パラメータ値ごとにPendoのページを作成するといったことが、この方法に該当します。

URL ページのタグ付けルール

https://www.pendo.io?utm_source=email

//*/?utm_source=email

https://www.pendo.io?utm_source=blog_post

//*/?utm_source=blog_post

https://www.pendo.io?utm_source=referral

//*/?utm_source=referral

方法2. 複数のUTMパラメータ値を収集するページを作成する

UTMパラメータとして有効な値が多くある場合、Pendoのパラメータ機能を使用して、有効な値すべてをPendoの1つのページに収集するルールを1つ作成します。

たとえば、以下の3つのutm_source値すべてのアクティビティを表示できるページを、1つのパラメータを持つ1つのルールで作成することができます。これらの値は、そのページの [上位パラメータ(Top Parameters)]の下に表示され、各値の閲覧数もこのパラメータテーブルに表示されます。

URL ページのタグ付けルール

https://www.pendo.io?utm_source=email

//*/?utm_source=*parameter*

https://www.pendo.io?utm_source=blog_post

https://www.pendo.io?utm_source=referral

サポートされているURL

次の表に、サポートされている標準のURL構文と例を示します。

  説明
標準URL ウェブページの完全なアドレス。

https://www.pendo.io/features/platform/index.html

ワイルドカード(*

URLに含まれる任意の数の文字と一致するようにするために使用されるシンボル。複数のワイルドカードを使用できます。

https://www.pendo.io/features/*

https://www.pendo.io/features/platform/index.html/*/*

以降は無視(** 2つのワイルドカードの後はすべて無視します。 https://www.pendo.io/features/platform/index.html/users/**
フラグメント(# 内部ページの参照。

https://domain.com/#page1

注:ページルールでは、フラグメント(#)の後にワイルドカード(*)を使用することはできません。

パスフラグメント(#もしくは#! 内部ページのルーティング。

https://domain.com/#documents/engineering/widgets

注:パスのフラグメントにワイルドカード(*)を使用することはできません。

含む(~contains: 特定の文字列を含めます。

https://www.pendo.io/features/platform/index.html/users/~contains:dashboard

パラメータの存在を照会(? パラメータが存在するかどうかを照会します。 https://pendo.io?mobile
パラメータ値を照会(?および= パラメータの値を照会します。

https://pendo.io?language=english

複数のクエリパラメータ(?&、および= 複数のパラメータの存在と値を照会します。 https://pendo.io?mobile&language=english

Pendoはhttps://domain.com/#page1https://domain.com/#page2の違いを認識します。ページルールhttps://*は、両方のURLと一致します。URLがこのように構成されていて、https://domain.comのみに対応するページルールが必要な場合は、ロケーションAPIについてのドキュメントを確認してください。

サポートされていないURL

以下の表は、サポートされていないURL構文と例を示します。

ページパラメータ(;の後、?または#の前のセクション) Pendoは、URLで動的に設定されたページパラメータをスキップします。
ページルール内のNOTのあらゆる形式 PendoはURL構文でNOTをサポートしていません。
クエリ(?)の後に含む(~contains:

PendoはURL構文で~contains:?をサポートしていません。

*は、2つのスラッシュの間で文字列の全体を照合する場合にのみワイルドカードとして機能する たとえば、https://www.pendo.io/featureshttps://*/*と一致しますが、//*.pendo.io/features//www.pendo.io/f*sとは一致しません。
*~contains:?の後では機能しない ワイルドカードと「Contains」は文字通りに扱われます。
クエリパラメータの順序は、?の後では無視される たとえば、https://www.pendo.io?first=one&second=twohttps://www.pendo.io?second=two&first=oneは、どちらもページルール//www.pendo.io?first=one&second=twoと一致します。

URLの正規化

正規化により、URLをルールに一致した、一貫性と信頼性が高いフォーマットに変換します。具体的には、スペースに対して%20+などの特別なルールを適用します。これは、URLでスペースが伝達される方法ごとに、複数のルールを作成する必要がないようにするためです。また、パスフラグメントに対しては、##!に正規化します。これは、フラグメントとパスフラグメントを区別するためのものです。

下の表は、元のURLがどのように正規化され、どのようなルールに一致するのかの例を示しています。

元のURL 正規化済みURL 一致ルール

https://www.example.com/%20bar

https://www.example.com/foo+bar

//*/foo%20bar

https://www.example.com/foo+bar

https://www.example.com/foo+2Bbar

//*/foo+bar

//*/foo%20bar

https://www.example.com/?query=foo%20bar

https://www.example.com/foo+bar

//*?query=foo+bar

//*?query=foo%20bar

https://www.example.com/#path/to/page/

https://www.example.com/#!path/to/page

//*#!/page/to/page

https://www.domain.com/#documents/123/widgets/

https://www.domain.com/#!documents/123/widget

//*/#!/documents/*/widgets

この記事は役に立ちましたか?
54人中23人がこの記事が役に立ったと言っています