レシピ:リソースセンターにZendeskリクエストのリンクを追加する

注:この記事では、2019年2月18日より後にリリースされたリソースセンターで使用できるレシピについて説明します。

概要

Pendoのテクニカルサポートチームに連絡する場合は、リソースセンター内の「テクニカルサポート」モジュールを使ってリクエストを送信します。

mceclip0.png

このレシピでは、独自のリソースセンター用にカスタムモジュールを構築する方法について説明します。

材料(必要なもの)

リソースセンターの設定には、以下が必要です。

  • Pendoサブスクリプションの管理者権限
  • 新しいZendeskリクエストを作成するためのリンク
  • Zendeskリクエストをすべて表示するためのリンク

 

方法

ステップ1:リソースセンターに移動する

左側のナビゲーションで[ガイド(Guides)]セクションをクリックし、次に[リソースセンター(Resource Center)]をクリックします。

mceclip0.png

:複数のアプリケーションが設定されている場合は、設定されているリソースセンターのリストが表示されます。このカスタムモジュールを追加するリソースセンターを選択します。

ステップ2:新しいサンドボックスモジュールを追加する

新しいモジュールを追加するには、ドラフトタブの[ホームビュー(Home View)]の上にカーソルを置き、[モジュールの追加(Add Module)]オプションを表示します。

 mceclip1.png

[サンドボックス(Sandbox)]モジュールをクリックし、[モジュールを追加(Add Modules)]を選択します。

mceclip3.png 

ステップ3:ビジュアルデザインスタジオでサンドボックスモジュールを設定する

ビジュアルデザインスタジオでリソースセンターを開き、[アプリで管理(Manage in App)]オプションをクリックします。

mceclip8.png

デザイナーに表示されたら、トレイでサンドボックスモジュールを選択し、サンプルのHTML/CSSコードのスニペットをベーステンプレートとして使用してモジュールを設定します。

mceclip4.png

mceclip5.png

HTMLスニペット

<div id="intro">
< h3>さらにサポートが必要な場合はテクニカルサポートチームにお問い合わせいただくか、以下のページで既存の全チケットをご覧ください。</h3>
</div>

<div id="support-links">
<button class="button-link-1">
<a href="add-your-zendesk-request-link-here" target="_blank">新しいチケットを作成</a>
</button>
<button class="button-link-2">
<a href="add-your-zendesk-see-all-requests-link-here" target="_blank">すべてのチケットを表示</a>
</button>
</div>

<div class="note">
Powered by Zendesk
</div>

CSSスニペット

h3 {
padding-left: 30px;
padding-right: 30px;
font-size: 16px;
font-family: inherit;
}

.button-link-1, .button-link-2 {
padding: 30px;
margin-top: 5%;
margin-bottom: 3%;
margin-left: 10%;
margin-right: 10%;
width: 80%;
border: 1px #eee;
border-style: solid;
font-weight: 600;
}

.note {
padding: 50px;
text-align: center;
color: #ccc;
}

モジュールの設定が完了したら、変更を保存してデザイナーを終了します。

mceclip6.png

ステップ4:対象セグメントを調整する(該当する場合)

Zendeskの新規リクエストは、エージェントではなく、エンドユーザーのみが送信できます。必要に応じて顧客にセグメント化することで、このモジュールを社内のユーザーに対して非表示にすることができます。

:次のステップでモジュールをテストできるように、一時的に自分をセグメントに追加してください。

mceclip9.png

ステップ5:変更をステージングする

変更内容を「ステージング」にプッシュすると、ステージング環境でモジュールを確認し、テストすることができます。

mceclip10.png

ヒント:ユーザーがセグメント化のルールを満たしていない場合、そのユーザーのリソースセンターにはモジュールが表示されません。

ステージング環境がない場合は、自分で対象のセグメントを更新し、それをステージングにプッシュすることができます。プッシュしたら、本番環境に移行する際に自分でテストできます。

ステップ6:本番環境に展開する

モジュールのテストが終わったら、更新を本番環境にプッシュできます。

mceclip11.png

ヒント:テストのためにセグメントを更新し、自分に設定した場合は、対象となるセグメントをエンドユーザーに戻してから、再度本番環境にプッシュします。