レシピ:フィーチャー定着率の向上

競争の激しいソフトウェア市場では、企業はユーザーをひきつけ、喜ばせて、維持するための革新的なフィーチャーを開発するよう促されます。企業は、エンジニアリングの人員からマーケティング予算、フィーチャーの開発とリリースまで、さまざまな組織リソースを割り当てます。

新しいものを急いで開発すると、既存のフィーチャーが取り残される可能性があります。長期的な戦略的利益は、短期的な利益のために置き去りにされます。さらに、新しいフィーチャーのリリースが急激なペースで行われていると、チームは既存のフィーチャーがどのように使用されているのか(そもそも使われているのか)を検証する時間がありません。

フィーチャーの定着を促すことで、アプリケーションの中でも特に重要なフィーチャーが顧客に表示され、利用されるようになります。次のようなプラスのビジネス成果があります。

  • 新しいフィーチャーの認知度と定着率の改善
  • 開発リソースを集中させる機会の特定
  • 新しいフィーチャーを利用した目標エンドユーザー数の達成
  • あまり、またはまったく使われていないフィーチャーの発見

ステップ1:定着率を高める必要のあるフィーチャーを特定する

ユーザーとアプリケーションのフィーチャーとのインタラクションを調べます。Pendoを使って、どのフィーチャーがユーザーに最も利用されているか、あるいは最も利用されていないかを把握する方法については、フィーチャーデータの閲覧を参照してください。

何を理解したいかに基づいて、仮説を立てます。以下の質問について検討してください。

    • 既存のフィーチャーの中で、エンドユーザーのクリック数が多いものはどれか?
    • 新しくリリースしたフィーチャーはエンドユーザーに使われているか?その場合、定着率の増加は前週比でどれくらいか?
    • その目標の閾値を満たしているか?たとえば、フィーチャーXは、長きにわたる開発時間の集大成である。この作業を正当化するためには、リリース後1か月以内に、このフィーチャーがY回のクリック数、またはZ%の訪問者やアカウントの操作を獲得する必要がある。
    • エンドユーザーが使用していないフィーチャーはどれか?
      • アプリケーションで同じタスクを達成する他の方法はあるか?
      • このフィーチャーを非推奨とする機会はあるか?

CreateGuide.png

ステップ2:具体的な目標を設定する

定着化を促進するために強調表示したいアプリケーションのフィーチャーを特定したら、ビジネスにおける成功とはどのようなものか、具体的な目標を設定します。

ユーザーはPendo内で目標を設定して、フィーチャーの定着率の促進に向けた進捗状況を視覚的に追跡できます。詳細については、目標の記事を参照してください。

継続的な目標を設定することで、日単位、週単位、または月単位で測定し、任意の期間で柔軟に目標の達成状況が確認できます。期限付き目標を使用すると、特定の期間におけるフィーチャーの定着化の進捗状況を測定できます。

目標はフィーチャーごとに設定でき、フィーチャーの詳細ページから確認できます。また、ダッシュボードウィジェットを使用して進捗状況を確認することもできます。

Goals_Matthew.png

goals2_Matthew.png

ステップ 3:フィーチャーを強調表示する

強調表示したいフィーチャーと定着化の目標が決まったら、ツールチップガイドを作成して訪問者の注意を引くか(オプション1)、リソースセンターでお知らせを作成(オプション2)できます。

オプション 1:ツールチップガイドを展開してフィーチャーを強調表示する

以下の手順では、既定のレイアウトの1つを使用して、Webベースのアプリケーション用のツールヒントガイドを作成します。必要に応じて他のレイアウトも使用できます。

1. Pendoにログインし、左側のナビゲーションから[ガイド(Guide)]に移動します。

2. 右上の[+ガイドの作成(+ Create Guide)]を選択します。

3. ドロップダウンメニューからアプリケーションを選択します。

4. [デフォルトレイアウト(Default Layouts)]から、[ツールチップ:最初から作成する(Tooltip: Start From Scratch)]というレイアウトを選択します。

CreateGuide_SelectTooltipLayout.png

5. ツールチップガイドに名前を付けます。ガイド名には、対象のフィーチャーの名前を含めると便利です。

注:一時的な名前を作成して、後で変更できます。社内のPendoガイド管理者に、既存の命名規則があるかどうかを確認してください。

6. [コンテンツ(Content)]セクションの上部にある[自分のアプリで管理する(Manage in my app)]を選択します。

Guide_ManageInMyApp.png

7. ページのURLを入力し、[デザイナーを起動(Launch Designer)]を選択します。これにより、ビジュアルデザインスタジオ(Visual Design Studio)でターゲットモードが開きます。

ビジュアルデザインスタジオは、アプリ内ガイドを作成するデザイナーの名前です。ターゲットモードを使用すると、ガイドをページ内の特定の要素に固定できます。詳細については、ガイドのアクティベーションオプション– ビジュアルデザインスタジオを参照してください。

Guide_ManageInApp_URL.png

8. 注意を引きたいフィーチャーをターゲットにします。

要素を選択すると、[コンテナの編集(Edit Container)]が表示され、[位置(Location)] タブが開きます。利用可能なオプションの詳細については、ビジュアルデザインスタジオについてを参照してください。

9. ツールチップにコンテンツを追加します。詳細については、コンテンツブロックの使用を参照してください。

ExampleTooltip.png

10. 進捗状況を保存し、Pendoで新しく作成したツールチップガイドに戻ります。

11. [セグメント]セクションで[編集]を選択して、対象とするオーディエンスを定義します。セグメントを選択したら、[保存(Save)]を選択します。

既存のフィーチャーの場合、そのフィーチャーを使ったことがないユーザーに対してのみ、ツールチップのガイドを表示することができます。また、初回訪問時からの経過日数:30日以内の人をターゲットにして、新規訪問者を対象とするセグメントを作成することもできます。

Screenshot_2022-11-17_at_19.08.35.png

12. ツールチップガイドをプレビューし、準備ができたら、ページの右上にあるドロップダウンメニューを使用してツールチップガイドを[公開(Public)]に設定します。

オプション 2:リソースセンターでフィーチャーを知らせる

リソースセンターは、統合されたモジュールを介してアプリ内サポート、Feedback、およびお知らせへのアクセスを提供するための、アプリケーション内の一元化された場所です。詳細については、リソースセンターの概要を参照してください。

リソースセンターにお知らせモジュールを作成すると、アプリ内のお知らせを訪問者に配信することができます。アプリ内ガイドと同様に、お知らせにセグメントを適用することで、コミュニケーションの対象を適切に絞り込むことができます。詳しくは、お知らせモジュールの概要を参照してください。

ステップ 4:成功を測定する

フィーチャーの定着化の進捗状況を測定するためのレポートを作成します。

データエクスプローラーを使用してキャンペーンの効果を監視し、フィーチャーの定着化を促進します。データエクスプローラーはPendoのデータ視覚化ツールで、左側のナビゲーションで[動作]>[データエクスプローラー]に移動すると見つかります。

エクスプローラーでは、経時的なフィーチャーのクリック数に基づいてフィーチャー定着化レポートを作成し、ツールチップガイドまたはリソースセンターのお知らせを実装してから、フィーチャーの定着化が促進されたかどうかを視覚化できます。詳しくは、データエクスプローラーの記事をご覧ください。Bar_Graph_Matthew.png

ダッシュボードのウィジェットを作成することもできます。

1. 左側のナビゲーションから[ダッシュボード(Dashboards)]タブを開きます。

2. リストからダッシュボードを見つけて選択します。

3. 右上にある[+ ウィジェットを追加(+ Add Widget)]を選択します。

4. 適切なウィジェットを選択し、必要な情報でウィジェットをカスタマイズします。

ページとフィーチャーの使用時間の推移ウィジェットを使用して、アプリケーション内の他のページやフィーチャーとともに、フィーチャーのデータを視覚化します。フィーチャーの定着化ウィジェットを使用すると、ユーザーがアプリケーションのどの部分に最も価値を感じているかがわかります。フィーチャーの定着化ウィジェットの詳細については、フィーチャー定着化分析ウィジェットの記事を参照してください。

Feature_Widget_Matthew.png