サブスクリプション設定

最終更新日:

サブスクリプション設定は、サブスクリプションを管理し、ウェブおよびモバイルアプリの動作を制御するために使用されます。Pendo管理者ユーザーのみがサブスクリプション設定を閲覧できます。詳細については、役割と権限を参照してください。

サブスクリプション設定を行うには、Pendoの左側のメニューの下部から[設定(Settings)]>[サブスクリプション設定(Subscription Settings)]に移動します。デフォルトで[設定(Settings)]タブが開きます。このタブには、以下のセクションが含まれます。

  • OAuthアプリPendoが作成したトークンを使用して、Pendoの認証情報で他のアプリケーションにサインインします。その際、別途アプリのユーザー名やパスワードは必要ありません。
  • サポートアクセスサポートが必要な場合に、Pendoサポートがお客様のサブスクリプションに一定期間アクセスするために使用します。アクセス期間は最大90日間です。
  • 拡張機能の設定(Extension settings)Pendo Launcherを使用した ブラウザ拡張機能の実装に関連します。
  • 情報(Information)ここには、表示名、タイムゾーン、MAUなど、サブスクリプションレベルの詳細、オプション、設定が用意されています。
  • セキュリティとプライバシー(Security and privacy)ここには、サインインの方法、セッションの長さ、リテンション期間など、セキュリティとプライバシーに関するサブスクリプションレベルの設定が用意されています。
  • AI機能(AI features)PendoのAIを活用した機能を使用するかどうか、またいつ使用するかを選択できます。

サブスクリプション設定の[アプリケーション(Applications)]タブで、アプリ一覧からアプリケーションを開くと、アプリケーション設定にアクセスできます。詳しくは、アプリケーション設定をご覧ください。

OAuthアプリ

Bevy設定を使用すると、Pendo管理者はOAuthをオンにして、サブスクリプション内のPendoユーザーがPendoのログイン情報を使ってPendoコミュニティイベントにサインインできるよう設定できます。デフォルトでは、アクセスはブロックされています。

OAuth Apps.png

サポートアクセス

Pendoサポートエージェントがサブスクリプションにアクセスするための権限要求を自動承認できます。これにより、問題調査前に非同期で行っていたお客様とエージェント間のアクセス権付与に関するやりとりがなくなり、時間を節約できます。

サポートアクセスは、デフォルトではオフになっています。Pendoサポートのアクセスを有効にすると、サポートエージェントを識別する新しいユーザーの役割がサブスクリプションに作成され、サブスクリプションの問題を調査できるようになります。

指定した日付になると、この設定は自動的にオフになります。アクセスできる期間は最長で90日間です。管理者ユーザーは、いつでも期間をリセットしたり、アクセスをオフにすることができます。

SubSettings_SupportAccess.png

拡張機能の設定

Pendo Launcherを使用してPendoのブラウザ拡張機能を実装している場合、サブスクリプション設定のこのセクションには、APIキーおよびブラウザスクリプトを使用して訪問者メタデータを識別するための設定が表示されます。

SubSettings_ExtensionSettings.png

インストール手順

サブスクリプション設定のこのセクションには、Pendo Launcher(ブラウザ拡張機能)の実装に必要なAPIキーがあり、関連資料へのリンクも掲載されています。

APIキーは、サブスクリプションをPendo Launcher拡張機能に接続するために使用される一意のサブスクリプション識別子です。以下のような形式です。

{
  "APIKey": {
      "Value": "c022bb1e-676d-4c58-731c-caf13fe12a89"
  }
}

このキーを使用してサブスクリプションに拡張機能をリンクする方法については、Pendo Launcherを導入するためのITガイドを参照してください。

詳細設定

この設定は、Pendo Launcherブラウザ拡張機能の訪問者IDを設定する代替手段です。これにより、チームが作成、設定、管理するログインページに訪問者をリダイレクトします。また、この設定を使用するには、適用するすべてのアプリのJavaScriptコードを変更する機能が必要です。Salesforceの使用例については、Salesforceコンポーネントを使用して訪問者を特定するを参照してください。

[ブラウザスクリプトを使用して訪問者メタデータを設定する(Set visitor metadata through browser scripting)]を選択すると、以下のような情報とオプションが表示されます。

  • コードスニペット(Code snippet):ブラウザスクリプトでユーザーを識別するために必要なJavaScriptコードです。
  • 識別アプリのURL(Identification App URL)ブラウザスクリプトの設定先となるアプリケーションのURLを定義します。
  • プライバシー意識向上バナーを表示する(Show Privacy Awareness Banner)[見出し(Headline)][本文(Body Text)][ロゴのURL(Logo URL)][背景色(Background Color)][詳細情報のテキスト(Learn More Text)][詳細情報のURL(Learn More URL)]など、プライバシーに関するメッセージを訪問者に伝えるためのオプションがさらに表示されます。

SubSettings_ExtensionSettings_BrowserScripting.png

SubSettings_ExtensionSettings_AdvancedSettings_BrowserScripting_PrivacyAwarenessBanner.png

情報

表示名

Pendo全体でサブスクリプションに表示される名前。サブスクリプションの管理者は、いつでもこれを変更できます。

タイムゾーン

サブスクリプションが設定されているタイムゾーン。

タイムゾーンを変更すると、すべてのイベントが再処理され、選択したタイムゾーンが反映されます。このためPendoでは、夕方や週末などの適切なダウンタイムを選択してこの設定を変更することを推奨しています。処理が完了するまで、すべてのイベントにアクセスすることはできません。

匿名訪問者のデータの表示

訪問者IDを持たない訪問者の使用状況データを収集します。

アプリケーションの一部で訪問者にサインインを要求しない場合は、この設定を使用して匿名IDを生成できます。これらの匿名の訪問者は、月間アクティブユーザー(MAU)の一部としてカウントされます。

詳細については、匿名の訪問者を参照してください。

クリックイベントプロパティ

フィーチャーのクリックイベントが発生した際にUI内の要素やイベントのデータを取得できるようにします。詳細については、クリックイベントのプロパティを参照してください。

Salesforceプッシュの最大行数

各バッチで、SalesforceインテグレーションがPendoからプッシュする行数。サブスクリプションの一部としてSalesforceが必要であるため、この設定はデフォルトでは「未設定」です。詳細については、SalesforceとPendoのインテグレーションを参照してください。

NPSのメール機能

配布期間中にNPS調査をガイドとして閲覧しなかったすべての訪問者に、NPS調査のメールバージョンを送信する機能です。この機能をオンにしても、メールバックアップを含むNPS調査が自動的に作成されることはありません。しかし、この設定をオンにすることで、メールのバックアップを含むNPS調査を作成できるようになります。

この設定はデフォルトではオンになっています。この設定を変更するには、Pendoサポートまでお問い合わせください。

月間アクティブユーザー

ご契約のMAUプランの訪問者数。アプリケーションごとに個別に計算することも、サブスクリプション全体として計算することもできます。

アプリケーションの一意のユーザー

このプランは、複数のアプリケーション間で冗長なMAUを排除することなく、サブスクリプションの各訪問者をカウントします。つまり、ユーザーが1つのサブスクリプションで2つの異なるアプリケーションを使用した場合、2回カウントされます。

サブスクリプションの一意のユーザー

このプランは、1つのサブスクリプションで複数のアプリケーションをもつ訪問者を1回としてカウントし、アプリケーション間で重複するMAUを排除します。つまり、ユーザーが1つのサブスクリプションで2つの異なるアプリケーションを使用した場合、1回としてカウントされます。

セキュリティとプライバシー

サインイン方法

社内Pendoユーザーが現在使用しているサインインの方法。Pendoの契約の一部として定義されています。

  • ユーザー名とパスワード:デフォルトのサインイン方法です。
  • Google G-Suite:PendoユーザーのメールがGoogleメールアカウントの場合、ユーザーはGoogle SSOを使用してPendoにサインインできます。
  • SAML SSO:ユーザーはOktaなどのSAMLプロバイダーを使用してサインインできます。詳細については、SAMLシングルサインオン(SSO)の概要を参照してください。

保持期間

Pendoが収集日からイベントの生データを保持する期間。期間終了後、イベントの生データは削除されます。デフォルトは84か月間(7年)で、これは最大保持期間です。

詳細については、サブスクリプションデータの保持を参照してください。保持期間を変更するには、Pendoサポートまでお問い合わせください。

最大セッション時間

Pendoユーザーがサブスクリプションから自動的にサインアウトし、再認証を求められるまでの時間。デフォルトは168時間(7日間)です。

ウェブアプリケーションでのテキストキャプチャ

これにより、Pendoは自動キャプチャされたクリックイベントの一部としてinnerHTMLテキストを収集できます。この設定はウェブにのみ適用されます。この設定を変更するには、Pendoサポートまでお問い合わせください。

IPアドレスとジオロケーションの収集

PendoサーバーによるIPアドレスとジオロケーションの記録を許可します。このデータは、Pendo UIの除外リストにのみ表示されます。

この設定を変更するには、Pendoサポートまでお問い合わせください。詳細については、データ収集の防止戦略IPアドレスとジオロケーションを無効にするセクションを参照してください。

Tray.ioによる組み込みインテグレーション

Pendoがサードパーティインテグレーションのサービスとしてのプラットフォーム(iPaaS)を活用して、Pendoと他のシステムとのインテグレーションを強化できるようにします。これはデフォルトでオンになっており、HubSpotなどの一部のインテグレーションに対応しています。

不明瞭なステージングサーバー名

Pendoエージェントに読み込まれたすべてのステージングサーバーのホスト名を人間が判読できないようにレンダリングします。これはウェブアプリケーションにのみ適用されます。

デフォルトでは、ステージングサーバー名は、Pendoの実行時にアプリケーションに取り込まれるエージェントコードで確認できます。この設定により、このようなサーバー名が隠されます。

この設定はデータの収集や配布には影響しません。

内部分析を目的としたPendoによるサブスクリプションデータの使用を許可

サブスクリプションによって収集されたデータを、Pendoが社内アナリティクスに含めることを許可します。弊社はこのデータを、弊社が提供するサービスの提供および改善のために使用します。このデータは、個人の身元を明らかにしない、集約され匿名化された形式でのみ使用されます。

詳細については、ソフトウェアサービス契約を参照してください。この設定を変更するには、Pendoサポートまでお問い合わせください。

役割と権限のバージョン

Pendoの社内ユーザーに設定できる役割と権限のバージョン。Pendoのほとんどのお客様はバージョン2を使用しています。詳細については、役割と権限を参照してください。

AI機能

このセクションの設定では、PendoのAIを活用した機能や使用されているAIテクノロジー、およびAIテクノロジーを提供しているサードパーティサービスプロバイダー(ある場合)に関する情報を制御できます。詳細については、Pendo Trust CenterのPendoのセキュリティを参照してください。

Pendoがユーザーに代わって以下の設定を制御することはできません。 以下の設定をオンまたはオフにできるのは、組織内の管理者ユーザーのみです。 以下の場合、AI機能は自動的にオフになり、あなたやPendoではオンにすることができなくなります。

  • BAAに署名している(Open AI機能のみ対象)。
  • EUベースのサブスクリプションを持っている(すべてのAI機能対象)。
  • app.jpn.pendo.ioからPendoにアクセスする(すべてのAI機能対象)。

NPSインサイトでのテーマの自動生成

Pendo AIアシスタントを使用してNPSテーマを自動生成し、テーマに回答を割り当てます。600件以上の英語のテキスト回答を得たアクティブなNPS調査が少なくとも1件ある場合、テーマは自動的に生成され、割り当てられます。詳細については、NPSのテーマとインサイトを管理するを参照してください。

NPSの概要とテーマ名の拡張

Open AIを使用して、アンケートの概要を自動生成し、登録者にメールで送信します。テーマのサマリーは、アクティブなNPS調査が少なくとも1件ある場合に生成されます。登録すると、登録者にメールでアンケートの概要が送信されます。

Google Generative AIを使用すると、新しく生成されたテーマのタイトルを自動的に拡張できるようになります。

詳細については、NPSのテーマとインサイトを管理するを参照してください。

ガイドのライティングアシスタント

Google Generative AIを使用してガイドの校正と編集を行います。ライティングアシスタントはスペルと文法の間違いをチェックし、文体のオプションを提供し、語彙を強化します。詳細については、ビルディングブロックを使用してガイドコンテンツを追加するを参照してください。

AIによるガイド作成

Google Generative AIを使用して、Adopt Studioでガイドの生成と構築を行います。この機能により、生成AIモデルがPendoユーザーのコンテンツを処理できるようになります。

リッスンのフィードバックサマリー

Pendo AIアシスタントに以下を許可します。

  • 顧客フィードバックから明らかになった重要なテーマのサマリーを自動作成します。サマリーはいつでも編集できます。詳細については、フィードバックインサイトを表示するを参照してください。
  • フィードバック項目としてリッスンに送信されるガイドの回答のタイトルを作成すること。この機能とその使用手順の詳細については、顧客フィードバックの収集を参照してください。

リッスンの全AI機能の概要については、Pendoリッスンの概要を参照してください。

リッスンでのアイデア提案

AIアシスタントが、リッスンのフィードバック項目にリンクする可能性のある既存のアイデアを提案できるようにします。リンクの提案は、承認または拒否することができます。詳細については、フィードバック項目をアイデアにリンクするを参照してください。リッスンの全AI機能の概要については、Pendoリッスンの概要を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
5人中3人がこの記事が役に立ったと言っています