フィーチャーでのクリックイベントのプロパティについて

概要

クリックイベントのプロパティとは、UI内の要素またはフィーチャーのクリックイベントから収集されるデータです。これにより、管理者は、追加のパラメータを収集するために、コーディングやトラックイベントを必要とすることなく、アプリにタグを付けてUIから背景情報を取得することができます。クリックイベントのプロパティでは、ターゲットオブジェクトとその値がキャプチャされます。プロパティは、CSSを使用してUI要素をキャプチャするか、Javascriptを使用してオブジェクトとそのプロパティをキャプチャすることでタグ付けできますタグ付けされたフィーチャーごとに最大5つのクリックイベントのプロパティが追加可能です

クリックイベントのプロパティは、Pendo全体で使用されています。これらは、プロダクトのインサイトおよびイベントプロパティの設定のフィーチャーの詳細に表示されます。セグメント は、クリックイベントのプロパティとその値をプロダクトと行動に関するインサイトで使用することができます。データエクスプローラレポートは、値が200未満のプロパティでグループ化できます。クリックイベントのプロパティでは、ガイドは起動できません。

クリックイベントのプロパティデータは、ワークフロー中にページ上の変数やユーザーの選択内容が変化した場合に、ユーザーがクリックした背景を理解するために使用できます。テキストフィールドやドロップダウンメニューの値は、フォームが送信されたときに収集できます。検索バーでクエリ用語を収集し、最もよく使用される検索用語を特定することもできます。カートに入れられた商品の名前やSKUを収集することも可能です。

取得できるデータは複雑で、機密性もあるため、クリックイベントのプロパティが遡って収集されることはありません。クリックイベントのプロパティは、エージェントでテキスト収集が無効になっている場合でも、ユーザーが入力したテキストも含めてUIからテキストを収集するために使用できます。この情報は、ユーザーの行動を詳細に理解する上で貴重なものですが、個人を特定できる情報(PII)がUIに含まれている場合、セキュリティ上の問題が生じる可能性があります。サブスクリプションのクリックイベントのプロパティとタグのクリックイベントのプロパティは、Pendoの管理者ユーザーのみが有効にできます。クリックイベントのプロパティのデータ収集は、そのプロパティがタグ付けされるまで開始されません。

警告: クリックイベントのプロパティは、エージェントでテキスト収集が無効になっていても、UIからテキストを収集するために使用することができます。UIテキストの保存にPIIまたはセキュリティ上の懸念がある場合は、この機能を慎重に使用する必要があります。Pendoは、サブスクリプションの管理者ユーザーがクリックイベントのプロパティをタグ付けするまで、クリックイベントのプロパティデータを収集しません。

 

要件

  • Pendoの管理者ユーザーがクリックイベントのプロパティを有効にし、クリックイベントのプロパティにタグ付けする
  • エージェントのバージョンが2.45.0以上(バージョンアップの方法はこちら

すべてのPendoユーザーは、クリックイベントのプロパティを使用して、セグメントを作成したり、プロパティのタグ付け後にデータエクスプローラレポートを実行したりすることができます。

 

クリックイベントのプロパティの有効化と無効化

「サブスクリプション設定(Subscription Settings)」の「一般(General)」タブにある [イベントのプロパティの有効化(Event Properties activation)] をクリックします。この設定は、サブスクリプション内のすべてのアプリのクリックイベントのプロパティを制御します。

SettingSubSettings.png

 

クリックイベントのプロパティの隣にある [有効にする(Enable)] をクリックします。

EnableClickEvent.png

 

開示内容を読み、クリックイベントのプロパティを有効にするかどうかを決定します。

mceclip1.png

 

Pendoはこの機能を使って機密情報や個人情報を取得することができるため、この機能を有効にする意思があることを明確にしてください。テキストボックスに「理解しました(I understand)」と入力し[イベントのプロパティを有効にする(Enable Event Properties)] をクリックします。

クリックイベントのプロパティが有効になると、管理ユーザーは、Visual Designed Studioでフィーチャーにタグを付ける際に、クリックイベントのプロパティにタグを付けることができます

 

クリックイベントのプロパティを無効にする

クリックイベントのプロパティは、「サブスクリプション設定(Subscription Settings)」の「一般(General)」タブから無効にすることができます。この変更は、サブスクリプションのすべてのアプリに影響します。これにより、クリックイベントのプロパティのデータ収集がすべて停止し、Pendo UIからクリックイベントのプロパティの機能が削除されます。ただし、以前に収集されたデータは引き続き表示されます。クリックイベントのプロパティを元に戻すと、データ収集が再開され、以前にタグ付けされたクリックイベントのプロパティへのアクセスが可能になります。無効になったクリックイベントのプロパティに対する遡及的な分析はできません。

 

[無効にする(Disable)] をクリックして「クリックイベントのプロパティ(Click Event Properties)」をオフにします。

CEPDisableButton.png

 

警告メッセージで [無効にする(Disable)] をクリックして、変更を確定させます。

CEPDisable.png

: クリックイベントのプロパティデータを永久に削除したい場合は、Pendoの担当者に連絡してください。

 

クリックイベントのプロパティをタグ付けする

Visual Design Studioでフィーチャーにタグを付けたり編集したりするときに、クリックイベントのプロパティをタグ付けします。フィーチャー1つに対し、最大で5つのイベントプロパティをタグ付けすることができます。

 

1. フィーチャーページで、[アプリ内のフィーチャーの管理(Manage Features In-App)] をクリックして、Visual Design Studioを開きます。

ManageFeaturesInApp.png

 

2. フィーチャーにまだタグを付けていない場合は、タグを付けます

TagFeature.png

 

3. フィーチャーがすでにタグ付けされている場合は、リスト内でフィーチャーを見つけて [編集FeatureEdit.png] をクリックします。なお、処理中のフィーチャーは編集できません。

EditFeature.png

 

4. [イベントのプロパティ(Event Properties)]をクリックします。[フィーチャーの編集(Edit Feature)] モーダルの下部にある [イベントのプロパティ(Event Properties)] をクリックします。

EventPropertiesMenu.png

 

5. [+ イベントのプロパティ(+ Event Property )] をクリックして、クリックイベントのプロパティを追加します。

_EventProperty.png

 

6. 収集したいプロパティに名前を付けますこれは必須フィールドで、すべてのアプリで一意である必要があります。また名前には、小文字、数字、アンダースコアのみを使用してください。それ以外の文字を入力すると、エラーメッセージが表示されます。名前は、「__eventproperty__」のように、2つのアンダースコアで開始および終了することはできません。この形式の場合、エラーメッセージが表示されます。

CEPNameError.png

  • 「Language Selector」のように複数の単語を使用しているフィーチャーは、「language_selector」と入力してください。フィールドに「Language Selector」と入力すると、エラーメッセージが表示されます。
  • 異なるアプリで「country」のように同じプロパティ名を使用している場合があるかもしれません。そうした複数のアプリのデータをレポートしたい場合は、「app1_country」のように、そのアプリに対応した固有の名前を付けるようにします。

CEPName.png

 

7. 収集したいソースと値にタグを付けます。CSSターゲティングを使用すると、「値(Values)」フィールドのプロパティのリストを絞り込むことができます。Javascriptを使用して、プロパティを指定することもできます。値には、タグ付けされたフィーチャーまたはターゲットのCSS要素で使用可能なプロパティのリストが表示されます。

CEPSource.png

 

  • Pendoは、ほとんどの方にCSSの使用を推奨しています。 このオプションを使用すると、ターゲットモードを使用して、入力フィールドなどの適切なプロパティを簡単に選択できるからです。カスタムCSSのタグ付けに関する詳細は、 高度なフィーチャーのタグ付けを参照してください。
  • 実際のフィールドに何かを入力または入力すると、適切な値を選択するのが簡単になります。値オプションには、そのオプションを選択した場合に収集される内容のプレビューが自動的に表示されます。
  • 「値(Value)」や「内部テキスト(Innertext)」などの最も一般的に使用される値オプションは、リストの上部に表示されます。収集したいものに一致するプレビューを提供するオプションを選択します。
  • 値フィールドは、選択されたプロパティに対する修飾子をサポートしています。例えば、innerTextは要素に含まれるテキストを返し、innerText.lengthを追加するとテキストの文字数が返されます。

CEPInnertextlength.png

ヒント:テキストコレクションの一般的な値フィールドは、「innerText」または「textContent」です。

 

9.プレビューには、プロパティで収集された値の例が表示されます(その時点でVisual Design Studioに表示されている場合)。

タグ付けされたクリックイベントのプロパティの例

CEPTaggedEventProperty.png

 

10. [適用(Apply)] をクリックして、新しいイベントのプロパティを保存します。

CEP6.png

 

11. [+イベントプロパティ(+ Event Property)] をもう一度クリックして、フィーチャーごとに最大5つのイベントプロパティを追加します。

CPEAddMre.png

 

12. フィーチャーへの変更を保存して、すべてのイベントのプロパティを追加し、クリックイベントのプロパティのデータの収集を開始します。新しいフィーチャーにタグを付けるときは、フィーチャーの変更を保存する前に、すべてのイベントのプロパティを追加してください。新しいフィーチャーのタグは、保存されると同時に処理が開始され、処理が完了するまでは再編集することができません。

CEPSaveChanges.png

 

タグ付けされたクリックイベントのプロパティを編集または削除する

イベントのプロパティは、タグ付けされたフィーチャーの「イベントのプロパティ(Event Properties)」メニューから編集または削除することができます。

[FeatureEdit.png編集] ボタンをクリックすると、イベントのプロパティの詳細が開き、編集が可能になります。

CEPEdit.png

 

[CEPTrashIcon.png削除] ボタンをクリックすると、イベントのプロパティを完全に削除できます。

CEPDeleteButton.png

 

誤って削除ボタンをクリックした場合は、[元に戻す(Restore)]クリックして元に戻します。

CEPdelete.png

 

[変更を保存(Save Changes)] をクリックして、イベントプロパティの変更または削除にて、フィーチャーを更新します。

  • 削除されたイベントプロパティは、アナリティクスでは利用できなくなり、イベントのプロパティの上限である5個にもカウントされなくなります。すでに5つのプロパティの制限に達していた場合は、フィーチャーを再度開いて新しいイベントプロパティにタグ付けすることができます。

 

タグ付けされたイベントのプロパティタイプを変更する

クリックイベントのプロパティは、文字列、数値、ブール値、時刻/日付の4つのデータ形式で収集できます。デフォルトでは文字列として収集されますが、重要なのはクリックイベントのプロパティを適切に分類することです。適切に分類されていないデータを使用すると、正確なセグメントやレポートを作成できません。

ベストプラクティスは、タグ付けの直後に新しくタグ付けされたプロパティを分類することです。これは、イベントプロパティの設定(Event Properties Settings)で変更できます

EventPropertiesSettings.png

 

「イベントプロパティの設定(Event Properties Settings)」にて、任意のクリックイベントやトラックイベントのプロパティを再分類しますイベントのプロパティをクリックすると、そこに関連付けられているフィーチャーやトラックイベント

CEPEventPropertiesDetails.png

 

警告最初に正しいカテゴリを選択するようにしてください。カテゴリを変更すると、それまでに収集したプロパティデータが上書きされます。プロパティに初めてタグを付けた直後に分類することをお勧めします。

 

データエクスプローラで、イベントプロパティでグループ化する

フィーチャーのクリックイベントのプロパティにタグを付けたら、データエクスプローラでデータを分析します。

データソースで、[フィーチャーのクリック数(Feature Clicks)] または [トラックイベント(Track Events)] を選択します。

Data_Source.png

グループ化(Group By)で、[イベントのプロパティ(Event Property)] を選択します

GroupBy.png

「トラックイベント」と「クリックイベント」のプロパティは、文字列形式を使用しています。これにより、イベントのプロパティを、最も使用されている/送信されているものから最も少ないものまで、バケット単位にて、ハイレベルのビューでまとめて見ることができます。

:データエクスプローラの「グループ化(Group By)」イベントプロパティは、現在、文字列とブール値として分類されたプロパティに制限されています。

 

イベントプロパティを使用してセグメントを作成する

セグメントは、フィルタバーやセグメントページから作成できます。クリックイベントまたはトラックイベントのプロパティを使用するには、プロパティが関連付けられているアイテムを選択する必要があります。

クリックイベントのプロパティを使用してセグメントを作成する

1. クリックされたフィーチャーを選択して、問合せしようとしているクリックイベントのプロパティを起動します。

2.セグメントに対してフィーチャーがクリックされた回数を指定します

  • 通常これは、フィーチャーを使用したすべての訪問者をセグメント化するため、フィーチャーのクリック数を1以上で指定します。

3. フィーチャーがクリックされた日付範囲を指定します

上記の手順を完了すると、[イベントプロパティの使用(Use Event Property)] ボタンが表示されます。

4. [イベントのプロパティ(Event Property)] を選択します。

5. イベントのプロパティの値の範囲と値を選択します

イベントプロパティのデータを有効なステートメントで問合せするには、入力するプロパティ値を特定する必要があります。

mceclip5.png

トラックイベントのプロパティを使用してセグメントを作成する

1. 問合せしようとしているプロパティ用にトラックイベントを選択します

2. セグメントに対してトラックイベントが実行された回数を指定します

  • 通常これは、トラックイベントを使用したすべての訪問者をセグメント化するため、トラックイベントの数を1以上で指定します。

3. トラックイベントが実行された日付範囲を指定します

上記の手順を完了すると、[イベントプロパティの使用(Use Event Property)] ボタンが表示されます。

4. [イベントのプロパティ(Event Property)] を選択します。

5. イベントのプロパティの値の範囲と値を選択します

イベントプロパティのデータを有効なステートメントで問合せするには、入力するプロパティ値を特定する必要があります。

mceclip4.png

 

よくある質問

クリックイベントのプロパティとトラックイベントのプロパティの違いは何ですか?

トラックイベントとは、Webアプリケーション(サーバー側またはクライアント側)では直接発生しないアクションのことです。トラックイベントのプロパティは、開発者が設定します。クリックイベントのプロパティはタグ付けされたフィーチャーに関連付けられているため、Visual Design Studioを使用してタグ付けできます。Pendoのトラックイベントに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

ガイドターゲティングに使用しているセグメントで、イベントのプロパティを使用できますか?

現時点では使用できません。ガイドターゲティングの対象外セグメントをすべて見る ›

 

クリックイベントのプロパティは遡及的に分析できますか?

いいえ。トラックイベントのプロパティと同様、デザイナーがタグ付けを行うまで、クリックイベントのプロパティはキャプチャされません。これにより、機密データや個人データを除外して目的のプロパティを収集することができます。