ページのタグ付けを行うURLについて

概要

Pendoは、標準的なウェブURLの構文ルールに従っています。URLはさまざまな部分で構成されていますが、ここでは主に3つの部分をご紹介します。

URLの例:https://www.example.com/path/to/myfile.html

  1. URLのhttps部分はプロトコルになります
  2. URLのwww.example.comの部分は、ドメイン名またはホスト名になります
  3. URLの/path/to/myfile.html部分は、ウェブサーバー上のリソースへのパスになります

 

注:Webの標準では、ほとんどの場合、URLのパスは大文字と小文字を区別することとされています。そのため、ベストプラクティスとして、タグ付けされたページのケース構文を取り込むことをお勧めします。

 

サポートされているURL

サポートされている標準URL構文の例を次に示します。

  1. 標準URL:https://www.pendo.io/features/platform/index.html

  2. ワイルドカード:https://www.pendo.io/features/**はワイルドカードを示します)

  3. 複数のワイルドカード:https://www.pendo.io/features/platform/index.html/*/*

  4. 後を無視(2つのワイルドカードの後のすべてを無視):https://www.pendo.io/features/platform/index.html/users/**

  5. Containsを含む: https://www.pendo.io/features/platform/index.html/users/~contains:dashboard

  6. Pendoは、https://domain.com/#page1https://domain.com/#page2の違いも理解します。ただし、どのページルールでも、フラグメント(#)の後にワイルドカード(*)を使用することはできません。さらに、ページルール //* を作成すると、リストされている両方のURLと一致します。URLがこのように構成されていて、https://domain.comのみに対応するページルールが必要な場合は、サポートチームにお問い合わせください。

  7. クエリパラメータの存在:https://pendo.io?mobile

  8. クエリパラメータの値:https://pendo.io?language=english

  9. 複数のクエリパラメータ:https://pendo.io?mobile&language=english

パラメータ化されたURL

Pendoには、ページのURLを「パラメータ化」する機能があります。これは、ワイルドカード * と同様の機能ですが、独自のページ結果としてさまざまなワイルドカードの結果を作成できるという(作成した「ページ」の下にネストされます)、大きな特典があります。これは便利な機能で、無数のURLを対象に、1つのエントリにてページルールを簡単に作成することができます。さらに詳しく説明しましょう。次の3つのページURLがあり、すべてにほぼ同じコンテンツがあるか、またはこれらを一緒に表示したいとします。

https://www.pendo.io/features/foo/

https://www.pendo.io/features/bar/

https://www.pendo.io/features/ipsum/

次のページルールを使用すると、3つすべてをキャプチャできます。

https://www.pendo.io/features/*parameter*/

これらはサブスクリプション内のページルールの下に以下のように表示されます。

pageParameters.png
この方法を使用すると、ページパラメータとして1つのクエリパラメータを保存するだけで済みます。例えば以下のようになります。
https://www.pendo.io?first=*parameter*
 

サポートされていないURL

ページパラメータ:Pendoは、URL内の動的に設定されたページパラメータをスキップします(つまり、;の後ろで、?または#の前のセクション)。

また、ページルール内のNOTの形式も現在はサポートしていません。?の後の~contains:もサポートしていません。

*は、2つのスラッシュの間で文字列の全体を照合する場合にのみワイルドカードとして機能します。例えば、https://www.pendo.io/features//*/*と一致しますが、//*.pendo.io/features//www.pendo.io/f*sとは一致しません。

?の後では、*~contains:も機能しません。これらは文字通りの意味で扱われます。

?の後、クエリパラメータの順序は無視されます。例えば、https://www.pendo.io?first=one&second=twohttps://www.pendo.io?second=two&first=oneは、どちらもページルール//www.pendo.io?first=one&second=twoと一致します。

カスタムマッチ

「アプリ内ページの管理(Manage Pages In-App)」でカスタムマッチを使用すると、URLの下にさまざまなオプションが表示されます。

namePage.png

オプションの説明は次のとおりです。

  • <Ignore>:これは、2つのスラッシュ内/*/のすべてと一致します
  • <Ignore after>: これは、2つのアスタリスク/**の後のURLのすべてと一致します
  • <Parameter>:これは<Ignore>と同じように機能しますが、スラッシュの間の値をキャプチャします
  • search_params=:これは、特定の値に設定されたURLの検索/クエリ部分(つまり、?の後で、#の前のすべて)に関連しています
  • search_params=<anything>:これには、任意の値に設定されたURLの検索/クエリ部分が含まれます

クエリパラメータ

To match https://www.pendo.io/features?language=english&mobile=falseand https://www.pendo.io/features?language=french&mobile=true https://www.pendo.io/features?mobile=true//www.pendo.io/features?language

To match https://www.pendo.io/features?language=english but not https://www.pendo.io/features?language=french//www.pendo.io/features?language=english

サブドメイン

To match https://app.pendo.io/ and https://help.pendo.io/ but not https://www.insert.io///~contains:pendo.io/**