パスの概要

概要

パスを使用すると、特定のページ、フィーチャー、またはトラックイベントを使用する前後のユーザーの行動を確認できます。パスは、ターゲットイベントの前後でユーザーが行ったアクションの順序であり、パス上にステップとして表示されます各ステップは、選択したステップの前後でセグメント内のユーザーが使用した他のページ、フィーチャー、またはトラックイベントを表しています。各ステップでユーザーが実行したアクションはグループ化され、前のステップに対するクリック数のパーセンテージの合計とそのアクションを実行した訪問者数が表されます。アプリ内では、それぞれのアクションの後に、ユーザーの次の行動が発生します。ユーザーの行動が多様になればなるほど、各ステップに含まれるアクションの数が増え、実行されるアクションの合計に占める割合が低くなります。このような行動の分岐を分かりやすくするために、クリックのパーセンテージが最も高いアクションがステップの先頭にくるようにソートして、前後に続く他のステップのアクションと併せて表示します。最もよく行われるユーザーアクションの順序は、ソートされてパスの先頭に表示されます。

パスを使用することで、利用状況データから頻度が高い行動パターンを抽出でき、ユーザーがアプリをどのように利用しているかがわかります。このため、ユーザーがどれだけ自然にUIを操作しているかを調べることができます。セグメントを使用して、アカウントのユーザーが推奨ワークフローに従っているか、または他の行動へと逸脱しているかを測定できます。ページやフィーチャーを非推奨にすることを考えている場合は、そこにアクセスするためにユーザーが現在使っているのすべてのルートをパスで表示できます。対象となるガイドをその領域に配置すれば、ユーザーに変更を知らせることができます。

保存済みレポートにパスを保存します。パスは、保存済みデータエクスプローラレポートおよびファネルと一緒に保存されます。サブスクリプション内のすべてのユーザーとパスを共有します。現在のステップのすべての訪問者IDとパフォーマンスデータを含むCSVをダウンロードします。

PathExample.png

 

パスを作成する

[行動(Behavior)]セクションに移動して、新規に空のパスを開きます。保存済みパスは保存済みレポートにあります。

PathNav.png

 

1. パスの方向と、対象のページ、フィーチャー、またはトラックイベントを選択して、パスクエリを作成します。

PathBlank.png

 

2. 選択したアクションのパスが[開始(Start from)][終了(Leading to)]かを選択します。

PathFromToSelect.png

  • 開始:選択したアクションより後のすべてのアクションを表示。
  • 終了:選択したアクションより前のすべてのアクションを表示。

3. 対象のページ、フィーチャー、またはトラックイベントを選択します。これは、測定する行動の開始からの、または終了までのアクションです。マルチアプリのサブスクリプションがある場合は、対象にするアクションを含むアプリを選択します。

PathTargetSelect.png

 

4. 複数のアプリをサブスクリプションしている場合、パスでアプリ間のユーザーの行動を追跡するときに選択します。こうすることで、対象のアクションで使用するアプリとは異なるアプリにおける、後続の行動が表示されます。

PathAcrossAppsToggle.png

 

5. [日付範囲(Date Range)]を選択します。これを指定すると、パスが日付範囲内で発生したイベントにしぼられます。

PathDateDropdown.png

 

6. [セグメント(Segment)]を選択します。既存のセグメントの検索、セグメントの編集、または新規セグメントの作成を実行します。新規セグメントは、サブスクリプション内のすべてのユーザーに表示されます。既存のセグメントへの変更は、そのセグメントを使用するすべてのレポートまたはガイドに影響します。

PathSegmentDropdown.png

 

7. 詳細オプションを設定します。デフォルト設定では、パスは繰り返しのステップを集約し、パスの最大ステップ数は10ステップになっています。

PathAdvancedOptions.png

  • ページ、フィーチャー、およびトラックイベントの表示(Show Pages, Features, or Track Events):パスには選択したイベントタイプのみが表示され、選択しなかったイベントは無視されます
  • 繰り返しのステップを集約する(collapse repeating steps):連続するクリックを新しいステップとしてカウントするのではなく、繰り返し行うアクションを1つのステップに集約します。これにより、冗長なアクションや誤ったクリックを取り除いて、パスの長さと複雑さを軽減できます
    • ユーザーの行動:ページA > ページBページB > ページC
    • 集約したパス:ページA > ページB > ページC
  • 重複する訪問者パスの削除(Remove Duplicate Visitor Paths):ユーザーがまったく同一のアクションを複数回実行した場合、重複はすべて削除され、1つのみパスに表示されます。

     ユーザーの行動

    • ページA > ページB > ページC
    • ページA > ページB > ページC
    • ページA > ページB> ページD
    • ページA > ページB > ページE

     重複する[ページA > ページB > ページC]が削除された後に、一意のパスが表示されます

    • ページA > ページB > ページC
    • ページA > ページB> ページD
    • ページA > ページB > ページE
  • パスの最大ステップ数(Maximum Path Length):パスに含めるステップ数を制限します。パスが長いほど詳細に表示できますが、必要以上に複雑になりデータセットの容量も大きくなるため、ロードに時間がかかります。

8. [保存して実行(Save & Run)]でパスに名前を付け、表示設定を選択して保存済みレポートに保存します。[レポートの保存(Save Report)]をクリックしてレポートを実行します。

PathSaveRUn.png

PathSaveReport.png

 

9. [実行(Run)]をクリックしてレポートを再実行します。クエリに変更が加えられた場合、ボタンは[保存して実行]に変わり、変更はレポートの再処理時に既存のレポートに保存されます。

PathRun.png

 

パスを表示する

パスのグラフには、対象となるアクションについて、開始で指定した日付から、または終了で指定した日付までの、すべてのアクションが表示されます。これらのアクションはステップでグループ化され、各ステップはさらに、その前後のアクションに対応するアクションのグループに分けられます。次の例は、[新規追加 - アカウント(Add New - Accounts)]ページまでのパスを示しています。ステップ1のすべてのアクションは、ユーザーが[新規追加ーアカウント]ページを表示する直前に実行されました。ステップ2では、別のブランチが追加されます。たとえば、ステップ1の[新規案件の追加(Added New Opportunity)]フィーチャーには、そのフィーチャーがクリックされる直前に実行された、ステップ2の独自のアクショングループがあります。このパターンは、最大ステップ数に達するまで、または[前のステップなし(No Previous Step)]と示されるように、ユーザーのアクションがなくなるまで、すべてのステップで継続します。

ページとフィーチャーに重複するタグ付けルールがある場合、一致するページとフィーチャーはすべて同時に表示されます。この例では、ステップ1の[追加された新規オブジェクト(Added Any New Object)]フィーチャーは[追加された新規案件]および[追加された新規アカウント(Added New Account)]と重複しており、両方とも表示されます。それぞれのフィーチャールールは同じですが、[追加された新規オブジェクト]はすべてのページに設定され、他のルールは個別のページに設定されます。パスを作成する際は、タグ付きページに関連付けられた個別のフィーチャーが優先されます。

PathSample.png

 

パーセンテージ

各ステップ内のそれぞれのアクショングループは、クリック数または閲覧数のパーセンテージを同じグループの他のアクションと比較してソートされます。ステップ1では、すべてのアクションが[新規追加- アカウント]を表示する前のアクションであったため、グループは1つのみです。ステップ1では、パーセンテージの合計は100%です。ステップ2は、ステップ1のアクションの前に実行されたアクションを表示しています。ステップ2では、ステップ1の[新規機会の追加]の前に実行されたアクションは4つあります。各アクションは、[新規機会の追加]をクリックする前にクリックしたパーセンテージでソートされます。このグループのすべてのアクションの合計は100%になります。ステップ1の[新規アカウントの追加]は、別のブランチです。訪問者が[新規アカウントの追加]をクリックする以前には、別のアクショングループが存在します。このグループもクリックのパーセンテージでソートされ、合計で100%になります。[新規お問い合わせの追加(Added New Contact)]もステップ1の別のブランチです。パーセンテージはパス全体で見るのではなく、その前後のアクションに関連しているため、ステップ2におけるパーセンテージの合計は、300%になります。

PathStep2.png

PathStep2Group2.png

PathStep2Group3.png

 

最もよく使われるパス

クリック数が最も多いアクションは、常にパスの先頭にソートされます。このソート方法では、最もよく使われるパスが自動的にグラフの上部に表示されます。

PathMostUsed.png

 

表示を拡大する

PathZoom.gif

アクションをクリックして表示を拡大し、パスにフォーカスします。これで後続のすべてのステップがより詳細に表示され、拡張ビューでは表示されない追加のステップと統計情報が表示されます。

追加のステップをクリックしてさらに表示を拡大したりマージンに隠れているステップをクリックしてそのステップまで表示を縮小したりできます。

PathZoomOut.png

パスの左上にある[表示の縮小(Zoom Out)]ボタンをクリックして、表示を縮小していくとパス全体を表示できます。

 

グラフの下の表には、現在選択しているアクションのデータが表示されます。これは、パスの方向に応じて、右端または左端のパス内で最大のアクションとして示されます。表示されている表は、CSV形式でダウンロードできます。パスの別のアクションをクリックすると、表のデータは変更されます。ページ上部のアクションバーから、パス全体をCSV形式でダウンロードすることもできます。

表には次の項目が表示されます

  • 訪問者ID
  • 前のステップ
  • 前のステップから現在のステップに進むまでにかかった時間
  • イベントの日時

PathTable.png

 

削除、コピー、共有、CSVのダウンロード、変更の保存

PathActionBar.png

ページ上部のアクションバーから、パスを管理するためのフィーチャーにアクセスできます。現在のパスに対して、削除、コピー、表示設定の変更、CSVのダウンロード、または変更の保存を行うことができます。

パスを削除する

PathDelete.png[削除(Delete)]ボタンをクリックし、警告プロンプトでの確認を経て、すべてのユーザーのサブスクリプションからパスを完全に削除します。

パスをコピーする

PathCopy.png[コピー(Copy)]ボタンをクリックして、新しくパスの複製を作成します。複製したパスは現在のパスと同一ですが、名前は「Copy of [パス名]」となります。元のクエリを変更せずに既存のパスを編集したりテストしたりする場合や、特にパスがすべてのユーザーに表示されている場合に便利です。

共有

PathShare.png[共有(Share)]ボタンをクリックして、表示先を[自分のみ(Only Me)]と[全員(Everyone)]に切り替えます。すべてのユーザーと共有するパスは、Pendoサブスクリプションのすべてのユーザーに表示されます。

CSVをダウンロードする

PathDownloadCSV.png[CSVをダウンロード(Download CSV)]ボタンをクリックして、パスのすべてのデータをCSVでダウンロードします。これは表に表示されるデータと同じですが、選択したアクションだけでなく、パスのすべてのアクションのデータがダウンロードされます。CSVに含められる行の上限は1万行です。

変更を保存する

PathSaveChanges.png[変更を保存(Save Changes)]ボタンをクリックして、現在のクエリをレポートに保存します。このボタンは、レポートに未保存の変更がある場合にのみ表示されます。レポートを再度実行するには、レポートを保存する必要があります。変更を行うと、[実行(Run)]ボタンが[保存して実行]ボタンに変わります。

 

保存済みパス

保存したパスは、[保存済みレポート(Saved reports)]セクションに追加されます。その際、保存済みのファネルおよびデータエクスプローラレポートも一緒に保存されます。

SavedReportsNav.png

[保存済みレポート]をクリックして、すべての保存済みレポートのリストを開きます。このページには、データエクスプローラ、ファネルおよびパスからのすべての保存済みレポートが、特定のレポートタイプおよび表示を選択するためのフィルタオプションとともに表示されます。

SavedReports.png

目的のレポートが見つからない場合は、このページから直接新しいレポートを作成するための[レポートを作成(Create Report)]ボタンがあります。

 

よくある質問

ユーザーは各ステップにどれくらいの時間をかけることができますか?

ユーザーのパスは、非アクティブ状態が60分間続くとタイムアウトします。非アクティブの定義は、対象の訪問者IDでイベントの生データが収集されないことです。ユーザーが再びアクティブになると、新しいイベントによって新しいパスが開始します。
たとえば、[新規アカウントの追加]ボタンから始まるパスを作成すると、続く[新規アカウントの追加]フォームに対するページとフィーチャーの使用が表示されることが予想されます。ユーザーがボタンをクリックしてパスを入力し、別のアプリケーションで作業して、その後会議に出席し昼食を済ませた後にフォームに戻って完了させた場合、その新しいアクティビティは先ほどのパスの継続として追跡されることはありません。グラフでは、そのユーザーは離脱していたとみなされます。[新規アカウントの追加]ボタンを再度クリックすると、パスが再起動され、使用状況が通常どおりに追跡されます。

この処理方法は、大量のユーザーデータを分析する場合に発生する、正常な例外処理です。ほとんどのパスには大量のデータが含まれていることを考慮すると、そのような処理を行っても影響はほとんどない、または統計的に重要である可能性は低いと思われます。通常、この行動に気が付くのは、サンプルサイズが非常に小さいパスを表示している場合に限られます。

パスに表示されるクリック数と閲覧数が、タグ付けされたフィーチャーやページの数と一致しないのはなぜですか?

パスには、重複を削除し、定義したパスに含まれないイベントを除外する追加のロジックがあります。パスはユーザーの行動の順序を視覚化するためのもので、使用量の総合計を表示するためのものではありません。フィルタまたは条件ロジックを除く、フィーチャー、ページ、またはトラックイベントの合計使用量が、それぞれの詳細ページに表示されます。

  • [詳細オプション(Advanced Options)]で繰り返しステップを集約し、重複する訪問者パスを削除すれば、表示合計からイベントを除外することもできます
  • 連続したアクションは重複とされ、1つのイベントのみがパスに表示されます
  • 訪問者がワークフローを再開すると前のワークフローが終了するため、パスは、ワークフロー中の、同じフィーチャー上の繰り返しクリック、同一ページの表示、または同一トラックイベントのトリガーを、パスの終了または新しいパスの開始のどちらででも認識します

どのようにパスに表示されるかは、アプリケーションの設計とフィーチャーのタグ付けの仕方によって変わります。

 

現在のパスに表示される数字が、過去に実行した旧バージョンのパスと一致しません。

パスの作成に使用するデータに影響を与える設定が多数あります。クエリと[詳細オプション]のパラメータは、パスの値とデータの表示方法に大きく影響します。日付範囲と[詳細オプション]に特に注意して、すべての設定が完全に同じであることを確認します。

旧バージョンまたは現在のバージョンのパスに「当日」からのデータが含まれている場合、ユーザーがアプリを使用していると、Pendoは新しい使用状況データを取得して処理しているため、データは動的に変化すると考えてください。

パスは、訪問者とアカウントのすべてのデータを参照するセグメントでフィルタリングした、すべてのフィーチャー、ページ、トラックイベントの使用状況データをもとに生成されます。タグ、メタデータ、または識別されたユーザーを変更すると、それに関連する使用状況も変更されることがあります。パスは連続的な使用行動のパターンを参照しているため、基礎となるデータを変更すると、パスには大きな影響があります。

フィーチャータグを変更すると、異なる日付、時間、訪問者が関連付けられているイベントの生データが特定されます。訪問者またはアカウントのメタデータを変更すると、アクションを実行したユーザーの異なるセグメントを特定することがあります。Pendoの遡及分析を使えば、インストール以降のすべての利用状況データを照会できますが、タグ付けされたフィーチャー、ページ、トラックイベントが追加、削除、変更されると、パスのような重要かつ動的なレポートの結果に影響を与えることがあります。

パスの結果は実行時点としては正確です。どのレポートについても、生成に使用したデータを使えば同じ結果が得られます。レポート用のクリーンで一貫性のあるデータを確保するために、アプリケーションを変更する場合は、Pendoタグの監視および保守を行ってください。