ファネル

最終更新日:

ファネルは、アプリ内で定義された一連のステップを移動する訪問者の数を測定することができる行動レポートツールです。ファネルによって、お客様がどのステップで「離脱」したかを明確にできます。

その後、パスレポートを使って、離脱ポイントからの訪問者のアクセス先を知ることで、訪問者のプロダクト使用状況をよりよく理解できます。アプリ内で訪問者がたどるパスを理解したら、ガイドを活用して、理想的なルートの各ステップで訪問者をリダイレクトし、ファネルの完了率を高めることができます。

ファネルを理解する

ファネルは、特定のタスクの完了など、アプリ全体の既知の一連のステップを追跡し、そのフローのどの部分で訪問者が離脱しているかを理解しやすくする機能です。たとえば、訪問者にホームページからスタートして、フィーチャーAを選択し、次にフィーチャーBを選択してほしい場合、ファネルを見れば訪問者がこのルートをたどったかどうかが分かります。

ファネルの分析オプション

Pendoでファネルを分析する方法は2つあります。一意の訪問者(Unique Visitors)総試行(Total Attempts)の2つです。

どちらの分析方法を選択すべきかは、以下の表にある主な違いを参考にしてください。

  一意の訪問者 総試行
推奨されるユースケース ユーザーがタスクの完了方法を知っているかを確認する タスクに詳しいユーザーのタスク完了回数を確認する
解決できる疑問点

特定のタスクを完了したユーザー数は?

特定のタスクを完了したユーザーのコンバージョン率は?

繰り返しのタスクをユーザーが完了するまでに要する時間は?

特定のタスクの完了率は?

タイムアウト期間 [日付範囲(Date Range)]の指定に従って測定(最大90日) [分析基準(Analyze by)]セクションの[ファネルタイムアウト(Funnel timeout)]フィールドで測定(デフォルトは60分)
複数のファネルエントリ ステップが完了すると一度だけカウントされます。ファネルには、定義された順序内で各イベントを訪問者が最初に生成した時間が表示されます。 訪問者がファネルに複数回入った場合、各訪問は個別の試行としてカウントされます。訪問者がエントリイベントに再び入ると、その訪問者はファネルの先頭にリセットされます。


どちらのファネル分析タイプを使用すべきかわからない場合は、両方とも実行して結果を比較してみるとよいでしょう。一意の訪問者では、訪問者がファネルを完了したかどうかとコンバージョン率がわかります。総試行では、訪問者がファネルに入った回数と完了率がわかります。

ファネル完了の測定方法

ファネルでは、定義されたステップ間の中間イベントは無視されます。たとえば、ファネルのステップの流れをA→B→C→Dと定義したとします。

  • 訪問者のステップがA→B→E→C→F→Dであった場合、指定したタイムアウト期間内にフローが完了した場合に限り、このファネルは完了としてカウントされます。
  • 訪問者がA→B→C→Eと進みDを実行しなかった場合、3番目のステップを終えた時点で、これは未完了の試行として、カウント対象外になります。
  • 訪問者がA→B→Dと進みCを実行しなかった場合、2番目のステップを終えた時点で、これは未完了の試行として、カウント対象外になります。

同じファネルでも、選択した分析タイプに応じて結果が異なる場合があります。その点についても検討しておきましょう。

  • 1日目に、訪問者がステップAとBを実行します。
  • 3日目に、その訪問者がステップCを実行します。
  • 5日目に、その訪問者がステップCとDを実行します。

上記のシナリオを日付範囲を7日間として「一意の訪問者」で分析すると、この訪問者はそのファネルを完了するまでに5日かかったと示されます。

同じシナリオを、同様の日付範囲、タイムアウト期間1,440分(1日に相当)で「総試行」で分析すると、定義されたタイムアウト期間内に3つ目のステップに到達しなかったため、この訪問者は2つ目のステップでファネルから離脱したと示されます。

ファネルの結果のフィルタリングとグループ化

イベントプロパティを使用してファネルステップをフィルタリングしたり、グループ化を使用して共通の値でファネル分析をグループ化したりできます。これにより、さまざまなユーザーグループやデバイス間でファネルを比較するなど、より詳細なファネルを表示できます。

ファネルは、各ステップのイベントプロパティ履歴メタデータによるフィルタリングをサポートしているため、訪問者がイベントを生成したときに取得された特定のプロパティによって使用状況データを絞り込むことができます。自動的に取得されたデバイスデータ、履歴として有効になっているメタデータ、および特定のクリックイベントトラックイベント用に構成されたカスタムイベントプロパティでフィルタリングします。

メタデータを使用してファネルにグループ化を適用することもできます。このグループ化により、ファネルデータを特定のメタデータ値ごとに分類できます。これは、さまざまなユーザーグループ間のコンバージョン率を分析し、各グループのファネル完了率を特定するのに役立ちます。

ヒント:主要なファネル内の特定のユーザーグループでコンバージョン率が低い場合は、そのグループのコンバージョンを改善するためにPendoガイドを使用することを検討してください。

ファネルの作成

  1. 左側のメニューから[行動(Behavior)]メニューを開き、[レポートを作成(Create report)]>[ファネル(Funnel)]を選択します。

    Behavior_CreateReport_Funnel.png

    もしくは、[行動]>[ファネル]でサブスクリプション内のすべての既存のファネルを表示してから、右上の[ファネルを作成(Create funnel)]を選択することもできます。
  2. 関連するドロップダウンメニューから、適切なイベントタイプ、アプリ、およびイベントを選択します。ファネルの起点となる部分です。ファネルの2つ目のイベントに対してこの手順を繰り返し、追加のステップ(合計20ステップまで)のために[ファネルステップを追加(Add funnel step)]を選択します。

    Funnel_SelectEvent.png

    ファネルステップの順序を調整する必要がある場合は、正しい位置にドラッグアンドドロップできます。
  3. イベントプロパティまたはイベントの履歴メタデータでフィルタリングする場合は、ファネルステップの右にあるフィルターアイコンを選択します。
    • イベントの下に表示されるドロップダウンメニューからイベントプロパティを選択し、適切な演算子を選択します。デフォルトでは[等しい(equals to)](=)が選択されています。
    • ドロップダウンメニューから1つ以上のプロパティ値を選択します。このフィルターに選択された追加の値は、「または(OR)」ルールと見なされます。
    • 別のイベントプロパティフィルターを追加するには、[フィルターを追加(Add Filter)]を選択し、新しいフィルターごとにこれらの手順を繰り返します。イベントに追加された新しいフィルターはすべて「および(AND)」ルールと見なされます。
    • そのイベントプロパティでフィルタリングするイベントごとに、手順3を繰り返します。
    • イベントプロパティフィルターを削除する必要がある場合は、フィルターの右側にある[X]アイコンを選択します。

      Funnel_EventPropertyFilter.png

  4. 必要に応じて、ドロップダウンメニューから特定の[日付範囲(Date Range)][セグメント(Segment)]を選択します。デフォルトでは、これらの値は[過去30日間(Last 30 days)][全員(Everyone)]です。カスタム日付範囲の上限は90日です。
  5. 異なるメタデータグループごとにファネルを表示したい場合は、[グループ化(Group by)]セクションを使用します。ドロップダウンメニューから[訪問者メタデータ(Visitor Metadata)]または[アカウントメタデータ(Account Metadata)]を選択し、メタデータフィールドを選択します。
  6. データを[一意の訪問者][総試行]のどちらで分析するかを選択します。
  7. [総試行]を選択した場合は、必要に応じてデフォルトのタイムアウト期間の60分を変更します。[一意の訪問者]を選択した場合は、タイムアウト期間に日付範囲が使用されます。
  8. [保存して実行(Save & Run)]を選択して、[レポートを保存(Save Report)]ダイアログを開きます。

    Funnel_SaveAndRun.png

  9. ファネルレポートを簡単に見つけられるように、[レポート名(Report Name)][説明(Description)]を入力します。
  10. Pendoサブスクリプションの他のユーザーがファネルを表示および編集できるようにするには、[可視性(Visibility)][全員(Everyone)]に設定します。
  11. すばやくアクセスできるようにレポートを既存のダッシュボードに追加する場合は、[ダッシュボードに追加(Add to Dashboard)]ドロップダウンメニューからダッシュボード名を選択します。
  12. [レポートを保存]を選択してファネルを作成します。これで、[行動]>[ファネル]または[行動]>[すべてのレポートを表示(View all reports)]からファネルにアクセスできるようになります。

    Funnel_SaveReport.png

ファネルの解釈

ファネルを実行すると、棒グラフの視覚化と表の内訳を読み込むのに数分かかる場合があります。各ファネルコンポーネントについては、以下のセクションで詳しく説明します。

グラフを分析する

ファネルセクションの上部には、次の3つの指標があります。

  • 総コンバージョン率(Total conversion rate)。これは、指定された日付範囲内にすべてのファネルプロセスのステップを完了した訪問者の割合を示しています。また、すべての訪問者の完了した試行(成功した完了)と合計試行回数(合計試行回数で分析した場合は繰り返しの試行を含む)も記録されます。この指標は、ファネルのステップの全体的な効果を測定するのに役立ちます。
  • 平均完了時間(Average completion time)。これは、訪問者がファネル内のすべてのステップを完了するのにかかる平均時間を示しています。一意の訪問者ごとに分析する場合、ファネルを完了しなかった訪問者は除外されます。この指標は、潜在的な外れ値を含むすべての訪問者の時間を考慮して、訪問者がファネルを完了するまでの一般的な時間に関するインサイトを提供します。
  • 完了時間の中央値(Median completion time)。これは、ファネル内のすべてのステップを正常に完了したすべての訪問者の完了時間のデータセットの中間値を反映しています。一意の訪問者ごとに分析する場合、ファネルを完了しなかった訪問者は除外されます。この指標は、ファネル内のほとんどの訪問者の一般的な完了時間を示します。

グループ化が適用されている場合でも、これらの指標はファネル内のすべてのグループの総合的なコンバージョン率と平均完了時間を表します。

Funnel_Metrics.png

ファネルは指標の下にある棒グラフで表され、ファネルに追加された各ステップがこのグラフに含まれます。複数のアプリを選択した場合、グラフの上の凡例の色は、イベントを対応するアプリと関連付けるのに役立ちます。

Funnel_Chart.png

各バーの濃い色の領域は、ファネルのそのステップに進んだ訪問者の数を示し、明るい色の領域はそのステップで離脱した訪問者の数を示します。

棒グラフにカーソルを合わせると、特定のステップに関する詳細情報が表示されます。

  • 訪問者が次のステップに進むまで、または前のステップから移動するまでにかかった時間の平均と中央値。
  • ファネルを開始、継続、完了、または離脱した訪問者の総数と割合。総試行ファネルの場合、ここに全訪問者の全試行が含まれます。

セッションリプレイにアクセスできる場合は、[リプレイサンプルを見る(Watch replay samples)]オプションもあります。詳細については、リプレイを見るを参照してください。

Funnel_StepHoverTooltip.png

ヒント:キーボードの<Tabキー>キーを使用してホバー状態を有効化し、矢印キーでステップ間を移動することもできます。

以下は、先ほどと同じチャート例にグループ化を適用したものです。グループは、ファネルを完了した訪問者の数に基づいて降順に並べられます。

Funnel_ChartGroups.png

ページに収まりきらない数のグループがある場合は、グラフの右上にある[次へ(Next)]を選択するか、トラックパッドを使用するか、またはキーボードの<Tab>キーと矢印キーを押して、グラフをスクロールできます。キーボードを使用している場合は、<Enter>キーを押してグループを選択した後、矢印キーと再度<Enter>キーを押して特定のステップを選択できます。グループの選択をリセットするには、[すべてのグループ(All Groups)]が強調表示されてから<Shift + Tab>キーを押し、次に<Enter>キーを押します。

グラフでグループを選択すると、そのグループ内でファネルを完了した訪問者の割合、訪問者がファネルを完了するまでにかかった平均時間と中央値、およびファネルを開始して完了した訪問者の総数と割合が表示されます。総試行ファネルの場合、ここに全訪問者の全試行が含まれます。

Funnel_GroupChartHover.png

ファネルチャートでグループを選択した後、特定のファネルステップを選択して、そのステップに固有の指標(ファネルをグループ化していないときに表示されるのと同じツールチップ情報)を表示できます。

ヒント:X軸のイベント名の前にあるアイコンを見ると、ステップに関連付けられているイベントの種類を簡単に理解することができます。折りたたまれた紙はページを、マウスポインタはフィーチャーを、稲妻はトラックイベントを示しています。

内訳を見る

[ファネルの内訳(Funnel Breakdown)]セクションには、グラフに表示されるデータを要約した表が表示されています。メインの表ビューは3つあり、これらは選択した内容に応じて異なります。

デフォルトで表示される最初のビューは、 [ファネルの内訳サマリー(Funnel Breakdown Summary)]です。このビューには、ユーザーの総コンバージョン率、一意の訪問者の総数または全訪問者の試行総数(選択した分析オプションによって異なる)、完了した訪問者の総数または試行の総数、平均完了時間、全訪問者の完了時間の中央値が表示されます。グループ化が適用されると、表には各グループの概要が表示されます。

Funnel_BreakdownSummary.png

2番目のビューは[ステップ別ファネルの内訳(Funnel Breakdown by Step)]です。このビューは、表のタイトルにある[サマリー(Summary)]ドロップダウンより、[ステップ(Step)]を選択すると表示されます。グループ化すると、表内のすべてのステップがグループ化されるので、各グループのコンバージョン率を確認できます。

このビューでは、内容が1ステップ1行で表示され、一意の訪問者の総数または全訪問者の試行総数(選択した分析オプションによって異なる)、各ステップのコンバージョン率、前のステップからそのステップまでにかかった全訪問者の平均時間が表示されます。適用されたイベントプロパティフィルターは、[フィルター(Filters)]テーブルの列に表示されます。

グループ化が適用されている場合は、グラフからグループを選択し、特定のグループの内訳を表示できます。適用されたイベントフィルターは、イベント名の横の括弧内に表示されます。

Funnel_BreakdownByStep.png

3番目のビューは [ステップの内訳(Step Breakdown)]で、棒グラフでステップを選択することで表示されます。選択すると、グラフ内のステップが暗い色で強調表示され、イベント名が表のタイトルに表示され、適用されたフィルターが括弧内に表示されます。

  • ステップの濃い色の部分を選択すると、表に[続行した訪問者(Visitors who continued)]のデータが表示され、特定のステップに進んだ訪問者、各訪問者がそのファネルステップに到達した日時、次のステップに到達するために要した時間がリスト化されます。訪問者がファネルのそのステップに進まなかった場合、[次のステップまでの時間(Time to Next Step)]の値は「--」と表示されます。
  • ステップの明るい色の部分を選択すると、表に[離脱した訪問者(Visitors who dropped)]のデータが表示され、そのファネルステップで離脱した訪問者がリスト化されます。

[続行した訪問者]または[離脱した訪問者]ビューを変更するには、棒グラフの別の部分を選択するか、表ヘッダーのドロップダウンメニューを使用します。表ヘッダーの番号は、この選択に対応しています。 たとえば次の画像では、1,042はファネルの3番目のステップに進んだ訪問者の総数を示しています。セッションリプレイにアクセスできる場合は、訪問者の[リプレイサンプルを見る]オプションもあります。詳細については、リプレイを見るを参照してください。

Funnel_StepBreakdown.png

この表には各訪問者に関連付けられたアカウントIDが表示されます。離脱した訪問者の場合、アカウントIDの値はファネルの最後のステップに対応します。

[ステップの内訳]ビューを終了して[ファネルの内訳サマリー]に戻るには、[ビューをリセット(Reset view)] を選択するか、[すべてのグループ(All Groups)]を選択します(グループ化が適用されている場合)。もしくは、棒グラフで選択したステップの選択を解除します。

注:テーブルビューは、1ステップあたり10,000行に制限されています。ただし、次のステップに進んだ訪問者は前のステップの制限にはカウントされないため、10,000人を超える訪問者が表示される場合があります。ファネル内のすべてのイベントの訪問者データを表示する必要がある場合は、セグメントをより小さな訪問者コホートに調整することを検討してください。また、ステップをより具体的なルートに沿うように更新し、主要なナビゲーションボタンを避けることも検討できます。

内訳ビューをCSVファイルとしてエクスポートする場合は、表セクションの右上にある[CSVをダウンロード(Download CSV)]アイコンを選択します。このエクスポートには、そのときに表に表示されているデータが入ります。

Funnel_Breakdown_DownloadCSV.png

完了したかどうかに関係なく、ファネルに入ったすべての訪問者のリストをエクスポートする場合は、ページの右上にある[CSVをダウンロード]アイコンを使用します。このエクスポートには、訪問者ID、各訪問者が完了したステップ数、および関連する各イベントのタイムスタンプが入ります。

Funnel_DownloadCSV.png

ファネルの共有

ファネルを保存する際の可視性に[全員]を選択していれば、サブスクリプション内のすべてのPendoユーザーが[行動]>[保存済みレポート(Saved Reports)]または[行動]>[すべてのレポートを表示(View all reports)]からレポートにアクセスできます。

可視性を更新する必要がある場合は、[行動]>[保存済みレポート]からレポートを選択し、レポートの上部にある[共有]アイコンを使って[可視性][全員]に設定されているか確認し、ウェブブラウザのアドレスバーにあるURLを共有するか、[保存済みレポート]ページで表示できることを知らせます。

Funnel_Share.png

直接共有する代わりに、[ファネル]ウィジェットを使用してレポートをダッシュボードに追加し、そのユーザーとダッシュボードを共有することもできます。これは、ダッシュボードに新しいダッシュボードウィジェットを追加するか、既存のファネルレポートの上部にある[ダッシュボードに追加]を選択するか、新しいファネルレポートを保存するときに実行できます。

Funnel_AddToDashboard.png

この記事は役に立ちましたか?
9人中6人がこの記事が役に立ったと言っています