レポートでユーザーの行動を理解する

最終更新日:

Pendoのアナリティクスは、ウェブおよびモバイルアプリケーションにおけるユーザー行動に関する包括的なインサイトを提供する、より広範なPendoプラットフォームに不可欠な要素です。レポートツールを通じて、Pendoのアナリティクスは情報に基づいた意思決定を促進し、ユーザー体験を向上させ、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。

サブスクリプションにPendoアナリティクスが含まれている場合は、左側のメニューの [行動(Behavior)]モジュールですべてのユーザー行動レポートにアクセスできます。これらのレポートは、ユーザーの潜在的な摩擦領域を特定し、積極的なユーザーインタラクションの把握を支援するよう特別に設計されているため、重要な問題に対処し、アプリ内の全体的なユーザー体験を最適化できます。

レポートタイプ

ユーザー行動レポートにはそれぞれ異なる目的があり、以下の表は各レポートの使用タイミングを示しています。特定のタイプのレポートの作成の詳細については、レポートタイプ列のリンク先を参照してください。

レポートタイプ 説明 使用に適しているケース
データエクスプローラ 比較、詳細、計算を視覚化するためのカスタムレポートツールです。

アプリケーションで最も使用されているフィーチャーや使用頻度の最も低いフィーチャーなど、イベントセットを分析して使用状況を理解したい場合。

イベントのサブセットについて、時間枠またはセグメント別に使用状況(地域ごとのフィーチャーの使用状況など、イベントに関連する行動に違いがあるかなど)を比較したい場合。

ファネル 指定された一連のステップにおけるコンバージョン率を表示します。

コンバージョン率と、訪問者がフローのどこで離脱しているかを把握したい場合。

訪問者が各ステップに費やしている時間、またフロー全体を完了するのにかかる平均時間を把握したい場合。

コンバージョン率の違いや、訪問者がプロセスを完了するのにかかる時間を把握するために、(メタデータを使用して)異なる訪問者グループを比較したい場合。

パス 特定のイベントの前後にユーザーが実行するアクションを表示します。

開始イベントから、または終了イベントに至るまでの最も一般的な移動パスを特定したい場合。

フロー内に終了イベントがあり、アプリケーション内でその時点に到達する前に訪問者が何をしたかを把握したい場合。

具体的なフローは決まっておらず、訪問者がアプリケーションまたはアプリケーションの特定のエリアをどのようにナビゲートしているかを把握したい場合。

リテンション アプリやフィーチャーに戻ってきたユーザーの割合を表示します。

定義した期間のリテンションを把握したい場合。

全体的なユーザーロイヤルティとエンゲージメントに関するインサイトが必要な場合。

ワークフロー プロセスの完了率を表示し、最適なユーザージャーニーを特定します。

開始イベントと終了イベントが定義されており、訪問者がその間のステップをどのようにナビゲートしているかを把握したい場合。

アプリに、訪問者が異なる方法でナビゲートする開始イベントと終了イベントがあり、最も一般的なジャーニー、または最速のジャーニーを把握したい場合。

特定の日付範囲における日次、週次、または月次の完了率と試行率を確認したい場合。

アプリケーションを使用した訪問者が、プロセスを開始していないことを把握したい場合。

開始イベントと終了イベントがあり、訪問者がアプリの独自のインスタンスで開始から終了までのプロセスをカスタマイズできる場合。

ワークフローとファネル

ファネルとワークフローは、どちらを使用すべきか迷うことがよくあります。 両者の違いは以下のとおりです。

  • ファネルは、ステップが定義されたプロセスに適しています。 ステップ間の時間と離脱地点を把握する必要がある場合は、ファネルを使用します。
  • ワークフローは、任意のステップや可変ステップ、非直線的なユーザージャーニー、または訪問者によって定義されたステップのあるプロセスに適しています。ワークフローを活用して、訪問者がどのようにプロセスをナビゲートしているかを理解し、最も一般的な、または最速のジャーニーを見つけましょう。

その割合と指標も、次の点で異なります。

  • ワークフローでは、アプリケーションでアクティビティを生成したすべての訪問者が考慮されますが、ファネルでは、ファネルの最初のステップを開始した訪問者のみに焦点を当てます。
  • 完了時間は、単発のワークフローと一意の訪問者のファネルで異なります。 ワークフローでの完了時間は、訪問者が最後にフローを完了しようとした時点によって決まります。 ファネルでの完了時間は、訪問者が最初にファネルに入ろうとした時点から測定されます。
    ワークフローが訪問者がフローを完了するための直近の試行を確認するのに対し、ファネルは、ファネルに入る最初の試行から始まる全期間を調べます。
  • 反復的なワークフローのデータは、総試行数を測定するファネルにより近いですが、ワークフローには2つのイベントしか定義できないため、2ステップのファネルを見ない限り、正確な比較はできません。 2ステップのファネルがある場合は、代わりにワークフローを使用して使用量を測定することを検討してください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています