モバイルの新機能

最終更新日:

これらのリリースノートには、モバイルの変更点のうち、発生したときに影響を受ける変更点のリストが記載されているので、関連ドキュメントを読む前に、重要な変更点についてすばやく知ることができます。

2024年2月

SDK 3.1.0

SDKバージョン3.1.0がリリースされました。これには、SwiftUIの新しいナビゲーションAPIのサポートと、iOS 17でのSwiftUIのサポートが含まれています。

2024年1月

推奨フィーチャー(クローズドベータ版)

Pendoでは、モバイルアプリ内の要素に対する訪問者エンゲージメントに基づいて、確認、タグ付け、または削除すべき推奨フィーチャーのリストが提供されるようになりました。詳細については、モバイルフィーチャーへのタグ付け推奨フィーチャーセクションを参照してください。

2023年11月

SDK 3.0

SDKバージョン3.0がリリースされました。モバイル関連の改善点は以下のとおりです。

  • SwiftUIフレームワークのコードレス用サポートが一般利用可能に。
  • (匿名から既知まで)フルカスタマージャーニーに対するSDKサポート。
  • ページのタグ付けやページビューのガイドアクティベーションに対するFlutterのコードレス用サポート(デザインパートナー向け)。
  • RNインテグレーションの簡素化と、APIエクスペリエンスの向上。

詳細については、Githubにあるすべての開発者向け資料を参照してください。

2023年7月

デバイス上のガイドのテスト

[プレビュー(Preview)] ボタンが [テスト(Test)]ボタンに変わり、モバイル用ガイドをより迅速かつスムーズにテストできるようになりました。詳細については、デバイスでガイドをテストするを参照してください。

モバイルトラックイベントガイドのアクティベーション

トラックイベントの特定のプロパティを使用することで、セッションの途中でガイドを有効化できるようになりました。詳細については、ガイドのアクティベーション方法を参照してください。

Xamarinによる.NET 7のサポート開始

Xamarinで.NET 7がサポートされるようになりました。詳細については、サポートされているモバイルフレームワークとOSバージョンを参照してください。

screenContentChanged() 公開APIメソッド

Pendoクラスの公開API - SDKバージョン2.22以降用の新しい公開APIメソッドとして、 screenContentChanged()が追加されました。詳細については、 React Native開発者向けAPI資料(iOS & Android)を参照してください。

2023年5月

自動フィーチャータグ付け

Pendoを使って、ページ上のすべてのフィーチャーにタグ付けできるようになりました。詳細については、モバイルフィーチャーのタグ付けを参照してください。

自動フレームワーク検出

開発者がアプリを統合した後、Pendoが、アプリのモバイルフレームワークを識別できるようになりました。この機能により、モバイルアプリをサブスクリプションに追加する際の混乱がなくなり、開発者に正しいインストール手順を提供できます。技術者でないユーザーがアプリを選択するだけで、開発者がGithubから関連するインストール手順を選択できるようになりました。統合が完了すると、Pendoによりインストールフレームワークが自動的で設定されます。詳細については、モバイルアプリを追加するを参照してください。

2023年3月

折りたたまれている内容

ページのスクロールしないと見えない部分にあるフィーチャーに、タグ付けできるようになりました。これは、ページの複数のキャプチャを使用し、それぞれのフィーチャーにタグ付けすることで実行できます。アナリティクスは継続的に収集されるため、必要に応じて追加のキャプチャやフィーチャーにタグ付けし続けることができます。詳細については、「below the fold」フィーチャーのタグ付けを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています